ブライダルインナーのカップが浮くのを抑えるオーダーの極意

セパレートのブライダルインナー

パッドをぎゅーぎゅーに詰め込むだけじゃ・・・

bra-lase01
ウェディングドレスを決めて、実際に試着したときに、借りたインナーオのカップが浮いていてそこを埋めるためにパッドを入ませんでしたか?

しかし、パッドを詰めてカップの浮きを抑えても、胸は綺麗に見えるわけではないし何か違和感をおぼえますよね。

結婚式は一点の曇りもなく自信満々で迎えなければいけません。
今日は、ブライダルインナーのブラジャーについてご紹介していきたいと思います。
バストの左右差にお悩みの方も必見です。

パッドだけの対応では・・・

カップが浮くのをパッドで浮きをなくすだけでいいのでしょうか?
何かが違うと分かっていても、既製品のブライダルインナーではそれしか方法がないのが現状です。

勿論、ピュアネットでもより美しいバストをおつくりするために、色々な形のパッドを用意しています。

6種類の形、大きさ、厚みの違うパッドがありますが、最初からこれらを使用すること亜はありません。
ピュアネットでは、さらに突っ込んだカップの浮きを軽減する方法を取っているのです。

カップの浮きを抑えるオーダーにしかできない極意をこれから例でご紹介します。

昨年、バストの大きさに左右差のある花嫁様がご来店くださいました。
普段はC75のブラジャーをつけているとのことでしたが、実際に採寸したところトップ80でアンダーが65と申請通りCカップの花嫁様でした。

しかし、サイズだけを見ると確かにトップとアンダーの差が15センチなのですが、実際にピュアネットのブラジャーのテスターをつけていただいたところ、左はカップからお胸がはみ出し、右はかなりの浮きがあったのです。

カップサイズをあげる

このままでビスチェタイプのウェディングドレスを着ると、左胸は綺麗にふっくらとした感じになりますが、右がかなり浮いてしまってバランスがよくありません。

このような左右差のあるバストの場合、ほとんどのドレスショップや既製品を扱うブライダルインナーの専門店は、右にパッドを入れてバランスを取ります。

また、ブライダルインナーの専門店の中には、もしかするとアンダーは65でカップをDに挙げてD65でパッドを入れてデコルテを作るようにすると思います。

難しい問題点が・・・

ただ、もし貴女のチェスト(腕の付け根の内側の幅)が32㎝以下ですと、Dカップにするとワイヤーが左右のワキの下の方まで回り込んでしまう恐れがあります。
結婚式当日に、痛みがあればストレスがたまりますよね。
長時間の着替えもままならないので、笑顔も作れなくなってくると思います。

そうなると、既製品ではやはりC65で右に多めにパッドを入れる方法が良いでしょう。

cut01
しかし、オーダーメイドでカップを作っているピュアネットでは、以下のようにします。

まず、左のカップのお胸がいっぱいになっている場合はDカップに変更。
アンダーは65ですね。
この場合、ワイヤーが脇に回り込むくらいチェストが狭い人の場合は、まずカップの両サイドを写真のように8ミリ縦にカットしてワイヤーの幅を合計16ミリ細くします。

そして両サイドのカップの浮きを見て、まずアンダーを10~20ミリカットしてカップの上辺の浮きを最大限抑え、そこで初めてパッドを入れて調整します。

デコルテが圧倒的に綺麗に!

この方が、圧倒的にデコルテ部分が綺麗になり、お胸のバランスも左右対称でパッドが無理に入っていないので違和感をおぼえることもありません。
ピュアネットではこのような感じでカップの浮きを抑える方法を取ります。

チェストの大きな人の場合

また、先ほど話に出たチェストですが、もしチェストが32センチ以上の場合は、カップカットをせずにアンダーだけをカットするか、70のカップをサイド8ミリカットしてアンダーを40ミリカットし、最後にパッドで調整するなどといった方法もあります。
体型や肌質などのよっても作り方を細かく買えて調整を行うことができるのです。

さらに上辺の浮きが大きい場合、アンダーを詰めるときにナチュラルカットを使い、V字のバックカットをしてカップの浮きを抑える場合もあります。

ただ、カップの浮きは人によって違いますし、はと胸の方、なで肩、いかり肩の方にも全く違った方法を取ることもあります。

参考記事
はと胸デコルテラインを綺麗に見せるブラジャーの選び方

オーダーメイドの場合、カップの浮きはパッドだけでデコルテをつくるのではなく、いかに自然で綺麗なデコルテラインにするかを考えると、カップをカット、アンダーを詰めるなど細かい対応をすればするほど綺麗になり、バランスのとれた違和感のないブラジャーが出来上がるのです。

まとめ

ブライダルインナーのカップの浮きをなくすには、パッドを詰め込むだけではなく、カップのカットを行ったり、アンダーを詰めたりして作りあげたほうが非常に綺麗なデコルテができあがりバランスのとれたバストのラインになります。
結婚式に妥協はいりません。
最高の姿で新郎とゲストにお披露目してくださいね。


試着予約ネット受付!


採寸していないので自分のサイズが正確でない

着心地がよくわからない

オーダーと既製品のブライダルインナーの違いが判らない

もしこうした不安や悩みがあったら・・・



今すぐ申し込む

関連記事