種類別ブライダルインナーの購入時期、いつ頃が妥当なのか?


購入時期ってあるのか?

ブライダルインナーは結婚準備中どのタイミングで購入するべきなのかご存知でしょうか。

ドレス選びの前?ドレスが決まったら?それとも結婚式の直前?

ブライダルインナーの存在に気が付いたのはドレスを試着した時だという人もたくさんいるので、ブライダルインナーを購入するのに適切な時期なんてあまりわかりませんよね。

以前にもブログで一度書きましたが、もう少し詳しくここで書かせていただきたいと思います。

今日は【ブライダルインナーを購入するベストなタイミング】についてまとめていきます。
これから結婚式を挙げる花嫁様たちはぜひ最後まで読んでくださいね。

まだ早いから今度にします

ピュアネットに来る花嫁様の中では、「まだ早いから」といって試着だけしてお帰りになる花嫁様がいらっしゃいます。

結婚式が3か月以上先なので、もっと直前に購入したいとのこと。
皆様言われるのが「これからダイエットをやって痩せるので、直前になったら買いにくる」というものです。

しかしですね、万が一痩せてしまってもドレスは変更できませんよね?
ブライダルインナーだけ直前に購入しても、ドレスがあっていなければちぐはぐです。

確かに花嫁様の目標として「体型の変化」はあると思います。

結婚式までに3キロ痩せました、痩せたい、という話はよく聞きますし、実際に友人たちが痩せて綺麗になって結婚式を迎えた姿を見ると、「自分も痩せて綺麗になるんだ!」と思うようにもなることでしょう。

購入時期の理想はドレス選びの前

それでは早速本題です。

ブライダルインナーはいつが最適な購入時期なのでしょうか。

じつは、本当にベストなタイミングはドレス選びの前に購入することなのです。
この理想をわかっているドレスショップは、「ご来店前にブライダルインナーをご持参下さい」というと思います。

また、「もしなければ当日お貸しします」というところもあるでしょう。つまりドレスショップでもブライダルインナーはドレス選びの前がいいというのがわかっているのです。

ただ、ブライダルインナーによっては「条件」が異なります。
直前で購入しなければならないブライダルインナーもあるのです。

条件とは「オーダーメイドかオーダーメイドではないか」です。
この2つによって、ブライダルインナーを購入するタイミングは大きくずれます。

ブライダルインナーは4種類

ブライダルインナーは大きく分けて4種類(セパレート、スリーインワン、ビスチェ、マタニティ)あるります。
購入時期はマタニティ以外ならベストなタイミングは同じです。

オーダーか既製品かで購入時期が全く変わる

ブライダルインナーは、先ほども言ったようにピュアネットのようにオーダーメイドを扱っているお店と既製品を扱っているお店があります。

ネットショップは大半が既製品です。
何度もいいますがブライダルインナーを購入する最高のタイミングは「ドレス選びの前」です。
ドレス選びの前にブライダルインナーを購入して、ドレス選びで合わせることにより、当日さながらの最高のプロポーションでドレスの試着ができるのです。

反対に、ブライダルインナーがないと「鏡に映る自分の姿がいまいちだな、想像と違うな」と思い、自分に合うドレスを探すために何時間も時間を費やす羽目になることもあります。

jiki01

しかし、ブライダルインナーが既製品の場合は、ダイエットして痩せた場合は着ることができません。

上の表はブライダルインナーの種類別で最適な購入時期を記した表です。
緑の範囲が最適な購入時期になります。

オーダーメイドの購入時期が広いのは、購入後体型が変化しても修正がきくからです。ま
た既製品を取り扱っているブライダルインナーの専門店の中には、修理修正ができるお店もあるからです。

つまりオーダーメイドや修正ができる既製品であれば、理想であるウェディングドレスを選ぶ前に購入することができるということですね。

さらに、ピュアネットのブライダルインナーは、後ろのフックを縦3列で用意しています。もしも結婚式直前に痩せても、一番きつめのところに留めるだけでOKなんです。
フックの目安は体重の±5キロと言われています。
プラス5キロまでなら一番緩めのフック、マイナス5キロまでなら一番きつめのフックでたりてしまうのです。

しかも、ピュアネットでは5キロ以上痩せたり太って合わなくなった場合でも、結婚2週間くらい前までにお持ちいただけば修理をすることができるんですよ!

これなら、ドレス選びの前に購入しても安心だということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

修正修理のできない既製品は1か月前に

しかし、既製品をする方は「ドレス選びの前に購入してはダメ」です。
既製品の購入は、できるだけ体型に変化がない結婚式直前の1か月前くらいからがベストだと思います。
しかし、そうなるとブライダルインナーを着てのドレス選びができないのであまりおすすめではありません。

ネットの既製品購入の注意点

またネット通販でブライダルインナーを購入するは注意事項があります。

ネット通販で購入する場合は、デメリットが非常に多いです。

  • サイズが合わない
  • 交換返品で時間がかかる
  • 返品交換がダメなところもある

メリットは

  • 安い

ということですが、安かろう悪かろうが当てはまるものの方が圧倒的に多いです。

ネットでの購入方法詳しくはこちら↓
【ブライダルインナー専門店・ネット2者選択で迷ったら】
【ブライダルインナーの相場って・・・ネット編】

マタニティに関して

マタニティに関しては、結婚式を行う時期が妊娠何か月かにもよりますし、体型によっても変わってきます。

とくに、妊娠5か月以降に結婚式という方は、できるだけお腹を締め付けないようなブラキャミソールにしなければなりません。

マタニティのオーダーメイドはブラキャミソールなどはありませんので、妊婦さんはできるだけ結婚式に近い時期(上図参照)にブライダルインナーを購入するようにしましょう。

まとめ

ブライダルインナーの購入時期は修理修正可能なオーダーメイドと調整のきかない既製品とでは全く異なります。
本来のブライダルインナーでは、「ドレス選びの前に購入すること」が理想ですよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です