ブライダルインナーを選ぶ前に情報を整理するための4ポイント


ブライダルは準備がたくさん!

ブライダルインナー選び結婚が決まり、結婚式場が決まったら大忙しなスケジュールの始まりです。

ドレスは何色着ようか、ウェディングドレスはどれが一番素敵か、ブーケの種類は、ティアラやグローブは、ブライダルインナーは・・・。

自分のことだけでもたくさん決めなくては行けないことがあるのに、それに加えて式場のテーブルの配置、卓上のレイアウト、招待客への手紙にお返しなどなど考えなくちゃいけないことってたくさんあるんです。

趣味に費やす時間も、デートやショッピングに費やす時間もなかなかありません。
頭の中は結婚式までのスケジュール、大量の準備でいっぱいいっぱい・・・なのに彼は全く手伝ってくれない、しかもお金にだけは口を出す。

些細なことで口論なんてこともあるんじゃないでしょうか?

どこから取り掛かればいいのか分からないから、イライラしてしまいます。

ひとつひとつ問題を片づけていきましょう。

まずは自分のことですね。
最初に取り掛かるのは、ブライダルインナー。

ドレスを選ぶより前にブライダルインナーを選ぶのが正解です。

ブライダルインナーがあれば、自分にしっかり合ったドレスをブライダルインナーを着用して決めることができますからね。
しかし、ブライダルインナーの中でも考えることはたくさんあります。

どの種類を購入すればいいのか、既製品とオーダーメイドどちらにするのか、どこのブランドで購入するのかなどです。
ドレスショップで借りて着てみたブライダルインナーは今考えるとちょっときつかったし、金額も結構するし、でもドレスの下に着るものだから金額もそんなにかけたくないし・・・。

その気持ちも十分わかります。

しかし花嫁様の1番の気持ちは「ドレス姿は完璧に仕上げて招待した友人たちを驚かせたい!」ですよね。

それならまずここで紹介する4つのポイントを抑えておきましょう。

花嫁様の悩みが一つでも減ることを願って「ドレス姿が最高のシルエットになるブライダルインナー」の選び方をご紹介します。

ポイント1.安いだけは意味がない

全く無知の状態でブライダルインナーを選ぼうとすると、まずは「価格」から選ぶという方が多いです。

ブライダルインナーっていくらくらいかなとネットで「ブライダルインナー 価格」とか「値段」とか金額、相場を検索でチェックします。
そうするとブライダルインナーのランキングサイトや口コミサイトが出てきて、プランごとや諸品ごとに金額や人気がチェックできます。

ここで問題なのは、ネットの情報はほとんどが自作自演のサイトということです。

特に個人を装ったブログやランキングサイトには注意が必要です。
たくさんのところを見比べてみる必要があります。

そして、ネット情報を引き続き見ていくと、とてもリーズナブルで魅力的な値段のブライダルインナーがでてきます。
もしかしたらドレスショップですすめられたブライダルインナーの1/10くらいのお値段かもしれません。

単純に価格だけを考えて選ぶなら安いに越したことはありません。
ただ、ネットでの購入は「ブライダルインナーの相場って・・・ネット編」でも書いたようにトラブルがかなり有ります。

特に多いのが返品交換トラブルですね。

サイズが合わない、思ったよりペラペラといったことから、交換は1回できるけど返品はできない、といったことまでショップによって対応もまちまちです。

しかも、「返品交換できません」と言った情報をだすのは不利と考えている少しずるいショップは、文字の記載が小さくて分かりづらいなんてこともします。

ブライダルインナー購入前気づいてもらいたい3つの確認事項」でも書きましたがサイズのあるものだけにネット通販でサイズのあるものや、質感の合うものを探し出すというのは至難の業です。

ポイント2.口コミに騙されない

次にブライダルインナーの種類の選び方です。本題に入る前にもう少しネットの注意点にお付き合いください。

ネットでも「ブライダルインナー 種類」とか「口コミ」とか「評判」とか入れると出てきますが、上で描いた通りこちらも自作自演サイトが多くて、何が本当に良いのかわからなくなる可能性があります。

ランキングや口コミの自作自演サイトは、色々なメーカーの下着をすすめてトップ1~3位などに自分の会社の商品を持ってきます。
総合ランキングトップ3が全部同じブランドの商品だったり、口コミでNo1と謡っていても「何の口コミでNo1になったか」を書いていないサイトは自作自演の可能性大です。

「実際に色々なショップに行って選びました」というような個人のサイトも注意しましょう。
忙しい花嫁様が無償でブログにUPすると思いますか?利益が発生していないとしないと思います。

セパレートのブライダルインナーさて、では本題のブライダルインナーの種類に入りたいと思います。

ネットでブライダルインナーを検索していると、ブラジャーとウェストニッパーが分かれているセパレート、一体型のスリーインワン、一体型のようなカップの無いビスチェ、マタニティの4種類くらいが定番で登場します。

あとはサイドアイテムとして、ショーツやガードル、フレアーパンツ、あとはステテコの膨らんだようなドロワーズ、ブルーリボンガーターやストッキング、ハンカチ、ランジェリーバックなど揃えればきりがないものまでたくさんあります。

予算に都合があればぜひ揃えたいほど魅力的ですが、すべてとなるとお値段もかなりUPしそうです。

メインのブライダルインナーの種類ですが、「ピュアネットがスリーインワンを扱わない理由」でも書いたように一体型は合わせるのが難しくドレスシルエットが綺麗にならないのでNGです。
ネットでスリーインワンのブライダルインナーを購入し、自分の体型と合わずにあきらめてピュアネットにお越しになった花嫁様が本当に多いんです。

ピュアネットのセパレートをフィッティングすると、そのほとんどの花嫁様が「同じブライダルインナーと思えない。種類で全然違う」と言います。

ビスチェビスチェは、Fカップ以上で普段使いのブラジャーもインポートものを購入しているようなグラマラスな方や大きいサイズの方にお勧めのブライダルインナーです。

ピュアネットではセパレートだけでなくビスチェもオーダーメイドで作っています。

バストが大きくなると、同じFカップの人が10人いれば10人ともバストの形が違うことから、既製品だと合う合わないが出やすくなってしまいます。

ピュアネットはオーダーメイドなので、ジャストサイズでお作りすることが可能です。

lineup_karen最後はマタニティについてご紹介します。

「何カ月からマタニティ用を使わないといけないの?」と疑問に思っているマタニティの花嫁様はたくさんいますよね。
ブライダルインナー業界はマタニティの研究をしっかりしてきたところが少なく(これはピュアネットも同じ)データもあまりないので、絶対に何カ月からマタニティ用を使わなければいけないということは断言できないのです。

マタニティはどうなるかわからないので、万が一のことを考えて拒否しているところもあります。

ピュアネットも以前はそうでしたが、今現在授かり婚(できちゃった婚)が4組に1組(厚生労働省の資料より)になっていることからマタニティを販売していかなければ花嫁様のニーズにお応えできないという考えでマタニティインナーの大手「ローズマダム」に結婚式にも使えるマタニティインナーの開発を協力していただき、ブライダルとマタニティが融合したコラボのブライダルインナーを開発し販売をスタートしました。

ピュアネットでは、妊娠5か月を過ぎてからの挙式・披露宴予定の花嫁様にはこちらの販売しか行っておりません。

妊娠初期の方にはセパレートの販売も行っていますが、お腹の出方やつわりの具合も人によって様々ですから一概に周期で判断することはできません。
妊娠がわかったら一度ご相談下さいね。

ポイント3.購入時期

最後に購入時期です。マタニティ以外のブライダルインナーは、ドレスを選びに行く前にオリジナルのブライダルインナーを揃えておくのがベストです。(マタニティは体の変化もあるので直前でOK)

そうすれば、自分のドレスシルエットがしっかり分かり、より似合うドレスインナーを選択することができるのです。

しかし、大半の花嫁様はドレスを選んだあとブライダルインナーを購入します。
これは、「結婚式まで絶対痩せよう」と思っているからという理由の方が非常に多いです。

「ダイエット」ですね。

それだけ招待した皆様に、素敵なスタイルの自分を見せたいという願望があるということ。

非常にその気持ちはよくわかります。
既製品ではそれが正解です。既製品は購入してもその後体重が変化して合わなくなると修理や修正をしてくるところがほとんどありません。

ましてネットで購入した価格の安いところでは絶対にやってはくれません。

既製品を購入するなら体型の変化の少ない結婚式の1ヶ月くらい前がベストになります。
ピュアネットのマタニティは既製品ですが、まさにこの考え方です。

特に妊婦さんは体型の変化が妊娠していない人以上なので、体型の変化があっても安全という時期に購入しましょう。

「それじゃあドレス選びの時に用意できないじゃない」そう思われますよね。

しかし、ピュアネットのオーダーメイドブライダルインナーなら、ダイエットの前に購入してもサイズ調整ができるのです。

ピュアネットのブライダルインナーは、購入時に後ろのフックは縦3列の真ん中にかけられるようにできています。
ダイエットして痩せた方はフックの一番内側を、不安や心配を抱えたせいで太ってしまった方はフックの一番外側をかけていただければ問題なく着用できます。

購入当時の体重から±5キロの変化では、そのままのブライダルインナーを着用していただくことが可能です。
もし5キロ以上変化しても、結婚式の2週間くらい前にご相談いただければ対応できる体制を敷いているので安心して早めからご購入いただけます。

以上をまとめると、オーダーメイドはドレス選びの前から購入するのがベストで、既製品は最終のドレス合わせがある直前に購入すると良いということです。

ただ、既製品はその当日購入ができますが、オーダーメイドは2週間から3週間の製作期間があるということを覚えておいてください。

ポイント4.採寸は必ず必要

最後のステップは採寸です。ほぼ100%の確率で、あなたがいま考えているバストサイズは合っていません。

体型は常に変化しています。
採寸をきちんとやってもらい自分のサイズをこの時期にチェックしましょう。

ネットで購入するにしても自分の購入するサイズ自体が間違っていたら返品交換の繰り返しになります。
いつまでたっても、しっくりくるものには出会えません。

百貨店や近くのインナーショップならきちんと採寸していただけると思いますが、洋服の上からアバウトで測るようなところではダメです。
できればブライダルインナーの専門店で採寸してもらった方がより自分にあったブライダルインナーと巡り合うことができますし、最終目的である「貴女のドレス姿が最高のシルエットになる」と思います。

1回だけより使えるブライダルインナーを

1回しか使わないから安いものが良い、それなりの金額だけどプラスαの要素があるブライダルインナーが良いと考え方は人それぞれだと思います。

たとえばピュアネットのセパレートは、ブラジャーはストラップの取り外しができ、タンクトップ系の洋服を着るときにはかなりスタイルがよく見えますし、ウェストニッパーはボーンが取り外しできるので、苦しくなったら外してみたり、産後の体型補正にも役立ちます。

ボーンを抜いて妊娠中にお腹を温め、腰の負担を抑えることもできるんですよ。
マタニティのブラキャミソールとチャームングサポートは、マタニティインナーのローズマダムの長い研究のもとに作られたブライダルインナーですので、出産直前まで普通に使うことができます。

1度しか使わないから安いの、という考えなら何度も使うものならネットよりも値段がしても納得していただけるのではないでしょうか。

まとめ

・安さだけで選んではダメ
・セパレートがおススメ
・ネットの自作自演には注意
・採寸はマスト
・ピュアネットのブライダルインナーは式後も使い道豊富

どういう目的でブライダルインナーを選ぶのかもう1度考えてみてください。価格、人気、機能性と判断基準はたくさんありますが、最終目的は「ドレス姿が最高のシルエットになる」ことですね。選び方さえ間違えなければ美しい花嫁になれますよ。

参考ページ
セパレートタイプのブライダルインナー
グラマラスな花嫁の為のブライダルインナー
マタニティ用のブライダルインナー

▼ご質問等お気軽にご連絡ください▼

プロのスタッフが回答致します。


関連記事