ウェディングドレスAラインのブライダルインナーの選び方!


ウェディングドレスAラインに合うブライダルインナーって・・・

「やっとドレスを決めた!」と思ったら、ショップの店員に「ブライダルインナーはご自身で探してください」と言われてお困りではありませんか?

ドレスショップにはおいてないので、ネットで探したり、下着屋さんに行ってみたり・・・

でも自分が選んだウェディングドレスに合うブライダルインナーを探すのってとても大変なんです。

選び方を間違えると大変

Aline02
ネットで探し始めると、いろいろな種類のブライダルインナーがあることに気が付くと思います。
セパレート、ビスチェ、スリーインワン、ロングブラ・・・。
デザインも色々、カラーも色々・・・。

どんなものが自分にベストなのかわからない状態ではないでしょうか?

ブライダルインナーもドレスに合わせて多様化してきていることは間違いありません。
ただ、この中でもドレスによっては合わせやすい、合わせにくいブライダルインナーというのがあります。

ブライダルインナーは本来ドレスの仕上がりを美しいものにしてくれますが、ドレスに合わないものを選ぶとドレスの大きくあいた背中から見えてしまったり、ウェストが太く見えたりとドレスの出来栄えを下げてしまうこともあり得るのです。

ウェディングドレスAラインのウエストは?

ウェディングドレスやカラードレスがAラインの場合、ドレスがハイウェストかローウェストかでも選ぶべきブライダルインナーの種類が違います。

ハイウェストの場合は、セパレート、スリーインワン、ビスチェ、ロングブラなどほとんどのブライダルインナーが対応できて、その仕上がりにあまり差はありません。

しかし、ローウェストのAラインやお色直しでプリンセスライン、マーメイドラインなど別のドレスも着るとなると合わせやすいブライダルインナーは限られてきます。

くびれを気にするならセパレートかビスチェ

kubire

ブライダルインナーでドレス姿を美しく見せるポイントは、トップを高い位置でキープすることとウエストのくびれを綺麗に出すことです。

これが最適なのがセパレートタイプのブライダルインナーになります。

bustier01

また、花嫁様の体型でもおススメのブライダルインナーが異なります。

バストの大きい人(特にFカップ以上)の花嫁様にはカップを使わないビスチェ(以前はカップのついた一体型をビスチェと言っていましたが今は一体型はスリーインワンと言っています)にウェストニッパーのセットをつけるとかなり綺麗なメリハリボディが出来上がります。

逆にカップのついた一体型スリーインワンやロングブラはハイウェストのAラインであればカップを合わせるだけで対応可能です。

ただしバストの大きな方も、ローウェストのAラインとなるとカップとウエストのバランスが必要になります。

特に、体系に関係なくスリーインワンはあまりお勧めいたしません。
カップに合わせるとウエストがきつい緩いが出てきてしまいます。

ウエストのくびれで合わせてみると今度はカップの高さが身長によって高い位置になってしまったり、低い位置になってしまったりと全く合わない場合が非常に多いのです。

セパレートの場合、Aラインのお胸の高さがベストポジションにセットできます。

さらにウェストニッパーもウエストの位置に合わせて装着できますので、ローウェストのAラインでも綺麗に決まります。

ただし、ここで注意しなければならないことが2つあります。

miyabi01
ただし、セパレートタイプのブラジャーのすべてが良いわけではありません
ブラジャーのカップのつくりにも注目していただきたいのです。

トップを高い位置で保つことは「ダイヤモンドシルエット」と呼ばれる、ドレスの理想のシルエットを作り上げることに必須なのですが、トップを高い位置でキープできるのはトリプルジョイントと言われる3つの部品で作ったカップだけです。

カップが上下2枚の生地で作った2枚ハギと言われるカップだと、お胸が左右に流れトップが高い位置でキープできなくなり綺麗なシルエットができません。

カップはドレスにとってとても大事なものです。
ブライダルインナー店員はみな「ドレスは胸できる」というのが分かっています。
花嫁様も、トリプルジョイントのブラジャーを試着すれば、カップがどれだけドレスのシルエットにとって大事なものなのかが、必ず分かると思います。

ウェストニッパーにも要注意!

そしてカップのほかに注意してもらいたいもう一つはウェストニッパーです。
テーブルに広げたときに縦のボーンがまっすぐになっているウェストニッパーは、普段からくびれのある人にはいいのですが、あまりくびれがない人が着けると寸胴に見えてしまいます

kibire-nipper01
写真のように、テーブルに置いたときにウエストのくびれの部分が寄れているようなウェストニッパーだと、普段からくびれのない人でも「くびれを作る」ことができます

これはくびれの部分を締め付けるのではなくくびれ周辺のお肉を上下に散らしてくびれを作るからで、このウェストニッパーだと苦しくないのに簡単にくびれが作れます。

ウェストニッパーの選び方ですが、「筒」を想像していただければわかりますが、もしヒップが大きめだと裾の部分がきつくなります。

また、逆にヒップが小さい人ですとかなりゆるくなります。

こうした場合、ヒップの大きめの人には裾に向かって広くなったウェストニッパーが必要になります。

なぜなら椅子に座った時に裾周りがきつくなって、めくれたりするからです。

バックをナチュラルカットしてくびれを作る。

nipper02
ピュアネットではナチュラルカットといってウェストニッパーの後ろの部分の生地を縦カットやA字、V字カットを施し、その人に合ったウェストニッパーをお作りしています。

もし、ウェストニッパーを試着したときに裾周りがきついゆるいがあるときはナチュラルカットができるウェストニッパーがおすすめです。

Aラインのドレスはデコルテが注目ポイントでもあるので、いかにデコルテやバスト周りをきれいに見せることができるかと、ローウェストの場合はしっかりくびれが作れるかがドレスのシルエットを美しく見せるポイントになります。

もし貴女がAラインならまずセパレートを試してみましょう

Aラインはどんな体型の人にもあう「不滅のドレス」とも言われています。
その土台になるブライダルインナーはさらにドレスのラインを引き立たせるものでなければなりません。

最近はドレスショップも一体型スリーインワンからセパレートに変えて販売するところが出てきたといわれていますが、まだ一体型の販売が多いようです。
これは、一体型が一時期流行った時の名残で、花嫁様のことを考えているわけではなく、ただ店舗が商品を消費したいからなのではないかと思います。

まとめ

ハイウェストのAラインであればほとんどのブライダルインナーが対応できますが、ウエストを強調するローウェストのAラインはセパレートタイプのブライダルインナーがおすすめです。

特にAラインのドレスを選ばれたなら、まずセパレートを試してみてください。
きっと素敵なドレスシルエットが出来上がることでしょう。


試着予約ネット受付!


採寸していないので自分のサイズが正確でない

着心地がよくわからない

オーダーと既製品のブライダルインナーの違いが判らない

もしこうした不安や悩みがあったら・・・



今すぐ申し込む

関連記事