下着でウェディングドレスを綺麗に見せる気になる招待者心理


ブライダルインナーで招待客の見る目が変わる

ドレス姿はもう完璧ですか?
招待者の皆さんは自分をどんな風に見るのか気になりますよね。

じつは、招待客の皆さんは結構色々チェックしているんです。

もし、くびれが綺麗に出せなくて、インナーが苦しくて・・・などの悩みがある方は要注意です。

結婚式の主役は花嫁ですから、新婦の心理ってかなりゲストに伝わるものです。
特に、いつも職場で仲の良い同僚や学生時代の友人たちには貴女のちょっとした晴れない気持ちが伝わってしまうことでしょう。

ちなみに、どなたかの結婚式にゲストとして参加したとき、新郎の衣装、新婦の衣装どちらを覚えていますか?
たぶん新婦の衣装は鮮明でも新郎は何色のどんな衣装だったか記憶が薄れているのではないでしょうか?

それほど結婚式では新婦のウェディングドレス、カラードレスは印象深いものなのです。
それだけに招待者は貴女のしっかり色々なところを見ているのです。

「綺麗だったな」
「素敵」

そう思ってもらうためにも、過去に私が経験したことを踏まえていろいろな注意点を上げていきたいと思います。

挙式は3か所が要注意

futari09
まず、基本的なところを大まかにまとめていきますね。

結婚式は挙式から始まります。
洋装(ウェディングドレス)での挙式の場合は、入場から牧師(神父)の前に二人が進みます。

その時、参加者の目線は二人の後ろ姿、特に新婦の後ろ姿に注目が集まります。

あまり普段から後ろを気にすることが少ないせいか、まず背中にニキビ吹き出物がある方は結構多いです。

毛の処理をしていなくて産毛以上の毛が生えている花嫁もいました。

できれば1か月以上前にエステなどに相談して、肌のケアやシェービングなどのスケジュールを立てて対応しましょう。

勿論ピュアネットでも、エステのご相談には乗ることができるのでぜひご活用ください。
(一部の店舗を除く)

背中にシワ?

背中の話はもう1つ。
背中に縦のしわができている人もいます。

自分では気が付かないのがつらいところです。
これは、合わないブライダルインナーでバストを抑えようとするときやウェディングドレスがきつい時に起こる現象です。
どうしても背中に縦のしわができてしまうのです。

特にネットやドレスショップで出してきてくれた合わない下着ではよく起こることですが、ゲストには「きついブライダルインナーをつけているんだな」「あのスタイルはブライダルインナーあってこそか」と思われてしまうのです。

後ろ姿のくびれ

そしてゲストの注目ポイントは「くびれ」
特にサイドバックのくびれです。
前から見ると完璧なくびれが見えていても、後ろから見るとくびれがあまりわからないことがあります。

これはスリーインワンやバックを考えていないウェストニッパーでよく起こることです。

教会式での挙式は後ろ姿の方が長い時間招待客に見られています。
前と同時に後ろにも注意しましょう。

披露宴ではどんなところを見ているのか?

次に披露宴での注目ポイントです。
披露宴に入ってからは、入場からメインテーブルまでたくさんのゲストが花嫁を見ます。

遠巻きなので細かいところはわかりません。
この時招待客はトータルな雰囲気をじっくり見ています。

完璧にしあがっているウェディングドレス姿に感動する友人知人も多くいます。

再入場直後が最大の山場

candle01
問題はこの後です。
お色直しから再入場そしてキャンドルサービスが行われる時です。
カラードレスAライン大きな胸のワキ肉が消えるかも?でも書きましたが、招待客との距離が一番近くなるのは、この時なのです。

新郎は花嫁のくびれに手を回します。
みなさん、その新郎の手元に注目します。

各テーブルに近づくと笑顔を見て拍手お送り、お辞儀をしたときに貴女のスタイルを確認、その時ドレスのしわがあると目立ちますし、デコルテなんかもよくみられるポイントになるわけです。

女性の目は敏感

私が出席したある結婚式でも、同席した新婦の友人たちが最初の入場の時から視線は新婦に釘づけになっていた式がありました。
というより入場前から「挙式の時のドレスの裾が結構長めだ」とか「ベールはもっと長い方がよかったんじゃないのかな?」「ティアラしてない」など、もう言いたい放題でした。

特に女性の目は本当に厳しいです。

ピュアネットのスタッフが結婚し、その時招待されましたが、「あの子あんなに胸あったっけ?」「くびれがすごいけど痩せたのかな?」「あんなにスタイルよかったっけ?」など特にお色直しで退場する際は拍手をしながらみんなで新婦のドレス談義でした。

そのあとも食事をしながら「レンタル」「オーダー?」「カラードレスは何色?」「高そうだよね」など終始ドレスの話ばかり。
女性の話題は新婦のドレスがメインになっているようです。
ちなみに男性は顔とスタイルがメインとか・・・。

「美人でいいな」「いい子そうだね」なんて会話がなされているのです。

司会を引き受けた時

以前、ピュアネットのお客様からブライダルインナー以外の相談をお受けしていたことがあります。

そうすると、プロデュースも含めて司会をしてほしいとお願いされたことがありました。
私は、以前にも何度か司会の経験は合ったので、快く引き受けることにしました。

そんな彼女のブライダルインナー作りの時の話をしたいと思います。

彼女は私に「寸胴でおしりが大きいんです」とよく話していました。
胸のサイズはいつものブラジャーがFかGカップ。

ブライダルインナーではFカップをつけてみましたが、パンパンでカップをやめてビスチェにしました。

princess01

彼女の希望は「胸を抑えてウェストにくびれをだし、ヒップをすっきりしたい」というもの。ウェディングドレスはプリンセスラインでした。

プリンセスはバストにはある程度のボリュームがあることが美しく着ることの条件ですが、ボリュームがありすぎると逆に下品になってしまうのです。

そして、ふわっとするスカートを目立たせるためには「くびれ」がとても重要です。

まずは大きな胸を抑えて自然な感じのボリュームに仕上げる必要があります。
そのため、ビスチェの2番目に小さいサイズを出してバックからナチュラルカットで全体的に30ミリの縦カットにしました。

縦カットしたことにより後ろでフックを留めたときに背中に縦しわが寄らないぎりぎりの締め具合にすることが可能になりました。

オーダーメイドでないとこうはいかないと思います。

これで、胸を左右に散らして調整すると自然で綺麗なバストのラインの出来上がりです。

bustier_cut

次はくびれに取り掛かります。
ウェストニッパーはMサイズですが、丈があるのでMLサイズに変更して着けてもらいました。

簡単にくびれが出て本人は大喜びでしたが、ローウェストにきつさを感じたそうです。

試着する分には問題ないと思いますが、結婚式の長い時間を考えるそれではストレスが溜まります。
結婚式は3時間程度ですが、花嫁はもっと早い時間から準備をし、もしかしたら2次会までブライダルインナーをつけていないといけないのです。

そこでV字のナチュラルカットをいたしました。
テスターは後ろに縦6つのフックが並んでいますが、ハイウェストをきついところから2つ目、ローウェストをきついところから4つ目に合わせてカットしていくことに。

これでローウェストのきつさは全く感じず自然なくびれが綺麗にできるようになったのです。

フレアパンツからガードルへ

ranjery_gardle02

最後におしりまわりです。
フレアパンツをピュアネットオリジナルのヒップアップ効果の高いブライダルガードルにします。
これで完璧なボディメイクとなりました。

この花嫁様は銀座のレストランを借りてのレストランウェディングです。
招待客が全員着席して二人の登場を待ちます。
入場を促すとスポットライトが当たり二人が大きな拍手とともに入場してきました。

丁度司会の前が新婦の友人たちの席。
入場前からとにかくドレスの話でもちきりでした。
入場の瞬間聞こえたのは「すごーい」の連発です。

ビルチェにしたことで胸のボリュームが抑えられしかも自然なボリュームに見えます。
さらにウェストのくびれがモデルを思わせる深くくびれているのが一目でわかります。

ビスチェは、完璧に仕上げるとメリハリがきいてドレスシルエットが完璧に仕上がりますが。
この時の花嫁様は全く「寸胴」とか「おしりが大きい」ということを感じない見事なスタイルでした。

自信みなぎるスタイルに

ここまで完璧に仕上げると逆に本人の自信が前面に出るので、周りが共感します。
最高の自分を自分自身で感じているのですから、立ち振る舞いもそれ相応になるのです。

“美人オーラ”を感じるといえば分かりやすいでしょうか。
そうなるとスタイルがとか胸のボリュームとか細かいことが招待客は気にしなくなります。

それよりなによりメリハリの利いたドレスシルエットに感動し「絶句」してしまうのです。

この花嫁様は人前式を取り入れた1.5次会でしたが、二人が誓いの言葉を述べると自然と会場からは拍手が起こり、目の前にいた新婦の友人の何人かは感動で涙ぐむ人もいました。
それほど彼女に感動を覚えたのではないかと思います。

途中ブーケプルズをやったりファーストバイトがあったり本当に楽しい結婚式でした。
彼女の友人たちはスタイルの良さが相当気になったようで最後の最後まで「ダイエット絶対やってるよ」とか「もっと太かったよね?」「こんなに綺麗だったんだね」とかとにかくスタイルの話ばかりが聞こえてきました。

招待者の心理というのは、ウェディングドレス、カラードレスをいかに完璧に着こなしているかで全くとらえ方が変わってきてしまうものです。

そのためにブライダルインナーは非常に重要なんです。
下着は「見えないからなんでもいい」という考えでは、オーラを出すことはできないと断言します。

まとめ

新郎より圧倒的に新婦が注目されます。
ウェディングドレスの土台をつくるブライダルインナーは、花嫁を輝かせる重大な必需品です。
効果的なブライダルインナーで、ウェディング姿を完璧に仕上げましょう。

▼ご質問等お気軽にご連絡ください▼

プロのスタッフが回答致します。


試着予約ネット受付!


採寸していないので自分のサイズが正確でない

着心地がよくわからない

オーダーと既製品のブライダルインナーの違いが判らない

もしこうした不安や悩みがあったら・・・



今すぐ申し込む

関連記事