ピュアネットブログ

オーダーメイドで作り上げる!セパレート、ビスチェそして妊娠5か月からのマタニティ

マタニティ用ブライダルインナーの必要な時期とポイント

公開日:

できちゃった婚、授かり婚、マタニティ用ブライダルインナー

maternity02

できちゃった婚、授かり婚で大変なのがまずは、毎日の下着です。

 

いつごろから妊婦用の下着にすればいいのか?妊娠何か月から揃えればいいのか?

 

それが出産までの間に結婚式が重なった場合、どうすればいいのか?です。

 

全く見たこともない下着をネットで検索して探し、さらにブライダルインナーまでどうしなければならないというのを決めるのは至難の業です。

 

かなり多いのが、結婚式が決まってから妊娠が発覚!結婚式の日時を考えるとドレスも選びなおさなければならないなど余計な時間がかかってしまいます。

 

マタニティインナー簡単な知識

ただでさえ「結婚式」という大舞台で大変な準備だというのにさらに「神は試練を与えた」ではないですが、準備がもっと複雑になってきます。

 

また妊娠すると女性は体型がどんどん変化し、出産に備えるための体に変わります。

 

特にできちゃった婚、授かり婚の花嫁様は何から何まで初めての体験です。

 

それに備えて知識を養っておかなければならないというのはかなりのストレスになります。

 

少しでも準備の負担を軽くしたいというならこれからお話しすることを読んで、ある程度の知識を身に着けておきましょう。

 

また、マタニティ用のブライダルインナーは結婚する時期が妊娠何か月かで全く選ぶものが違います。

 

購入時期と合わせてどんなものを選べばいいのかをこれから書きます。

 

 妊娠5か月から体型は大きく変わる

002

マタニティ用のブライダルインナーは妊娠5か月が目途、つまり結婚式が妊娠5か月以前か以降かで選び方が変わってきてしまいます。

 

例えば結婚式が妊娠3か月くらいでしたら、つわりが大変ですが、特に妊婦用にすることもないといわれています。

 

ただ、お腹が目立ち始める3か月を過ぎて5か月くらいまでの結婚式には、ブライダルインナーは通常のものではちょっと厳しくなります。

 

これは人によって早くお腹が大きくなってくる人、そうでない人の差が大きくなるからです。

 

 スーパーフック

FullSizeRender_500この場合、一体型のスリーインワンは、マタニティには適していません。

 

やはりブラジャーとウェストニッパーが分かれたセパレートタイプにしましょう。

 

ピュアネットでは、ブラジャーも、ウェストニッパーも後ろのフックをつなぐことができる「スーパーフック」をご用意しています。

 

普段は縦3列ですが、このスーパーフックを使えば、6列9列・・・とつないでいくことができます。

写真はブラジャー用ですが、13段あるウエストニッパー用のスーパーフックもご用意があります。

 

また、ウェストニッパーに関しては、縦のボーンが自由に抜き差しできるようになっており、当日の状況でボーンを抜くことが可能です。

born01

妊娠5か月以降は、急激に体型がかわり始めます。お乳がたまり始めバストサイズがかなり大きくなってきます。中には2サイズくらいアップする方もおります。

 

 つわりはつらい

妊娠3か月くらいの時は想像ができないくらい体型が変わります。

 

一つには、つわりの時期、食生活が一時的に「麻痺」して、普段食べられるもの、大好きなものが全く口に合わなくなって、この影響で食事もしたくない時期が来るからです。

 

つわりが終わり、安定期に入ると今度は徐々に食欲が出てきて、栄養分を体が欲しがってきますので、何でもおいしく食べるようになります。

 

妊娠初期に購入した下着が全く合わなくなるのはこの時期からです。体形はどんどん丸くなって母親としての体型に近づいてきます。

 

 マタニティ用ブライダルインナーはいつ買うべきか?

結婚式が妊娠5か月を過ぎたころの場合、体型が全く違うんだということを覚えておきましょう。

 

それを踏まえてブライダルインナーを購入するなら、まず結婚式の1ヶ月前くらいから2週間くらい前がベストでしょう。しかも購入するならブラキャミソールとサポーターの2点です。

 

lineup_karenピュアネットでは、2014年から本格的にマタニティ用のブライダルインナーKaren(ブラキャミソールとサポーター)を取り扱うようになりました。

 

当初は、マタニティの知識がなく、扱うことはしませんでしたが、ローズマダムというマタニティインナーの老舗企業と出会い、マタニティのノウハウを十分取り入れたブライダルインナーを考案し、商品化しました。

 

通常マタニティ用のブライダルインナーは結婚式だけに使われるものでしたが、ローズマダムとのコラボレーションで出来上がったブライダルインナーは結婚式が終わった後も、臨月まで使うことができ、非常に経済的でもあります。

 

サイズも豊富でしかもキャミソールの後ろのフックは縦4列になっており、背中の開きも業界では最大であまり背中の開きを気にせずにドレスが選べます。

 

かなり妊婦さんの使い勝手を重視したつくりになっています。

 

カップの裏側も敏感になった乳首に優しい生地を使用するなどかなり細かいところまで作り込を行っています。

0081_260

写真はマタニティにも使えるGカップのブライダルインナーでこれもローズマダムが開発

 

無理してセパレートや合わない一体型スリーインワンは、かえってお腹の赤ちゃんを危険にさらすことになりかねないため、お勧めできません。

 

よく、お腹の赤ちゃんよりドレス姿を優先するあまり、妊娠5か月を過ぎてもセパレートにしてくださいと言ってくる花嫁様がいらっしゃいます。

 

できちゃった婚、授かり婚は二人が主役ではなく3人が主役だということを肝に銘じておきましょう。

 

大切な命を宿っているわけです。無理してドレス姿を綺麗に見せるというより、招待してきていただいた方と一緒にWの喜びを味わいましょう。

 

関連記事
マタニティ用のブライダルインナーの最適な購入時期はいつ?
Aライン、マタニティ用ブライダルインナー効果的な購入時期
マタニティ用プリンセスラインブライダルインナーを選ぶコツ

 

まとめ
マタニティ用のブライダルインナーは、結婚式を行う日が妊娠何か月かで選び方が全く変わってきます。初期は普通でも中期、後期になるにつれてどんどん体型が変わりそれに伴ってブライダルインナーも変えていかなければなりません。


関連記事