ピュアネットブログ

オーダーメイドで作り上げる!セパレート、ビスチェそして妊娠5か月からのマタニティ

結婚予算なんでこんなに増えちゃうの!逆引結婚準備とは?

公開日:

結婚式は初めてだらけで不安だらけ!?

 

新婚カップル

はじめての経験!人生初の大きな買い物?何もかもが初体験というのが「結婚式」ですね。

わからないことだらけ・・・だけど新しい生活をスタートするうえで、一つの人生の節目になるのが結婚式です。

結婚が決まりさぁ準備に!

結婚サイトに登録するとスケジュールが簡単につくれます。

その通りの順番でやっていけばいいわけですが・・・

迷い、不安はありませんか?

それは「本当に結婚してもいいのかな?」から始まって「何とか成功して感動的な披露宴にしなければ・・・」になることです。

 

「結婚する」っていう覚悟ができると「会場はどうする?」「ドレスはどうする?」「あれやこれや・・・」

 

新郎に相談しても「君のやりたいとおりにするのが一番!」みたいな何とも味気ない答えが返ってきて気持ちの中では「勝手にやったら」っていう風に聞こえてくることも・・・

 

それでも会場と日程が決まれば、それに向かって動かなければなりませんね

 

ドレス!初めての試着「重かったりきつかったり」

ninoude03

でも綺麗に着こなしたい!そのためにはドレスショップの「親切?」なスタッフさんに助言をいただきながら徐々に決まっていくのが流れです。

ただ、貴女が初めてのことで「知らない」だろうということを前提に商品を進めていくのです。

これはドレスに限ってではありません。会場での打合せも全く同じです。

だからいつの間にか予算がどんどん増えて、気が付いたら最初の見積もりより100万円以上多くなっていた・・・なんて言うことにもなるのです。

ピュアネットで花嫁会を開くと多くの花嫁が口にすること

それは「見えないお金」「1回目の見積もりに100万円はプラスしておいた方がいい」などです。

できるだけ予算を抑えたのにいつの間にかこんなに膨れ上がってしまう・・・そして何とか抑えるために花嫁は「手作り」に走るのです。

そこで「浅草橋」という地名をよく聞きます。
あそこは特にガード下の小さなお店が沢山あって、そこで材料を見つけて着ては夜な夜な手作りに励み、涙ながらの努力の末、予算が若干抑えられ、結婚式に突入!となるわけです。

 

増える要因の大きな点

candle01

まず考えられるのは料理です。
当初1万円のコース料理が提案され「かける人数分」で収まるはずが、コースの写真を見せられたら「え?こんなもん???」となるのです。

これじゃあまりにも招待客に申し訳ないので、プラス3~5千円のコースに変更。

これだけでも料理は人数分を考えると3~5割増しが確定!

次にドレス
紹介されたドレスショップに行ってセットに入っているドレスを見てみると気に入ったものがなく、色々試着してみて検討した結果、当初より5~10万円高いドレスに決定。

しかもアクセサリー、ブライダルインナー、シューズなども必要で結局セットに書いてあったドレスの料金が最終的に倍になっていた。

更に会場のデコレーション、テーブル装花やいすのシートをもっと豪華に!

そして引き出物も引菓子をつけたほうがいいとかでプラス500円から千円・・・

「はぁ~これが見えない予算かぁ」と気が付いた時にはすでに当初予算より100万円オーバー!

予算を削るためにドレスや花、引き出物、カメラマン、司会者を外注しようとすると会場側が「ちょっとまった!持込料がかかります」となってトラブルがたびたび起きるのです。

このページの最後にお話しする「逆引き結婚準備」という方法があります。
この方法ですとかなり予算が抑えられるようになります。

話しが飛んでしまいましたが持込料については会場だけではなく、特にドレスショップでよく聞きます。

どんどんドレスの予算が増えていく中で、見積もりを見ると「ブライダルインナー」が5万円や中には8万円なんて言うところも・・・

ブライダルインナー=ドレス専用の下着です。

misutake01

下着に5万!どう思います?

ドレスやアクセサリーが何十万円単位になっている中でブライダルインナーが5万円

ちょっと安く見えてしまう花嫁が大半で、そのまま契約!

莫大な金額になるのです。

ただちょっと待てよ!です。

下着に5万?

疑問に思ってネットを調べるとその差は歴然!

半分以下でオーダーメイドのブライダルインナーができるとわかると「下着をキャンセル」

しかしドレスショップも「これはセットですから」とか「キャンセルはできません」とか中には「会場側が持込料を取る」なんで信じられないことを言い出すところも・・・

このブログにも書いてありますが、ブライダルインナーは正直ドレスショップのスタッフは「素人」です。
それはブライダルインナーの専門店を尋ねると一目瞭然。

ドレスショップにあるブライダルインナーと違って着心地やトップの位置、カップの浮き、ワキ肉、はみ肉までしっかり対策を施すのです。

しかしドレスショップは「客単価」が大命題ですから「うちのドレスにはうちで用意したブライダルインナーが一番合う」とか「ほかでブライダルインナーを買ってもらっては困る」など訳の分からないことを言い出すところも実際あります。

ブライダルインナーだけでもかなり予算を抑えることができるのに・・・

bridalinner02
そして何より専門店でしっかり採寸してもらい試着したブライダルインナーの方が、はるかに着心地がよくしかもドレスラインが綺麗に出るのです。

結婚式は大手の結婚サイトに自分のスケジュールを作れるコンテンツを持つところがありますが、たぶんこれが私達からすると「まずい」ような気がします。

テンプレートにのっとってみんながみんな進めていって・・・でも「見えないお金」はそこには出てきませんし「当初の見積もりより100万円以上オーバー」になってしまうのです。

ピュアネットからのおすすめはあのテンプレートを逆から進めていくといいのです。

例えば引き出物は最後になりますが、引き出物を会場探しの前から探し始め、会場探しを最後にすると、「持込料をとるとらない」が最初にわかります。

ドレスも同じように、まず自分に合ったブライダルインナーを揃え、それをもってドレス選びに行くのです。
そうなるとドレスショップは自社のブライダルインナーをすすめられませんし、ここでも数万円予算が浮くわけです。

この「逆引き結婚準備」をやるとうまくいくと見えないお金が見えるお金になり、1回目の見積もりが最終見積もりになる可能性もあり100万円増えるなんて言うこともないと思います。

まとめ

これから準備を始める人も、今準備中の人も、今の時点で「逆引き結婚準備」をやってみましょう!全く結婚式自体が変わってくると思います。

 


関連記事

ショーツってブライダル用は必要か?

ブライダルインナーの小物アイテムについて ブライダルインナーの周辺小物アイテムはどこまで揃えればいいのか迷っていませんか? 【必須アイテム】 ブラジャー ウェス