大きいサイズの胸を綺麗に抑えるブライダルインナーとは?


大きいサイズの胸を綺麗に抑えることはできる

 

小さいころからグラマーで下着の購入にいつも悩んでいる人は非常に多くいます。

グラマーな女性向けに販売されているブラジャーは、胸が前に突き出たり、抑えようとするとカップの左右からはみ出したり、重さに耐えられなくて前にカップが倒れたり、わざとトップを下げたり、友人に「胸を抑えたい」というと「贅沢」と言われたり・・・。

そんなあなたは、普段使いの下着もあまりないのに、結婚式で着るブライダルインナーは皆無と諦めていませんか?

グラマーな胸を抑えて、きれいなドレスシルエットで結婚式を迎えたい。

もし掲載している写真のようなあなたにピッタリのブライダルインナーがあれば、カップサイズで悩むことなく、ボディラインが綺麗にできます。

ここでは、普段からグラマーなあなたが結婚式を迎え、大きいサイズの胸を抑えて綺麗なドレスシルエットを作るブライダルインナーについて詳しくご説明します。

グラマーな人は「カップ」という考え方をやめる

まず、グラマーな胸を抑えるにはカップサイズは何がいいのか?とカップありきという考えがあると思います。

これから説明するブライダルインナーは、カップサイズはありません。

大きいサイズのカップはメーカーによって形が違い、大きくなればなるほど合わな人が増えます。

つまりグラマーな人はカップのあるブライダルインナーは合わない人が多く、合わせづらいのです。

bustier01

 

それでは、どうすればいいのでしょう?

まず、あなたの場合、カップのないブライダルインナーだけをピックアップすることです。

ブライダルインナーが普及していないころ、グラマーな花嫁は「さらし」を巻いてウェディングドレスを着ていたそうです。

確かにこのやり方は賢明な選択でもありますが、今はいろいろなブライダルインナーがあり、「さらし」が進化?して体に巻き付けるブライダルインナーも出てきています。

つまり、グラマーなあなたはカップで胸を抑えるのではなく、縦のボーンで胸をささえて抑え、トップからウエストにかけ細くなるようなブライダルインナーのほうが合わせやすいのです。

カップがなく縦のボーンだけで形を整えることは、不安もあると思いますが、この方法はカップより圧倒的に楽で綺麗です。

カップは必要ない

下の写真にありますように、カップがないほうが外に胸を散らして抑えることができますし、逆に後ろを絞ってトップをある程度高くすることもできます。

カップより自由度があり、合わないカップでイビツに見えるよりはるかに綺麗になります。

カップの無い縦のボーンで支えるブライダルインナー

 

カップがないということは、「不安定」というイメージがありますが、通常バックのフックが縦13段前後ありますので、しっかり胸が固定され背筋が伸び、高さはベストな位置で安定しますので、重さで前に倒れることもありません。

また、後ろのフックは縦3列になっていますので体型によって、上は外側、中頃を中央、下を内側と斜めに留めることができます。

さらに、ハートカットのドレスなら、中央を縦に引っ張るように縫い付ければ難なく対応できます。

*これに関しては直接インナーショップのスタッフに相談してください。

フックの留め方がポイント

ちなみに、下の写真をご覧ください。

bustier_cut

 

青色のようにV字に留めると胸周りが後ろに引っ張られ胸の大きさを抑えることができますし、腰からヒップにかけてはしっかり安定します。

グラマーなあなたはこうしたフックの留め方によって、大きな胸を抑えることがでできますし、ボディラインはあなたの希望以上に綺麗になります。

逆にピンクのA字のように留めると、トップはストレスがかからず腰から下をきつめにすることもできます。グラマーで多少胸を大きく見せたい人やウエストを細く見せたい人にはお勧めです。

縦一列に留めればボーンの曲がり方だけで、きれいなラインができます。

購入後フックはどの位置がいいのか何度か試してみましょう。

ただし、ここで注意したいのは、ドレスの背中の開きです。

背中の開きが肩甲骨から5センチ以上下にあると大きな胸を抑えるために作られたブライダルインナーは限界があります。

ドレスを選ぶなら、背中の開きが大きすぎるとブライダルインナーの一部が見えてしまう危険性があります。

ただ、見える部分はレースをかければある程度隠すこともできます。

*ドレスショップかインナーショップのスタッフにご相談ください。

 

こういう縦のボーンだけで体型を綺麗に見せるブライダルインナーは、徐々に増えてきています。

女性の体型が食生活の変化で欧米化していることもあります。

昔の「さらし」も確かに楽にボディラインは調整して綺麗なシルエットを作れると思います。

ただ何周も巻かなければならず、当日はかなり汗をかくと思います。

何度も言いますが、グラマーな方はカップではなくカップのない縦のボーンで支えるブライダルインナーがおすすめです。

 

さらにウェストを細く見せるコツ

ただ、縦のボーンのブライダルインナーは、ウエストを細くするにも限界があります。

そこでご提案したいのは、この上からウエストニッパーを重ねてつけることです。

ウエストニッパーは、セパレートタイプのブライダルインナーなら、単品で販売しているところが多いので、ボーンの無いブライダルインナーを着てウエストが何センチかを測ります。

そのあと数センチ細いニッパーを選べばウエストがかなり締まります。(ウエストニッパーをコルセットと言って販売しているところもあります)

この写真を見ればウエストニッパーの縦のボーンがグラマーな胸をしっかり支えていることがわかると思います。

これで先ほど述べたトップからウエストにかけて細くなるボディラインが完成します。

そしてこの上からドレスを着れば、簡単に綺麗なドレスシルエットが完成します。

これをカップで合わせるのは至難の業です。

無理に合わせて一部がきつかったりゆるかったり、しわが出たりとグラマーな花嫁には当日ストレスが相当かかります。

できる限りストレスなく結婚式を迎えたほうがいいでしょう。

まとめ

カップのあるブライダルインナーはグラマーになればなるほど合わせづらい

縦のボーンで作られているインナーはフックの使い方で一番綺麗なボディラインが出る

ウエストニッパーを重ねて着るとウエストがさらに細くなる

 


試着予約ネット受付!


採寸していないので自分のサイズが正確でない

着心地がよくわからない

オーダーと既製品のブライダルインナーの違いが判らない

もしこうした不安や悩みがあったら・・・



今すぐ申し込む

関連記事