トップ112、Hカップ大きいサイズのブライダルインナーを作る


大きいサイズのブライダルインナーがあります。

weddingdress02

 

結婚式が決まってウェディングドレス・・・でもその前に下着をどうにかしたい!

 

ネットで調べてもなかなか自分のサイズが見つからない、なぜなら普段からブラジャーはGかHカップだから・・・普段使いのブラジャーも気に入ったものがほとんどなく、そうなるとブライダルインナーは大変だろうなぁというのは覚悟の上・・・なんて考えている貴女!

 

専門店でもなかなかそのサイズは見つからないと思います。

まして大きな胸を支えるには、ストラップレスはさらに種類が少なくなります。

 試着会には大きいサイズの花嫁が多く参加します

でも、特に地方で試着会を開催するとFより大きいG,H,Iカップなど大きいサイズの花嫁様が多く参加されます。

伺うと、とにかく普段使いのブラジャーもなかなか見つからないとのことです。

0085_500

ストラップレスにもなるピュアネットのブライダルインナーGカップでマタニティにも対応している

 

ピュアネットではセパレートの2点は原則Fカップまで、一部のサイズであればGカップまで対応できますし、なんといってもスーパービスチェはJカップまで対応できるようになっています。

 

また、ウエストニッパーは、S,M,LのほかSよりちいさいSSやさらに丈の長いSSL、SL、ML、LLと8種類をご用意できますし、カットや伸ばしも対応できるようになっています。

 

表題のトップ112でふだんHカップの花嫁様も、スーパービスチェで作り上げ綺麗なドレスシルエットができました。

このスーパービスチェは通常のD~Jカップであれば、あらゆる体型の方に対応できるブライダルインナーで、一つ一つ手作りで仕上げるオーダーメイドです。

カップがなく縦のボーンで大きな胸を整えて綺麗なドレスシルエットを作るもので、結婚後も長くお使いになれる下着です。

lineup_bustier

ビスチェはもともとフランス語の女性下着から来ている単語で、以前はブライダルインナーの一体型の代名詞になっていました。

しかし、今はカップのついた一体型をスリーインワン、カップの無いボーンで整えるブライダルインナーをビスチェと言っています。

まだ一部で一体型をビスチェと呼んでいるところもあるようですが、基本的に大きいサイズのブライダルインナーの総称と覚えておいてください。

 

さて結婚式まであと4か月、ドレスショップに連絡して自分のサイズを言ってドレスの試着をお願いするとドレスショップのスタッフから「当日下着をご持参ください」と言われ、急きょピュアネットにご来店した花嫁様がいました。

普段つけているブラジャーを聞いても、体型的にもスーパービスチェの方が絶対綺麗に作れると思ったスタッフはスーパービスチェの良さをふんだんに伝えました。

当初は、セパレートも頭にあったようですが、アンダーが90でだったのでセパレートを諦めスーパービスチェをつけることになりました。

 ナチュラルカットで綺麗な出来がりに

bustier_cut

トップ112、アンダー90ですのでカップ的にはFですがアンダー90のブラジャーがありません。

 

ここスーパービスチェは5段階ありそのうちの4番をつけてもらいました。

ウエスト周りが大きいのですが、苦しくない程度にナチュラルカットでドレスシルエットを綺麗に出すことにしました。

下の方は広めに、上の方はバストを抑えるためにきつめに作るため下を10ミリ上を20ミリカットにしました。

 ウエストニッパーにも一工夫

nipper02

大きな胸が、程よく左右に散って高さが抑えられ綺麗なシルエットができました。

ただ、ウエストのくびれを今度は作らなければなりません。そのため、ウエストニッパーのLLをスーパービスチェの受けからつけていただきました。

そうするとスーパービスチェでお腹周りがある程度細くなっている上からのウエストニッパーですので綺麗なくびれができ自然なドレスシルエットができあがったのです。

ウエストはなんと5センチ細くなり、全く苦しさを感じないとのことでした。

 

ヒップが104と大きめでしたので、ウエストニッパーも裾が広がるようにV字のナチュラルカットを施し完成しました。

 

スーパービスチェは、細かいところまで作り上げますので、非常にその人の体型に合ったものができがりますが、その分生産する数が少ないのと、工程が非常に複雑なので出来上がりまで急いでも3週間はかかります。

n_bustier

それでもどうしてもという花嫁様はあとからあとから増える一方で、トップシーズンは工場もフル稼働で対応しています。

waki05

また、写真のようにドレスの上からはみ出す「脇肉」もある程度着方によっては抑えられますので、安心ですし、もし気になるようでしたらブライダルインナーを着け気になる脇肉を解決した花嫁の喜びでも書きましたが、20分程度の脇肉解消エステを受けて結婚式に臨むということもおすすめです。

 

 大きいサイズはネットだけでは・・・

大きいサイズのブライダルインナーは、なかなかネットでは見つかりませんし、もしあったとしてもご本人の体型に本当に合うかどうかは着てみなければ何とも言えません。

というのもカップサイズは大きくなればなるほどあいにくくなるのです。

 

勿論作る側はJIS規格をもとに作ります。

しかし、大きくなると形にばらつきが出て、ピュアネットのGカップは採寸サイズは全く同じでも綺麗に合う人と全く合わない人が出てきてしまうのです。

 

そこへ行くとスーパービスチェはそうした心配が全くいりません。

なぜなら、その人の体型に合わせてバックをナチュラルカットで仕上げているからで、大きいサイズの花嫁様にとって最適なブライダルインナーなのです。

 

今回の花嫁様もこうした流れでお作りし、非常のご満足いただけました。

まず、サイズだけで探すというのは難しいサイズです。是非一度専門店でご相談ください。

 

 

まとめ
大きいサイズのブライダルインナーは、カップで作るのは限界があります。

スーパービスチェのようにボーンを使って大きな胸を散らしながら整えてドレスシルエットを完成させた方が、はるかに綺麗になります。


試着予約ネット受付!


採寸していないので自分のサイズが正確でない

着心地がよくわからない

オーダーと既製品のブライダルインナーの違いが判らない

もしこうした不安や悩みがあったら・・・



今すぐ申し込む

関連記事