ドレスショップの店員よりインナーが詳しくなる4つの実践法

ブライダルインナー全般, ブラジャー, 下着について, 大きいサイズ


式場が決まったらドレス選び♡・・・でも本当はその前にしたいことがある

futari01結婚が決まったとなると、メインイベントは“結婚式”ですね。

自分たちにぴったりの会場を探すのはなかなか大変だと思いますが、幸せの門出ですから妥協せずに2人にとってベストな場所を考えていることでしょう。
そして、とくに女性にとっては会場を選ぶのと同じくらい大切なことがあります。

そう、ウェディングドレス選びです。

一生の間に一度しか着ることのできないウェディングドレスですから、花嫁様は絶対に素敵なものを着たいはず。

最近では式場の下見に行った際にドレスの試着を進めてきて、ドレスの良し悪しで会場を決めてもらおうとする式場も多いようです。

はじめてのウェディングドレスは感動して多少の違和感は感じないと思いますが、結婚雑誌を買って品定めをし、ネットでも検索してじっくりどんなデザインがいいか検討、そしていざ会場が紹介てくれたドレスショップへドレスを決めに行くと・・・。

「なんだか思い描いていたものと違う」

そう思う花嫁様が実に多いのです。

あらかじめ言っておいた自分のサイズと好みのデザインをドレスショップのスタッフが数着用意しておいてくれるため、デザインの問題ではありません。

一緒に行った新郎も自分のタキシードや靴を選び、あなたのドレス姿を見て「綺麗だね」といってくれることでしょう。

スタッフも「お美しいですよ」と褒めてくれるため、「こんなものなのかな、式当日になってメイクとか髪型をきちんとすれば大丈夫か」とわずかに感じた違和感を流してしまうのです。

感じた違和感は間違いではない!

ピュアネットに訪れたほとんどの花嫁様が「ウェディングドレスを着た自分があまりきれいでなかった、思い描いていたものと違かった」と言います。

ピュアネットが定期的に行っている“花嫁会”に参加した花嫁様の一人は「40着以上のドレスを着て、全ての写真をじっくり検討したけど理想とは違った。自分のスタイルには自信があったから、これはドレスのせいではなく、インナーのせいだと気が付いた」と言っていました。

まさにその通り。

ウェディングドレスを美しく見せるためにはブライダルインナーが重要なのです。

今日は「ドレスショップの店員よりインナーが詳しくなる4つの実践法」をご紹介していきたいと思います。

[blogcard url=”http://www.nayome.com/blog/bracup150317”]

インナーに関した4つの常識

以前「ブラジャーの選び方を根本から変えてみるとストレスが消える」でも書きましたが、ドレスショップのスタッフを含めて、ブラジャーの選び方を間違っている人がとても多いです。普段、ブラジャーを選ぶときにも参考になる4つの常識は以下になります。

  1. ドレスショップのスタッフもインナーに関してはまったくの素人
  2. 採寸をせずにブラジャーは買うべきではない
  3. アンダーがきつくなったらカップサイズをあげる
  4. もし中間値(カップがCでアンダーが77~8cmなど)の場合大きい方を選ぶ

この4つを覚えておけば貴女はきっとドレスショップのスタッフよりインナーには詳しくなるはずですよ。1つずつ詳しく詳細をご説明していきます。

1.ドレスショップのスタッフもインナーに関してはまったくの素人

ドレスショップのスタッフは、ドレスの教育は徹底的に受けますがインナーの教育はあまり受けていません。

受けているところもあるでしょうけど、時間をかけてじっくりとというところはまれでしょう。
なぜなら、ドレスは数十万円、インナーは数万円だからです。

もし貴女がジュエリーショップの店員だとしたら、ジュエリーのケースの勉強ってジュエリーと同じくらい時間をかけて勉強しますか?答えはNOです。

基本的なことはさらっと分かるかもしれませんが、少しでも突っ込んで聞かれたら全く分からないはずです。
なぜなら、ジュエリーとジュエリーケースが全く違う商品なように、ドレスとインナーも全く違う商品だからです。

素敵なジュエリーが欲しいからジュエリーショップへ行きますが、こだわりのジュエリーケースがほしいならジュエリーケースの販売店へ行きますよね。
ジュエリーショップで売られているジュエリーケースは、品数が少ないうえに値段も高いです。

ドレスとインナーの関係性も同じことが上げられるというわけです。

ドレスショップに行ったら、「いつも着けているインナーのサイズはなんですか?」と聞かれてそのサイズのインナーが出てきます。
ひどいところなんて採寸すらしません。

これが花嫁様にとってベストなインナーでないことは、少し予備知識を持っていれば誰でも分かることです。

2、採寸をせずにブラジャーは買うべきではない

これはこのブログでも何度も書いてきたことですが、花嫁様に「ブラジャーのサイズをいつ採寸しましたか?」と質問すると「3年以上前」とか「記憶にないくらい前」と答える人が圧倒的に多いです。

ここをご覧のあなたはいつ自身のブラジャーのサイズを測ったか覚えていますか?
「つい最近、下着専門店で測った!」という人も服の上からなのではないでしょうか。

服の上からでは正確なサイズは測れません。

しかも、ブライダルインナーとなれば測らないといけないのはブラジャーだけではないんです。
ウェストもですね。
いくらドレスを自分のサイズに合わせても、ブライダルインナーのウェストがぶかぶかならくびれもできません。

バストがカパカパだと、結婚式の間中、ドレスの胸元を自分で引き上げなくてはならなくなってしまうのです。

3、アンダーがきつくなったらカップサイズをあげる

ここからはオーダーメイドのブライダルインナー専門店のノウハウを十分にお伝えしていきたいと思います。

ほとんどの人が「なんだかブラジャーがきついな」と思うと計測をしないままアンダーサイズを大きくします。C65をC70にしてしまうのです。
そうすると、カップからバストがはみ出している人や、バストがブラジャーで押さえつけられてぺちゃんこになってしまうことになります。

ピュアネットにブライダルインナーを購入しにくる花嫁様の中だけでも、ほとんどの方のバストがこの現象に陥っています。
Bの75と申告してきた方がE65だったなんて信じられないような話もたくさんあるんですよ。

ピュアネットではまず、申告サイズを伺いますが大まかな参考にするだけでその後きちんとトップ、アンダー、ウェスト、ヒップと採寸します。
採寸した数字通りのサイズを試着していただきますが、万が一カップは合っていてもアンダーがきつい場合は、アンダーを上げないでカップサイズをあげます。

C65できつい場合はD65、E65と上げていくわけです。

普段使っているブラジャーがきつかったら、アンダーはそのままでカップサイズをあげてみましょう。

[blogcard url=”http://www.nayome.com/blog/bracup150317”]

4、もし中間値(カップがCでアンダーが77~8cmなど)の場合大きい方を選ぶ

既製品の場合、採寸してもアンダーが67とか72とか78とかジャストサイズがない場合もありますよね。
そんな時は、中間値より大きいサイズを選びましょう。

ピュアネットでは中間値の場合、よっぽどのことがない限り中間値より小さい方はご提案しません。
なぜなら、カップが多少浮いてしまったとしても、パッドを入れて整えたほうがアンダーをきつくして無理やりカップに収めて作るより圧倒的にきれいだからです。

しかし、素人目線だと中間値よりも低くしてしまう方が多いです。

「きつめを買って細く見せる」、「ダイエットして痩せるから」なんて考えてしまうのだと思います。

しかし何か購入するときは未来を考えるのではなく、今の状態を考えるのがベスト。
その時一番きれいに見せるにはどれがベストかを考え、プロのやり方を取り入れるべきなのです。

まして結婚式のウェディングドレスは一生に一度の大切なお披露目。
最高のものに仕上げるためには素人目線ではなく、プロの「ボディメイク」が必要不可欠になってくるというわけですね。

ただここで注意しなければならないことがあります。

チェストというのをご存知でしょうか?

ピュアネットはトップ、アンダー、ウェスト、ヒップともう一つチェストを測ります。
チェストは、腕の付け根の内側のワキとワキの幅を言うのですが、この長さによっては違った判断が必要になる時があります。

理由は定かではありませんがチェスト32cm以下の場合(32cm以下の人はあまり多くありません)は上記の中間値よりアンダーの大きいサイズを選ぶのではなくどちらかというとアンダーを中間値より下げてカップサイズをあげます。

なのでチェスト32cmの花嫁様は実はサイズが非常に難しいのです。

プロからみても判断が難しいのですから、ドレス専門店のスタッフやご自身ではぴったりあったインナーを見つけるのは不可能に近いと思っています。

チェスト32cm以下か以上かが、ブラジャーのサイズを選ぶ際の分かれ目になるということを覚えておいてください。

これだけ覚えておけば、もうドレスショップの店員よりインナーについて詳しくなっているはずです。
ブライダルインナーを購入するときは、ブライダル専門店がベストなのだと分かっていただけたかと思います。

普段使いのブラジャーを購入するときにはこれを参考にしてみてくださいね。

まとめ

・ドレスショップのスタッフはインナーに関しては素人
・ブラジャーは必ず採寸する
・アンダーがきつくなったらカップサイズをあげろ
・もし中間値(カップがCでアンダーが77~8cmなど)の場合大きい方を選ぶ
・ブライダルインナーは専門店で専門スタッフから購入する

ブライダルインナーだけでなく、普段使いの下着でもこの原則を知っていればTシャツ姿でもドレス姿でもスーツ姿でも様になると思います。是非実践してみて下さい!

参考ページ
ブラジャーの選び方を根本から変えてみるとストレスが消える

▼ご質問等お気軽にご連絡ください▼

プロのスタッフが回答致します。
[contact-form][contact-field label=’名前’ type=’name’ required=’1’/][contact-field label=’メールアドレス’ type=’email’ required=’1’/][contact-field label=’コメント’ type=’textarea’ required=’1’/][/contact-form]