ピュアネットブログ

Bカップでいかり肩、ブライダルインナーでバストアップする


 

いかり肩は小顔に見える

 

ninoude01

ウェディングドレスが決まるのは、多くの花嫁様が結婚3か月くらい前です。

 

本来、ブライダルインナーはドレス選びの前に揃えて、自分に合った下着でドレスを合わせていった方がより似合うドレスに巡り合うことができますが、まず花嫁様に伺うと大半は会場が決まるとまずはドレスに目が行ってしまうようです。

 

 でもBカップだと貧弱に見える?

そしてそれからブライダルインナーをどうするか?自分はいかり肩で普段はBカップ、でももう少しバストアップして自然な感じでボリュームをつけないとなんとなく全体的に痩せて貧弱に見えるかも?とちょっと不安になることもあるかもしれません。

 

いかり肩はもともと欧米人に多いといわれています。

まさにドレスはいかり肩の方にはもってこいの衣装です。

逆に和装はいかり肩にはなかなか合わないとも言われていますが、いかり肩の人は小顔に見えやすいという特典?があるようです。

 

 いかり肩で胸のボリューム感を出す

もともといかり肩とは、鎖骨が地面に平行か外側が高くなるVの字になっている人のことを言います。

確かにドレスは見栄えがしてかっこよく見えると思います。

しかし、ウェディングドレスですと、いかり肩である程度バストアップそして胸のボリュームがより美しく見える秘訣です。

 

では、この美しさを作るにはどうしたらいいでしょうか?以前ピュアネットにご来店の花嫁様の中にウェディングドレスはプリンセスでいかり肩、普段Bカップをつけている方がいらっしゃいました。この方がどのように胸のボリュームをアップしたか?そして美しいドレスシルエットを作り上げたかこれからご紹介いたします。

 

胸のボリュームを出したい

ご来店されたのは結婚式の約3か月前、試着したドレスの写真をご持参されました。

アンケートにご記入いただき、色々なブラジャーはじめ下着の悩み、そしてご希望を伺いました。

この方は学生時代バスケットボールの選手で身長は173センチと長身です。そして典型的ないかり肩、見栄えはするのですが、ご本人は胸のボリュームが少ないことにご不満があり、できれば綺麗なふっくらとしたデコルテを作って胸のボリュームを少しでもつけたいとのことでした。

 

確かに写真を見ると、胸の周辺がちょっとさみしい感じでした。

早速採寸をしてみました。トップが85.5でアンダーが72です。その差は13.5ですのでBカップかCカップ。

普段はBカップだそうですが、肩がこるとのことでした。また左右差があるのでバランスよくするにはどうすればいいかの相談もありました。

 

チェストが広く肩幅も広い場合

チェストと言って左右の腕の付け根の幅が34センチと平均より2センチ広く、さらにいかり肩ですので、これでボリュームを出すというのは大変です。

まず、B75のテスターをつけてもらいました。左は綺麗に入りましたが右が若干カップの上辺が浮きます。

ここにパッドを入れると左はかなり張って盛り上がった感じになりますがきつくなると思いましたので、カップサイズをCにし、さらにアンダーは75をつけてもらいました。

 

普段はB70か75だそうですが、見た感じはちょっとつぶれたようにも見えます。

左右差があるのでCの方が普段でもいいというアドバイスをしました。

 

 B70からC75へ

そしてC75です。B70よりカップの深さが広くさらにワイヤーはB75より広くまります。

B75とC70は同じ幅のワイヤーを使っていますので2段階広いワイヤーでアンダーも披露目ということになります。

 

両方ともカップ上辺に浮きができましたので、今度はアンダーを30ミリカットしてC72というブラジャーを作ります。

これでパッドを左はリーフパッド、右にプッシュアップパッドを入れてみました。

 

これによって胸の左右差はほとんどわからなくなり、しかもデコルテがふっくらとし、全体的にボリューム感が出ました。

 

 ウエストニッパーはナチュラカットでトップに高さが生まれた

nipper02

そしてウエストニッパーですが、身長があって体型が逆三角形でヒップが小さ目です。

 

この場合、筒型のウエストニッパーですとお腹より上がきつくなってしまいます。

早速、あまり角度のないA字のナチュラルカットで仕上げることにしました。

筒の上が若干広めのウエストニッパーに仕上げるのです。

 

テスター段階で、着けたC72のテスターでウエストニッパーをSサイズの丈の長いLつまりSLサイズをご用意しましたので、縦のボーンがカップをグッと押し上げてさらに高さが出て綺麗なドレスシルエットが出来上がりました。

 

身長があり、いかり肩で肩幅もあるので全体的に欧米型で迫力のあるメリハリボディに見えました。

外国の女優さんがレッドカーペットを歩く姿が目に浮かびました。それほど小顔で美しいスタイルに出来上がったのです。

white02

個の体形に自信を持って、お色直しは淡いピンクのマーメイドラインに変更したそうです。

たぶん身長があってお似合いだったのではないでしょうか?

 

ポイントはいかり肩でチェストが34センチあるため、できるだけ幅の広いワイヤーのブラジャーを選び、そこからカットしながら作ったということと、もう一つはウエストニッパーをナチュラルカットで仕上げたことで、トップに高さが出たということです。

 

これで完璧なドレスシルエットが完成したわけです。

 

 

まとめ
いかり肩でBカップの花嫁様は、まずチェストがどれくらいかを正確に把握してブラジャーを作ることです。

バストアップもできますし、綺麗なドレスシルエットが完成します。


試着予約ネット受付!


採寸していないので自分のサイズが正確でない

着心地がよくわからない

オーダーと既製品のブライダルインナーの違いが判らない

もしこうした不安や悩みがあったら・・・



今すぐ申し込む

関連記事