ブライダルインナー普段CDならEカップで作るのがおすすめ


胸のボリュームをアップしたいなら

dress16

ピュアネットにご来店する花嫁様の平均身長は158センチです。

そして普段CDカップの花嫁様が圧倒的に多いです。

 

ほとんどの花嫁様がボリュームを「アップしたい」のと締め付け感は「少しきつめ」とか「きつめ」が多くなっています。

 

そしてCDカップの花嫁様がウェディングドレスを試着してみて感じる多くのことが、胸のボリューム感をもう少し大きくしたいということです。

でも本来CDであるならば、そのサイズでもいいはずなのになぜこんな希望が出てくるのでしょう?

 デコルテが綺麗に作れないなら

ピュアネットではご来店される際、ドレス姿のお写真をご持参いただくか、まだ決まっていない方は、カタログなどをご持参いただいたり、雑誌の切り抜きをご持参いただいたりしています。

その中でやはり気になるのはデコルテ付近

まだ試着の段階とはいえ、バストラインが綺麗になっていません。このまま結婚式に出る?ちょっとそこが気になると思います。

ではバスト回りを改善して、しっかりそして綺麗にウェディングドレスを着こなすにはどうしたらいいでしょう?いかにオーダードレスであってもここは下着がポイントになるのです。

 バスト回りのしわは大敵

まず、ドレス姿を綺麗に見せるには、トップは高い位置でキープすることなのです。

これは基本中の基本。

バスト回りにしわがあったりする人は、下着が合わず胸がつぶされたり、合っていないブラジャーをつけていることが考えられます。そしてあとで説明しますが、カップのつくりにも原因があります。

diamond01

綺麗なドレスのシルエットは、ダイヤモンドを横から見たようなシルエットつまり「ダイヤモンドシルエット」が理想のシルエットと言われています。

これは胸をできるだけ高く中央寄せをし、ウエストに向かって細く見せるというもので、ブライダルインナーはこのダイヤモンドシルエットを作る基礎になるのです。

 

ほとんどの方が、ドレスショップで借りた下着や普段使いの下着でドレスの試着をしても綺麗に見えなかったと話します。

ブライダルインナーの専門店から言わせていただくと、それは当然の結果です。

なぜならドレスショップで下着の採寸をきちんとやったか?ご自身で着けている普段使いのブラのサイズは本当に合っているか?なのです。

 胸の左右があるなら・・・

まず、ドレスショップはドレスの専門店で下着の専門店ではありません

スーツを買いに行ったときにそのお店で下着を買うようなもので、全くお門違いなのです。

bra01

本来普段CDカップであればブライダルインナーもCDカップでいいはずです。

しかし上記のような問題が出てくるのは、多くの方が感じていることなのですが、左右の胸の大きさが違うということ、そしてカップのつくりです。

 

 

左右差があるということは、左はDカップでも丁度いいのに右はカップの上辺に隙間ができる、逆にCをつけると右はちょうどいいけど左はかなり窮屈!この時、ピュアネットではアンダーはそのままでサイズを一つ上げてEにしてみます。

これは普段使いのブラではりません。ドレスを綺麗に見せるためのブラジャーです。そのためには左右差があるという方は大きい方で合わせていきます。勿論Dで合わせていくことも可能です。カップの浮きがある方に厚めのパッドを入れればいいことなのです。ただし、「アップしたい」というご要望があるわけで、そのためにはどうしてもEカップでアップできるにこしたことはないのです。

cut01

この場合、Eカップにするとワイヤーが広がりますので、まずカップの外側を8ミリカップカットを行います。

これでワイヤーの幅が16ミリ縮まりさらにカップの容積が小さく成ります。

両胸がカップに収まりワイヤーの幅が狭くなった分、胸が全体的に前に出ます。すると体型によってはアンダーが緩くなることがありますのでアンダーを詰めてちょうどいい位置でカップを作り、後は厚みのあるパッドを選んでカップに入れて微調整を行うのです。

 

こうなるとバストにボリューム感ができ、ふっくらとしたデコルテが出来上がるのです。

ただここで注意していただきたいのが先ほど書きました「カップのつくり」です。

 トップを高くするには・・・

ブライダルインナーのカップは、上下2つに分かれている2枚ハギと上下に分かれさらに下が左右に分かれて作られているトリプルジョイント3枚ハギの大きく分けると2種類になります。

miyabi01

実際に着けてみて着比べてみるとあまり差はわからないかもしれませんが、ドレスを着てみるとその差がすぐにわかります。

 

2枚ハギはトップが高い位置でキープできないため、胸がつぶされてドレスが落ちてくるなどのストレスがかかるのです。高い位置でキープできないと「ダイヤモンドシルエット」できず、逆三角形のようになってしまいます。また2枚ハギは、胸全体が左右に散りやすいので安定感がなく「外胸」と言ってカップが外側に開く感じになってしまうのです。

 

ただ2枚ハギは、ブラを作る工程がトリプルジョイント3枚ハギに比べ楽で価格は安いという利点もありますが、さて貴女はどちらを取りますか?多少安くても当日ストレスがかかるのを覚悟するか?それともストレスがかからないブライダルインナーを取るかです。

 

 

ピュアネットも初期は2枚ハギでしたが、なかなか綺麗なダイヤモンドシルエットができないため、7年前くらいからトリプルジョイント3枚ハギを採用してお作りしています。

迷っているようでしたら一度ご試着することをお勧めします。

 

関連記事
 結婚式ウェディングドレス普段ないくびれを下着で綺麗に出す
種類別ブライダルインナーの購入時期
百人の花嫁のブライダルインナー平均購入価格は?

 まとめ
普段CDカップで胸のボリュームをアップしたいならまず胸の左右差があるならEカップでボリューム調整することと、カップのつくりは高い位置でキープできる立体的なトリプルジョイント3枚ハギにするべきです。


試着予約ネット受付!


採寸していないので自分のサイズが正確でない

着心地がよくわからない

オーダーと既製品のブライダルインナーの違いが判らない

もしこうした不安や悩みがあったら・・・



今すぐ申し込む

関連記事