ブライダルインナー比較にならない補正力で評判を倍増する法


下着の補正力で評価評判が変わる

hanayome05

結婚式においてそして花嫁である貴女にとってドレス姿を綺麗に見せるという大前提があってそのためには体型、ドレスシルエットを美しく見せるということが必須条件です。

今の貴女の体型で気にいったウェディングドレスに合わせるには、いかに下着の補正力が大事で、それによって評価評判が変わってくることをもう貴女はご存知だと思います。

 

結婚式はどちらかというと新婦が中心、そして出席者の大半は、貴女のドレス姿を見たいという人たちです。特に第一印象はとても大事です。人は見た瞬間3秒で何らかの判断をするそうです。それは全体像かもしれませんし、細かいところかもしれません。貴女は、その日、その瞬間に合わせて完璧に仕上げなければならないですし、手抜きはできないと思います。

 

 比較にならないほどの補正力

特にオーダーメイドブライダルインナーを取り扱うピュアネットにご来店する花嫁様の多くがかなりドレスにこだわりを持っています。「評価される」「評判になる」わけですからここは完璧な貴女でいたいところですし、そうした花嫁様ばかりが来店します。

オーダーメイドのブライダルインナーは既製品とは比較にならないほど貴女に合った補正力を発揮し、バランスのとれたドレス姿を実現します。

 

ボディメイク3つのポイント

そのために知っておきたいことはボディメイクです。土台が綺麗でなければドレスを綺麗に着こなすことができません。特に花嫁様が気になる、そしてこだわる点は「胸のボリューム(バストアップやバスト抑え)」「左右差のある胸のバランス感」そして「ウエストのくびれ」の3点です。この3点をバランスよく完璧に仕上げることが貴女にとっても評価評判につながるわけです。

 

では、どうすれば3点がバランスよく完璧に仕上がるかですが、そのためにはきっと貴女の頭の中には、この3点が完璧に仕上がるなら多少苦しくても我慢しなければならないのは覚悟していると思っていませんか?

でもそれは大きな間違いです。「我慢する」ということは裏を返せば「ストレスがたまる」ということです。ストレスがたまると当日は自然な笑顔が作れず、貴女の目的である「完璧なドレス姿」の評価、評判は高くなりません。あとでできがったアルバムを見て後悔するかもしれません。

 

前置きが長くなりましたが、オーダーメイドブライダルインナーは既製品とは比較にならないほどの補正力を持っています。それは「ブライダルインナーがきつい痛い苦しい落ちる心配の解決方法」にも書きましたが、こうしたストレスを全く感じず、貴女に合った完璧なボディメイクをするための補正力があるということです。

 

 1、胸のボリューム(バストアップやバスト抑え)

ブライダルインナーこうすれば胸のボリュームはアップする!Aラインのウェディングドレスで大きな胸を抑えたいならで書きましたが、オーダーメイドはアップしたい人に対してはカップサイズをアップしてパッドを入れるという既製品にありがちなやり方よりさらに踏み込んで、カップサイズをアップし、浮いた部分をカップカットやアンダーカットを行った後、初めてパッド出調整するやり方を取ります。

bustier_cut

カップの無いビスチェは大きな胸を抑え綺麗に整えることができる

これによって自然な胸のボリューム感がでて違和感を全く感じないのです。また胸の大きさをあまり前面に出したくない人は、「ビスチェ」というカップのついていないボーンで調整するブライダルインナーがあり、これを作るときに後ろの部分をナチュラルカットで胸を左右に散らしながら大きさを抑えるという手法を取ります。

胸を抑えたいので小さ目のブライダルインナーを着るという既製品により方ですとかえってストレスがたまりますし、綺麗なバストラインはできません。

 

2、左右差のある胸のバランス感

バスト左右差を対象に見せるブライダルインナーの極意公開マーメイドのウェディングドレス胸の左右差が気になるならでも書きましたが、人の胸は左右対象ではありません。どちらかというと左胸が大きな人がほとんどです。

cut01

これは心臓が左についているからという説がありますが定かではありません。既製品の場合、カップに浮きがある右にパッドを入れて調整しバランスを取るというのが一般的です。しかしながらオーダーメイドの場合、カップサイズをワンサイズあげ、左記にようなカップカットやアンダーを詰めるカットなどを多用し、バランスを整えてカップを作り上げ、できるだけ違和感なく左右差がバランスのとれた形になるよう持っていきます。

 

 3、ウエストのくびれ

nipper02人気ブライダルインナーは苦しくないのにくびれが自由自在!ブライダルインナー価格を考えてもこれだけくびれが出るならでも書きましたが、オーダーメイドのウエストニッパーは貴女の身体に合わせて作り上げます。

 

既製品ではくびれを出す場合、締め付けるしか方法がありませんが、オーダーメイドでは写真のようにバックをナチュラルカットという方法でより体型に近いウエストニッパーを作り上げます。

 

kibire-nipper01

またテーブルなど平らなところに置くと写真のようにAのフロントボーンとBのバックボーンがくびれの部分で曲がっていて、くびれの部分のお肉を上下に散らすことができます。したがってこれを着けるだけでくびれができ、ウエストは全く苦しさを感じず2センチ以上、細くなるわけです。

 

 トリプルジョイントで補正をさらにアップ

ブライダルインナーこのほか、ブラジャーのカップはトリプルジョイント3枚ハギを採用しています。多くのブライダルインナーが上下に分かれた2枚ハギのカップである中、わざわざトリプルジョイントにしたのは、トップが高い位置でキープできるためです。これは上下に分かれたカップをの部品をさらに下だけ左右に分けて作ることによってトップをグッと押し上げる効果があるためです。カップをつくる作業工程は倍の時間と金額がかかりますが、ここをしっかり作らなければ綺麗なドレス姿は望めません。

 

ウェディングドレスはダイヤモンドを横から見たようなシルエット「ダイヤモンドシルエット」が綺麗にできるかどうかで決まります。トップが高い位置にありウエストにかけて細くなっていくのが理想のシルエットです。

diamond01

 

「補正力=苦しい、痛い、きついを我慢」ではありません。補正力の理想は苦しくなく楽につけてドレスシルエットが完璧であることなのです。オーダーメイドは既製品とは比較にならないほど高い補正力があります。特に「ナチュラルカット」ができるオーダーメイドがブライダルインナーの中で比較にならなり補正力になることは間違いありません。

 

ある下着の専門誌の編集長がオーダーメイドの下着の販売を手掛けて成功した例はほとんどなく、とても珍しいケースと話していました。

完璧なドレス姿を求めているなら、ぜひピュアネットのようなナチュラルカットのできるオーダーメイドブライダルインナーを探してみてください。すでに5万に以上の花嫁様がこの補正力に感動し購入を決めまもなく6万人に達します。既製品との比較検討をする花嫁様もおります。是非着心地、風合い、トップの高さなど色々な点で比較検討してみてください。

 

まとめ
オーダーメイドブライダルインナーの補正力は既製品とは比較にならないほど高いクオリティがあります。ナチュラルカットで作り上げるため、体にストレスがかからないためです。完璧なウェディングドレス姿になりたいなら一度オーダーメイドをお試しください。


関連記事

ブライダルインナー月間成約率100%の衝撃

11月には、ピュアネット表参道本店に来店していただいたすべての花嫁様にブライダルインナーを購入していただき、月間成約率が100%と信じられない数字を達成すること