Fカップが窮屈な花嫁がプリンセスラインを見事に着こなしたワケ


プリンセスドレスは胸にボリュームがありすぎると・・・

もうすでにウェディングドレスは決まりましたか?
式の前にダイエットをしたり、ブライダルインナーや小物を用意している時期かもしれません。

でも、ドレスの仕上がりが気になりませんか?
普段からブラジャーはFかG。ブラジャーで何とか胸を抑えないとせっかくのウェディングドレスのプリンセスラインが台無しになるかも・・・とお悩みの方に【胸を自然と抑える方法】をご紹介していきたいと思います。

ダイエットしなくても胸を抑えて自然な感じにするには

胸が大きい人は、どうすればプリンセスのドレスシルエットが綺麗に出せるのでしょうか。

おしりが大きくても下半身はかなりボリューム感のあるドレスなので問題ありませんが、その分上半身はできるだけ細く見せないとバランスが悪くなってしまいます

そのためには胸を抑える必要があるのです。

胸を自然と抑えるには、ドレスの下に着るブライダルインナーを一工夫しましょう。

人気なプリンセスライン

ブライダルインナー購入時アンケートでドレス選びのトレンドがわかったでも書きなしたが、Aラインの次に人気がプリンセスラインです。
花嫁様の3人に一人はプリンセスというくらい人気があります。

ピュアネットでは胸の大きな花嫁様でプリンセスを選ばれた人もこれまでもたくさんお見えになりました。

そんな経験から言わせていただくと、プリンセスラインはあまりにも胸を強調しすぎると、あまり綺麗に見えません。
そして、大きなお胸を不自然に抑えてもこれもまた見栄えがよくないのです。

ではどうすれば、自然な感じにお胸のボリュームを抑え完璧なプリンセスラインを着こなすことができるのでしょうか。
これまでブライダルインナーをお作りした例を挙げてご紹介したいと思います。

チェスト43センチとは???

昨年の暮れに普段のブラジャーはFかGカップという花嫁様がご新郎と一緒にピュアネットに来店くださいました。
大柄で笑顔がとてもチャーミングな花嫁様です。
旨でだけではなく全体的に大きく、身長が163センチ、チェスト(両腕の付け根の内側)幅が43センチでした。

ピュアネットではチェストの平均が32センチと設定していますので11センチも大きいことになります。

そして、トップが111、アンダーが95、ウェスト100、ヒップ108でした。

この花嫁様のドレスはプリンセスラインです。
試着のお写真を見せてもらいましたが、やはり胸回りがかなり前に出てしまってバストの下がドレスの生地が折れて線ができている状態です。
くびれはほとんどありません。

当時のことを伺うと、その写真は普段使っているブラジャーをつけて試着したそうです。

そして不安そうに「くびれはできますか?」と聞いてこられました。
こうした状態でもピュアネットではかなりのメリハリボディを作り上げることができます。
そういったらとても素敵ホッとした笑みを浮かべたのが印象深かっです。

Fカップはあきらめてビスチェに

まずご本人にはF80のブラジャーをつけてもらいました。
しかしカップ上辺が盛り上がり、アンダーがきつすぎてかなり痛いということです。
本当はセパレートが欲しかったそうですがこれを見てあきらめました。

アンダーをスーパーフックで伸ばしてつけるという方法も試しましたが、ご本人からビスチェにしますとお申し出があり、変更することにしました。

ピュアネットにはスーパービスチェという大きめサイズの花嫁様向けのサイズの違うブライダルインナーが5種類あります。
DカップからJカップくらいまで対応がきくものです。

bustier_cut
サイズを見てまず3番目の中間のビスチェをつけてもらいましたが。
これによりトップは綺麗になったのですが、アンダーが今一つ綺麗にできません。
そこで、S4という4番目に大きなビスチェをつけてもらうことにしました。

胸がすっぽり収まりましたがバックが緩かったために、フックの位置が一番きつい位置から一つ外側で縦カットのナチュラルカットで仕上げることにしました。

これですと先ほど見た、試着の写真のよう“お胸が強調されカップ下に横線が出る”心配はありません。

デコルテがとても綺麗に仕上がったのを見て、花嫁様はその場でお写真を撮っていました。
あとは左右の胸を少し散らす程度で後ろを絞めれば非常に綺麗なラインができることになります。

くびれを深くさらに裾を広く

今度はウェストのくびれです。
プリンセスラインはなんといっても「くびれ」が重要です。
何度かくびれがゆるゆるだったり、ウェスト周りにしわが寄ったりした花嫁様を結婚式で見たことがありますが、これでは台無しです。
やはりくびれは深い方が綺麗なのです。

この花嫁様ですが、身長も高いことからウェストニッパーはLサイズの丈が長いLLをご用意し、着けていただきました。
nipper02

ピュアネットのウェストニッパーは、テスター段階で後ろのフックが縦6列になっています。
きつめのご要望がありましたので、一番きつい位置から2番目を縦に着けてみましたがウェストにはかなり綺麗なくびれができた反面、ローウェスト(ウェストニッパーの裾の部分)がきつい感じというご指摘がありました。

そこで、裾に向かって広がりのあるV字のナチュラルカットをほどこすことにしたのです。上はきついところから2番目、下はきついところから4番目の斜めのカットです。

これによってかなり深いくびれが出る割にはローウェストが楽で座っても全くきつさを感じないウェストニッパーが完成しました。

ビスチェにするとメリハリがきく

この花嫁様、は注文の日にドレス合わせがあるということで、まずはテスターをお貸ししました。

レンタルしたテスターを返却しに来たときに、ピュアネットのビスチェをきてドレスを合わせたお写真を見せていただきましたが、前から見た感じ胸を抑えているようには見えず、横からのお写真もあまりお胸が大きく前に出た感じには見えませんでした。

ご本人は納得して3週間後出来上がりを試着してそのままお帰りになりました。

ビスチェは体型が大きく、胸もサイズがなかなかないほど大きいという方に得におすすめです。
ウェストニッパーと組み合わせて着ることで、胸を自然に抑えながら深いくびれを作りメリハリがきくドレスシルエットを作り上げてくれるのです。

こうした大きいサイズのブライダルインナーを探している花嫁様はかなりいるだろうと思います。
ブライダルインナーのサイズが合わなく、泣く泣く普段使っているブラジャーで結婚式に臨む花嫁様はちょっと待ってください!

是非、お近くのピュアネット全国で定期的に行われている試着会でお試しいただければと思います。

まとめ

大きいサイズの花嫁様は、無理してカップを使って抑えるより、ピュアネットのスーパービスチェのようにボーンだけのビスチェがおすすめです。
予想以上のメリハリがきいたドレスシルエットができあがります。

▼ご質問等お気軽にご連絡ください▼

プロのスタッフが回答致します。


試着予約ネット受付!


採寸していないので自分のサイズが正確でない

着心地がよくわからない

オーダーと既製品のブライダルインナーの違いが判らない

もしこうした不安や悩みがあったら・・・



今すぐ申し込む

関連記事