ピュアネットブログ

オーダーメイドで作り上げる!セパレート、ビスチェそして妊娠5か月からのマタニティ

花嫁の30%以上がドレスショップの下着対応に不満を持っている


ウェディングドレスと下着の関係

会場見学で結婚式の日取りが決まり、いよいよウェディングドレスの試着です!
Aラインがいいかそれともふわっとした感じのプリンセス、マーメイドにオフショルダー・・・これが良いなと思っていても、自分に似合うものは違ったりして色々目移りしてしまう気持ちも分かります。

初めてのウェディングドレスの試着をした時は、ずっしりした重みを感じ「いよいよ自分も花嫁になるんだ」という実感がわいてくるのではないでしょうか。
しかし、なんだかしっくりきません。

思い描いていたウェディングドレス姿ではないのです。

「まだ試着だからかな」と思うかもしれませんが、感じている違和感は本番もそのままです。
なぜなら感じた違和感は【ブライダルインナーが間違っている】から。

今日は『ブライダルインナーの正しい選び方について』をご紹介していきたいと思います。

ブライダルインナー専門店やネット通販で購入者が急増

ドレスショップはドレスショップの店員よりインナーが詳しくなる4つの実践法でも書きましたが、本来ドレスの専門店です。

「餅は餅屋(餅は自分でも作れるが、やはり専門店の餅屋の方が美味しいという意味)」と元来から言われている通り、ブライダルインナーはブライダルインナー専門店で選ぶのがベストです。

扱っている商品として考えてみればドレスと下着、全く別物です。
スーツやワンピースを買いに行っても下着は一緒に売っていませんよね。

それと同じなんです。

しかし、花嫁様にとっては初めてのことなので、きっと分からないと思います。

式場に入っているドレスショップでブライダルインナーを一緒に差し出されたら「そんなものか」と思うかもしれません。
しかし最近では、ブライダルインナーの専門店やネット通販でブライダルインナーを購入する花嫁が急増しているようです。

そこには下着に対する意識の高さドレスショップの下着対応に不満を持っている方が続出しているという理由があります。

ドレスショップへのよく聞く不満

ピュアネットはブライダルインナーの専門店です。

ピュアネットに来店してくださる花嫁様に簡単なアンケートで“なぜピュアネットに来店したのか”を聞くと、

  • 採寸をせずに買わされた
  • バストにボリュームをつける為に大きめのブラジャーにパッドを何個も詰め込まれた
  • ウェストがゆるゆるでタオルを巻くよう言われた
  • 下着は縫い付けるものだといわれた
  • ブラのワイヤーがあたっていたいと言ったら綿を詰めれば大丈夫と言われた
  • 合っていないのに、うちで買わなければキャンセル料や持込料を取るといわれた

など、上げればきりがないほど不満が続出していました。

それでも、式前にブライダルインナー専門店の存在に気が付いた人は運がいいです。

何も知らずに結婚式を迎えてしまい「ドレスが下がってくるので手で上げていたら爪が割れた」「ウェストが緩くてタオルを巻かれたせいで寸胴になった」「苦しくて気分が悪くなり両親への手紙が読めなかった」なんて花嫁様もいるのです。

専門店は専門店

そもそも、ドレスショップのスタッフはブライダルインナー専門店スタッフから見れば素人同然です。

もちろん、私たちはドレスに関しては素人です。
そこはお互い、自分の得意分野で花嫁様を輝かせてあげればよいのだと思います。

ピュアネットはウェディングドレスの下着の専門店です。

一人ひとり採寸をして、体に合ったブライダルインナーを作り上げるオーダーメイドのお店です。
年間で5千人近く、通算でも5万人以上の花嫁様の下着を作ってきたピュアネットだからこそ、花嫁様の本音が分かります。

花嫁様たちが感じているブライダルインナーへの不満は以下3つ。

この記事を読んでくれている花嫁様がもし1つでも当てはまるなら、結婚式当日に後悔する可能性大です。

1、採寸をしてくれない

不満が一番多いのが、“採寸せず申告サイズの下着を持ってきてすすめられるケース”です。

ドレスを着る際に、スタッフに世間話のように「サイズはSMLどれですか?」と聞かれ「普段着ですか?Mです。」と答えたらそのサイズのブライダルインナーが用意されていたというもの。
私たちからすると、採寸をしないというのは考えられません。

なぜなら8割以上の花嫁様が誤ったサイズを申告してくるからです。

SMLならまだしも、ブラジャーのカップとアンダーを採寸しないで聞いてきて、申告通りに用意するという店舗もあります。
ブラジャーは意外と、いつ正確な採寸したかも記憶にないくらいの花嫁様が大半です。

採寸していたとしても、「服の上から」なので正確な数字ではありません。
ブライダルインナーがブカブカだと、スタイルが良く見えないのは当たり前ですね。

小さいと今度は苦しくてストレスがたまることとなります。

2、見えないからと言って適当なことをされた

バストにボリュームを出したいという花嫁様が、とくに不満に思うことは“ボリュームの出し方”です。

ボリュームアップしたいとドレスショップのスタッフに話したところ、試着したブラジャーに縦にパッドをさす感じで2枚重ねに入れたそうです。

さらに、「ワイヤーがあたって痛い」というと「綿を詰め込めば大丈夫です」と言われたのだとか。
これは「ここで買うのはやめよう」と思ったそうです。

その考えは正解です。

ピュアネットのようなブライダルインナーの専門店ではバストにボリュームを出したいときはパッドだけではなく、ワイヤーの幅を若干縮めてみたりアンダーをカットしたりしてかなり慎重にブラジャーを選択してご提案します。

ドレスショップのスタッフのようにパッドを縦に2枚さすようなことは絶対にしません。

また特に一体型のスリーインワン(旧ビスチェ)でのケースが多いのですが、カップにバストがしっかりおさまってもウェスト周りがゆるゆるであるとき「タオルを直に肌に巻いてウェスト周りを調整する」といったケースがよく聞かれます。

このことから、ドレスショップでは「ドレスは慎重、下着は雑」になるといえるでしょう。
ドレスショップのスタッフは、「そんなことをして花嫁様が本当に美しくなるのか?」と疑問に思わないのが不思議です。

3、下着は強引に

ケースとして1番多いのは「あなたのドレスに合う下着はこれです」といって強引に売りつけられるケースです。

「そのドレスにはこれしか合わない」とブライダルインナーを用意されますが、「どうもしっくりこないので他の所でも見てみたくて…」という花嫁様がたくさんいます。
しっくりこない原因は、全然カップが合わない、きつい、感触が悪い、既製品なのに高額、といった理由で様々です。

花嫁様の中には「良いものならお金は惜しまない」という方もいますが、用意されたブライダルインナーではその金額を出し渋るには十分だったようです。

ブライダルインナーの価格とかけられる時間

現実問題としてドレスは数十万円、インナーは数万円の世界です。
単価が違いすぎるためドレスショップのスタッフはドレスを売るのには熱心で、下着は付属品くらいの考えでいるのだと思います。

ドレスを選ぶのに2~3時間は当たり前のようにかかる世界で、下着に1時間以上の時間をかけていられないという気持ちも分かります。

しかしピュアネットはブライダルインナーの専門店。
最初から最後までブライダルインナーについて、花嫁様と一緒に悩み最高のものを提案できる実力があるのです。

まとめ

ウェディングドレス姿を少しでも美しくしようと思ったらドレスショップではドレス、ブライダルインナーはインナー専門店で選ぶのがベスト。

既製品と1~2万円、もしくは数千円で体にピッタリのオーダーメイドブライダルインナーが手に入ることもありますよ。

▼ご質問等お気軽にご連絡ください▼

プロのスタッフが回答致します。


関連記事