ピュアネットブログ

オーダーメイドで作り上げる!セパレート、ビスチェそして妊娠5か月からのマタニティ

ウエディングドレスの美しさを出す下着の原則とは


完璧なドレス姿になるにはブライダルインナーが重要

kyosiki

美しいドレス姿にあこがれる女性は多いと思います。

結婚式の見せ場のひとつは、挙式と披露宴の腕を組みながら歩く新郎新婦二人の姿。

教会で赤いじゅうたんを歩き、厳かなうちに挙式が行われ、指輪の交換や宣誓を読む立ち姿に、涙する新郎新婦の親戚や友人も非常に多くいることでしょう。

そして何より、注目されるのは花婿よりも花嫁

素敵なドレス姿にみんなは圧倒されるのです。

しかし、ドレス姿が決まらない、納得いかないという花嫁もいますね。そんな中で参列した皆様に注目を浴びる挙式は、気分的にもテンションが下がってしまうこともあると思います。当日のストレスはのちの後悔へとつながります

新婚生活に暗い影を落としてしまうということにもなりかねないのです。

そうならないために、ストレスを回避する方策をこれからご紹介してまいります。

どうすれば綺麗なドレス姿になれるのか?


futari09参列しているみんながみんな二人を注目します。

それでもやはり一番注目されるのは花嫁様のドレス姿でしょう。

ブーケをもってゆっくり歩く姿は本当に美しいものです。

みなさんが注目するのは新郎・新婦ではありません。
圧倒的な結婚式の象徴のウェディングドレスに注目します。
ウェディングドレスに注目するということは、ウェディングドレスのシルエットに注目するというのと同義語です。

それを知って、「どうしてもウェディングドレス姿が綺麗になれない」と悩む花嫁様が数多くいます。

ピュアネットに訪れてくださるお客様は、ドレス姿をもっともっと綺麗にしたいという願いを込めてやってくる方ばかりです。

では、どうすれば美しいドレス姿を演出できるのでしょうか。

ブライダルインナーが大きなポイント

ポイントはズバリ「ブライダルインナー」です。

「ドレスは胸で着る」とよく言われます。

ドレス姿を綺麗に見せたいなら、胸で着てみることです。

つまり、バストトップが高い位置でキープできれば素敵なドレスシルエットができるわけです。

バストトップが下がっていたり、自分で左右に揺らしてドレスを引っ張ったりしているようだと、絶対に素敵なドレス姿にはなり得ません。

miyabi01

素敵なドレス姿になるためには、まずバストトップを通常のブラジャーより高い位置に持っていかなければなりませんね。

ブライダルインナーのカップには『トリプルジョイント』の3枚ハギ(3つの部品で作られたカップ)と2枚ハギ(2つの部品で作られたカップ)があります。

他会社さんは作りが簡単な2枚ハギを使用されているとことが多いのですが、ピュアネットで取り扱っているブライダルインナーはトリプルジョイントです。
このトリプルジョイントはいかに花嫁様のバストトップを高くして、スタイル全体を美しくするか考え抜かれて作られました。

トリプルジョイントでないと、バストの高さが出ず、胸が左右に散って「外胸」というカップの外側に胸が寄ってしまう可能性があるのです。

トリプルジョイントで作られているカップは、左右に散ることが少なく「外胸」はできず、さらに設計上、トップを高い位置に持っていくことが可能なのです。
ただ、2枚ハギとトリプルジョイントを着比べてみても下着姿だけでは、あまり違いが分かりません。

ドレスシルエットはトリプルジョイントのインナー下着をつけて、ドレスを着たときに初めて綺麗なシルエットでできているというのが確認できるのです。

ドレスは胸で着る

ピュアネットのドレスインナーを身に着けてドレスを着用すれば、バストトップは常に高い位置でキープすることができます。

「あ~これがドレスは胸で着るっていう意味か」と分かっていただけると思います。

2枚ハギですと、バストトップが高い位置でキープできず、ドレスを胸できるというより、ドレスがずれ落ちるということが起こってしまうのです。

ブライダルインナー

トリプルジョイント3枚ハギタイプ

さらにバストがサイドに流れてドレスが落ちてくる心配さえあります。

2枚ハギや合わないブライダルインナーを着けた花嫁様は、ブラのちょうど中央位をドレスと一緒に引っ張り上げるしぐさを良くします。

これは高さが出ないから、どうしても動いているうちに重力でドレスがずり落ちてくるからなのです。
しかもドレスシルエットが決まらないので、冒頭で書いた「不安」が広がってストレスになってしまいます。

ピュアネットはブライダルだけでなく、パーティードレスのインナーを購入しに見えるお客様も大勢いますが、「ウェディングドレスのときに胸が下がってストレスだった」「もっと早くピュアネットを知っていれば後悔しない結婚式が挙げられたのに」という思いをよく耳にします。

「ドレスは胸で着る」この感覚がわかればきっとドレスシルエットは完璧になっているはずです。

そのためには、まずブライダルインナーのブラジャーのカップはトリプルジョイントの3枚ハギを見つけましょう。

2枚ハギでは限界がある

ブライダルインナー

トップが高く背中は広く

ピュアネットもブライダルインナーの販売当初は2枚ハギでした。

2枚ハギのときはなかなかバストトップが高い位置でキープできず、何度も何度も改良を重ね、やっと見つけ出した方法がトリプルジョイントです。

しかし、ただ一つトリプルジョイントにはデメリットもあります。2枚ハギよりも、費用が圧倒的に高いのです。
ブラを作る工程が1つ増えるのと、バランスをしっかりしないと全く機能しないことが分かったのです。

そこで、トリプルジョイント以外にもいろいろと試行錯誤しました。

あるときはプロである下着のパタンナーに依頼して、トップが高い位置でキープでき背中の開きも限界まで広くできるブライダルインナーを作り上げ、デザインからではなくパターンから企画しました。
そして、またある時はバストトップの高さや背中の開きなど、最大限可能性を広げて製作に着手しました。

しかし、バストトップを高い位置でキープするためにはどうしてもトリプルジョイントの3枚ハギが必要でした。

バストトップの高さをキープできればストレスにならない

しかし、「ドレスシルエットを綺麗に」を追求すると、ここはどうしても外せないのです。

費用を下げて理想のシルエットを描けないことを選ぶのか。
それとも費用を上げてでも理想のシルエットを選ぶのか。

ピュアネットが選んだのは後者でした。

きっとオーダーメイドのブラダルインナーを求めている花嫁様たちは『本物』を求めて私たちと同じ気持ちでご来店いただけているのだと思います。
理想のドレス姿はブライダルインナーのバストトップの高さにあるのです。

これだけは必ず覚えておいてください。

そうでないと当日ドレスがずれ落ちたり、引っ張り上げたりすることが多くなり、ストレスがたまって後悔するかもしれません。

一生に一度の素敵なドレス姿を完璧なものにしましょう。

関連記事
ドレスシルエットの決め手はブライダルインナーのブラカップ
極上のドレスシルエットを獲得するための2つの重要ポイント
大きいサイズのブライダルインナーネット購入で合わないなら

まとめ

理想のドレス姿はブライダルインナーのトップの高さにあるといわれます。
2枚ハギはドレスがずれ落ちる危険性があり当日のストレスになりかねません。
「胸で着る」を実現させるためには、トリプルジョイントの3枚ハギを選びましょう。

▼ご質問等お気軽にご連絡ください▼

プロのスタッフが回答致します。


関連記事