人気ウェディングドレス、バストアップしたいCカップ解決法


胸の周りがすかすかのドレス姿では・・・

ウェディングドレスの試着を何着かしてみて鏡に映る自分のドレス姿、言葉に言い表せないけどなんだか理想と違うとお悩みではありませんか?

「絶対にAラインのウェディングドレスを着たいけどバストのボリュームが足りない!もっとバストアップしたい!胸の周りがすかすかでもう少しボリュームがないと・・・」と胸についてお悩みの方も多いと思います。

今日はバストアップについてご紹介していきたいと思います。
これからご紹介する方法を念頭にブライダルインナーを選んでいただけると、あなたにぴったりなブライダルインナーが見つかり、綺麗で自然なボリュームのあるドレス姿を結婚式で披露することができますよ。

バストアップの成功例

ピュアネットにご来店いただいた花嫁様にも、バストでお悩みのお客様はたくさんいます。
その悩みを解決し、綺麗なボリュームのあるドレス姿にするのがピュアネットの役目です。

Aラインだけでなくプリンセスライン、マーメイドラインなどのウェディングドレス・カラードレスは、バストアップはもちろんのこと、トップが高い位置でキープできてなおかつ自然なボリュームがあってこそ綺麗なドレス姿になれるのです。

ブライダルインナーCカップをDでデコルテを綺麗に仕上げる

Aラインの着こなしポイント

dress12
Aラインは、縦のラインを強調することがポイントです。
そうすると、身長が低い人でもそれほど低い感じには見えませんし、身長の高い人はさらにすらっとした雰囲気を出すことができます。

じつは、少しポチャッとした方でも、ハイウェストに綺麗なラインができることで、スタイル良く見える効果もあるんですよ。

このようなところから、Aラインは誰にでもあうドレスであるともいえます。

またトレーンの使い方次第ではゴージャスにも清楚にも見せることが可能です。

挙式は長いトレーンでゴージャスに!
披露宴ではトレーンを取り外してすっきりに!
という風に、つかいわける花嫁様もいらっしゃいます。

ただ、胸のボリュームがあまりなく華奢な感じの方だと、Aラインはメリハリがきいていないような感じに見えるので全体像がぼやっとしてしまいます。

できればバストにはある程度のボリューム感がなくてはならないのです。

また、ハイウェストの場合は胸のボリューム感を考えてブライダルインナーを決めればいいのですが、ローウェストのくびれ付近から裾に向かって広がるAラインの場合は、くびれをいかに綺麗に出すかが一つのポイントになります。

ローウェストのAラインはくびれが大事

ローウェストの場合は、ブライダルインナーの中でも一体型のスリーインワンタイプはくびれを出すのが難しいためセパレートがオススメ。

セパレートの場合は、ウェストニッパーがカップを押し上げる効果があるので、バストアップ、ボリュームアップをしたい花嫁様にはぴったりなんです!
fitting01

体験談

ピュアネットに来られた花嫁様Aさんのお話をしたいと思います。
Aさんは結婚式まであと半年。

できるだけ早めにウェディングドレスを決めたいというご希望があって、ドレスを試着するときからブライダルインナーを身につけて痛いということでご来店してくださいました。

Aさんは、普段使っているブラジャーはBかCカップで、アンダーは70をつけていました。

早速採寸したところトップ82、アンダー69で普段使いのブラジャーのサイズは合っています。
アンケートにも「肩がこる」とか「家に帰るとすぐブラを取ってしまう」のところにチェックはなく比較的ブラにストレスを感じていないとのことでした。

ピュアネットにくる花嫁様は肩こりやブラのストレスを感じている人が多く、ブラジャーのサイズが合っていない人もいるので、採寸はとても大切なんです。

そして当日は和装から洋装のお式だということでした。
洋装のドレスはAラインです。

Aさんのお悩みは「胸がないのでボリュームアップしたい」とのこと。
ドレスを試着したお写真を拝見したところ、やはりバストの周りがスカスカと浮いた感じにみえました。

そこで次にチェストの周りを細かく採寸することにしました。
チェストは両腕の付け根の部分を言うのですが、Aさんは内側の幅が29センチと平均よりも細めです。

バストのボリュームアップにはパッドだけでは・・・

ボリュームをアップするために、まずカップサイズをDカップ、アンダーを70にしました。
既製品やドレスショップではこのままカップにパッドを詰め込んでボリュームを出すのですが、入れ方によっては不自然な感じになってしまいます。

また、このままブラジャーを着けた感じも違和感がありしてストレスの原因になることもあるんです。

また、Aさんの場合はチェストが細く肩幅も細いので、ブラのワイヤーが回り込んでサイドのところまで広がってときにワイヤーがあたって痛みを感じるということも考えられます。

cut01

ピュアネットではこのような不具合を招かないためにも、ただパッドを入れるというやり方はしません。
全く別の方法を行います。

Aさんはチェストが29センチと細い分、若干ブラのDカップのワイヤーがサイドに流れて広がったように見えます。

そこでカップをサイドから8ミリカットしました。
このカップカットをやることでワイヤーの幅が縮まりカップ自体の容量が少なくなって、バストが前に出てカップに収まります。

しかし、ただまだカップの上辺には隙間ができます。

ここでアンダーを20~40ミリきつさを見ながらカットするのです。
これによって上辺の浮きとカップの容量が減りますのでさらに綺麗にバストが入ります。

ここまでやってはじめて、本来BやCカップの方がDカップでもきれいにボリュームアップしたバストができあがるのです。

そして最終的に初めてパッドを入れて調整します。

このすべての作業により、デコルテが綺麗にふっくら出て、自然なボリューム感の仕上がりとなることができました。

D66というブラジャーが完成

出来上がりはアンダーを40ミリカットしたので、結局D66というオリジナルのカップです。

オーダーメイドはアンダーの刻みが既製品のように5センチ刻みではなく1センチ刻みで出来上がるので、それだけよりフィットするブラジャーになるわけです。

既製品の場合カップサイズを大きくしてパッドを詰め込んだだけなのでどうしても不自然な見た目と着けている本人も違和感をおぼえます。

オーダーメイドは、できるだけ細かいカットや安定感を考えてカップを作るので、着けた本人も納得し、安心してドレスを着ることができるのです!

ブライダルインナーこうすれば胸のボリュームはアップする!

まとめ

バストアップをしたいとしても、カップサイズをアップしてパッドを入れるだけでは綺麗なドレスシルエットができません。

細かい採寸のもとにカップやアンダーをカットしてオリジナルのブラジャーを作ることをお勧めします。


試着予約ネット受付!


採寸していないので自分のサイズが正確でない

着心地がよくわからない

オーダーと既製品のブライダルインナーの違いが判らない

もしこうした不安や悩みがあったら・・・



今すぐ申し込む

関連記事