ウェディングドレスAラインでお胸のボリュームをアップするには


ボンキュッボンになりたい

本日は、ウェディングドレスのAラインのシルエットについてお悩みの方のために、Aラインを美しく見せるためのポイントをご紹介していきたいと思います。

「Aラインが素敵だとは思うけどスタイルがよく見えない」
「Aのラインのドレスでは何かが足りない・・・」
「Aラインを着てもボンキュッボン」になりたいと悩んでいる方は必見です。

Aラインは胸のボリュームが大きなポイント

確かに、デザインにもよりますがAラインは胸にボリュームがないと何か物足りないようなきがすることがあると思います。

しかし反対にある程度胸にボリュームがあって高い位置でバストトップがキープできればとても素敵なシルエットとなるのです。

「でも胸にボリュームがない・・・」
そのような方でも高確率で胸にボリュームをだせて、ドレスシルエットが自然な感じで綺麗に出る方法をご紹介していきます。

無理やりバストを作ったようにも感じませんし、ちょっとしたコツで本当に自然な「ボンキュッボン」ラインができるのですよ。

パッドを入れるだけではダメ!

あなたのバストのサイズがCカップでアンダーが70だとします。

普段使っているカップがCだとしても、ボンキュッボンになるためにはトップにボリュームを出す必要があるので、カップをあげてDにします。

しかしCからDにカップサイズをあげるとカップがパカパカになりますね。
カップに胸を入れますので同じアンダーでも、若干緩くなるはずです。
このあと、既製品のブライダルインナーではパッドを入れるという方法しかありません。
ただ、これだと無理して胸を作った感じが出てしまうのです。
ちょっと違和感があるように見えてしまいます。

しかしオーダーメイドのブライダルインナーならば、自然で大きなバストを演出することが可能なのです。
オーダーメイドについて少しご紹介していきます。

カップカットやアンダーカットを使う

cut01

オーダーメイドのブライダルインナーならば、カップのサイドをカットすることがかのうです。
カップのサイドをカットすると、ワイヤーの幅が小さくなって、カップの中の容積自体が小さくなります。
そのために、胸がカップに入っても容積自体が小さくなり、胸は前にスペースを求めて出てくるのです。
容量の小さなカップにバストをいれることで、胸が「とんがる」というイメージになります。

そして、そこにさらにアンダーを10ミリから20ミリカットすることで、アンダーの緩みを消すことができます。

これにカップの下に厚みのあるパッドを入れるとデコルテラインがふっくらと綺麗に出ます。そうなるとパッドだけを無理やり入れて胸を作る既製品とは違い、違和感のない自然なドレスシルエットが完成するわけです。

Bカップでウェストのくびれが少ない花嫁様には・・・

先日 ハワイ挙式の花嫁様でAラインのウェディングドレスでという方がいらっしゃいました。採寸したところトップ76、アンダー65です。ご希望はトップのボリュームアップとウェストに苦しくない程度にくびれが欲しいとに事でした。「ボリュームを出したい」とのことでしたので、まずC65にカップをあげてテスターを試着。肌質が柔らかめで左右からカップにお肉を集めて入れたところCカップでもあまり浮きがなくややデコルテにふっくら感が出ました。しかしボリューム感は今一つでしたので、あまり普段はやりませんが思いきってDカップでアンダーを落として60を着ていただきました。同じように集めてカップに入れたところやはりカップに浮きが出て、さらにチェスト(腕の付け根の左右の内側の幅)が29センチとあまり幅がないので若干カップのワイヤーがワキの下近くまで入り込んだ状態でした。そこでカップを8ミリカットしてワイヤーの幅を小さくし、パッドを1枚入れてボリュームを出すようにしました。

またウェストニッパーは身長を考えてSSLというSより小さく、さらに丈が長いタイプのものを着ていただき、ウェストのくびれが出やすい位置で着けていただき、くびれが綺麗に出てしかも苦しくないぎりぎりまで調整しました。ヒップも小さいことからウェストニッパーは若干Aカット気味の縦カットでお作りしました。

出来上がりに大満足!

2週間後、出来上がりは、Dカップでしたがカップカットしたことでカップ容量が少なくなりカップ周辺のお肉を集め若干の浮きをパッドを1枚サイドに入れるだけで綺麗なデコルテラインが完成しました。アンダーをきつめにしましたがカップがその分大きくなっており、きつさはなく、逆に安定感が出て、お胸が自然な感じでふっくらしとてもご本人も満足していました。また、Aカット気味の縦カットで作ったウェストニッパーですが、採寸時64だったウェストが60.5センチとなり3.5センチのマイナスでしかも全く苦しくないとの感想をいただきました。胸にボリュームが出て、しっかりくびれができ完成です!ご本人が何より大満足で数週間後ハワイに向かいました。

普段使いで応用も

普段使いの既製品もこの応用をしてみてください。カップカットやアンダーカットはできないと思いますが、C70であればD65に変えて厚みのあるパッドをカップの下に入れるだけである程度自然なボリュウムのある綺麗なラインができるはずです。

せっかくの結婚式、そして夢のAラインを着るわけですから、ある程度胸のボリュームがありそれが自然なラインであれば、きっと当日は参加者から羨望の目で見られると思います。Aラインはこだわればこだわるほど、胸のボリュームをどうするか考えるようになります。是非このやり方で素敵な一日をお過ごしください。

関連記事
ブライダルインナー普段BをDカップで綺麗に見せるアップ術
ブライダルインナー普段CがEカップまでボリュームアップ!
細身で身長が高い花嫁ブライダルインナーボリュームアップ術

まとめ

Aラインで胸のボリュームを出す場合は、普段のサイズよりカップをワンサイズあげてアンダーを下げたものを選びます。できればカップカットをやってアンダーカットで詰めます。さらにカップの下に厚めのパッドを入れることで違和感のない綺麗なデコルテが完成します。

参考までに・・・
今回胸を作るパターンは、これ一通りではありません。肌の硬さ柔らかさ、身長が高い低い、はと胸かそうでないかでもやり方は非常に多くあります。もし、ドレスシルエットのボリュームを自然に作りたいなら一度ご相談下さい。

ネットでお近くの店舗を予約できます
電話でもお気軽に 0120-966-561 ピュアネット総合受付


関連記事

カップのアンダー73何を選ぶ?

普段使いの下着で採寸してもらったらCカップのアンダー73でした。 ブライダルインナーのサイズは果たして同じになると思いますか? もしC70のブライダルインナーを