ピュアネットブログ

オーダーメイドで作り上げる!セパレート、ビスチェそして妊娠5か月からのマタニティ

マタニティ用ブライダルインナーの必要な時期とポイント


できちゃった婚、授かり婚、マタニティ用ブライダルインナー

maternity02

できちゃった婚・授かり婚の妊婦さんが疑問に思うのは毎日の下着ではないでしょうか?

「いつごろから妊婦用の下着にすればいいのか?」
「妊娠何か月から揃えればいいのか?」
「どれほどお腹が大きくなるのか?」

そして、結婚式です。

席を入れてから結婚式まで1年ほど間があく人も少なくないので、正確にはできちゃった婚ではないけど、結婚式の時にはすでに赤ちゃんがいるなんて人も多いようです。

「妊娠しているのにドレスは平気?」
「ブライダルインナーで締め付けても大丈夫なの?」
「お腹の赤ちゃんも心配だけど、できうる限り綺麗な姿で結婚式を挙げたい」

そのように思われるのではないでしょうか。

妊婦さんの場合、普段とは違うブライダルインナーをネットで検索して探し、マタニティに安全でなおかつ美しいシルエットが描けるものを探しあてるのは至難の業です。

美しさをあきらめてしまう人もいるでしょう。
ここでは、妊婦さんのブライダルインナーについてご紹介していきたいと思います。

マタニティインナー簡単な知識

ただでさえ「結婚式」という大舞台で大変な準備だというのに、マタニティはさらに輪をかけて大変になります。

女性は、妊娠すると体型がどんどん変化し、出産に備えるための体に変わります。

特に第一子を授かる人は初めての経験。
それに備えて知識を養っておかなければならないというのはかなりのストレスになります。

妊娠も初めて、結婚式の準備も初めてという心労は計り知れないものがあるでしょう。

ここでは、妊婦さんの負担を軽くするための前知識や、妊娠周期によるブライダルインナー選びについてまとめていきたいと思います。

妊娠5か月から体型は大きく変わる

002
マタニティー用のブライダルインナーは、結婚式をする時期が妊娠何か月かで全く選ぶものが違います。

大まかに分けると、妊娠5か月がひとつの分岐点です。
結婚式が妊娠5か月以前か以降かでブライダルインナーの選び方が変わってくるのです。

例えば結婚式が妊娠3か月くらいの場合は、「つわりで締め付けが嫌だ」という場合以外は特にマタニティー用のブライダルインナーにすることもないといわれています。

ただ、お腹が目立ち始める3か月を過ぎて5か月くらいまでの結婚式には、ブライダルインナーが通常のものではちょっと厳しくなります。

人によって早くお腹が大きくなってくる人、そうでない人といるので、実際の妊婦さんの体系をみて、スタッフに判断してもらうのが良いでしょう。

スーパーフック

FullSizeRender_500

マタニティの場合、一体型のスリーインワンは適していません。
ブラジャーとウェストニッパーが分かれたセパレートタイプが理想です。

ピュアネットでは、ブラジャーも、ウェストニッパーも後ろのフックをつなぐことができる「スーパーフック」をご用意しています。

普段は縦3列ですが、このスーパーフックを使えば、6列9列・・・とつないでいくことができます。

写真はブラジャー用ですが、13段あるウェストニッパー用のスーパーフックもご用意があります。

また、ウェストニッパーに関しては、縦のボーンが自由に抜き差しできるようになっており、これにより当日苦しくなったり体調が悪くなったりしたときは、ボーンを抜くことで緩めることが可能です。
born01

妊娠5か月以降は、急激に体型がかわり始めます。
お乳がたまり始めるのでバストサイズもかなり大きくなってきます。
中には2サイズくらいアップする方もいるんですよ。

つわりはつらい

妊娠3か月くらいの時は、妊娠前では想像ができないくらい体型が変わる人も多いです。

その原因の一つは、つわりです。

食生活が一時的に「麻痺」して、普段食べられるもの、大好きなものが全く口に合わなくなって、この影響で食事もしたくない時期が来きます。

つわりが終わり、安定期に入ると今度は徐々に食欲が出てきて、栄養分を体が欲しがってきますので、何でもおいしく食べるようになります。

妊娠初期に購入した下着が全く合わなくなるのはこの時期からです。
体形はどんどん丸くなって母親としての体型に近づいてきます。

マタニティ用ブライダルインナーはいつ買うべきか?

結婚式が妊娠5か月を過ぎたころの場合、妊娠前期とは体型が全く違うんだということを覚えておきましょう。

それを踏まえて、ブライダルインナーを購入するなら結婚式の1ヶ月前~2週間くらい前がオススメです。
2週間ほどであれば劇的に体系に変化がないからです。

lineup_karen

妊娠5か月以降にブライダル購入するなら、ブラキャミソールとサポーターの2点です。
ピュアネットでは、2014年から本格的にマタニティ用のブライダルインナーKaren(ブラキャミソールとサポーター)を取り扱うようになりました。

ローズマダムというマタニティインナーの老舗企業ブライダルインナー専門店・ピュアネットのコラボ作品です。
コラボにより、マタニティのノウハウを十分取り入れたブライダルインナーが誕生しました!

通常マタニティ用のブライダルインナーは結婚式だけに使われるものでしたが、ローズマダムとのコラボレーションで出来上がったブライダルインナーは結婚式が終わった後も、臨月まで使うことができ、非常に経済的でもあります。

サイズも豊富で、しかもキャミソールの後ろのフックは縦4列になっており、背中の開きも業界では最大で、背中の開きを気にせずにドレスが選べます。

ブライダルインナーKarenは、カップの裏側も敏感になった乳首に優しい生地を使用するなどかなり細かいところまで作り込を行っているので、妊婦さんのことを考え抜いたくりになっています。

0081_260

写真はマタニティにも使えるGカップのブライダルインナーです。

無理してセパレートや合わない一体型スリーインワンは、かえってお腹の赤ちゃんを危険にさらすことになりかねないため、オススメできません。

お腹の赤ちゃんよりドレス姿を優先するあまり、妊娠5か月を過ぎてもセパレートにしてくださいと言ってくる花嫁様もいます。

しかし、できちゃった婚、授かり婚は二人が主役ではなく3人が主役だということを念頭においてブライダルインナーを選ぶようにしましょう。

大切な命を宿っているわけです。無理してドレス姿を綺麗に見せるというより、招待してきていただいた方と一緒にWの喜びを味わう方がうれしいのではないでしょうか。

関連記事
マタニティ用のブライダルインナーの最適な購入時期はいつ?
Aライン、マタニティ用ブライダルインナー効果的な購入時期
マタニティ用プリンセスラインブライダルインナーを選ぶコツ

まとめ

マタニティ用のブライダルインナーは、結婚式を行う日が妊娠何か月かで選び方が全く変わってきます。

初期は普通のブライダルインナーで良くても、中期、後期になるにつれてどんどん体型が変わりそれに伴ってブライダルインナーも変えていかなければなりません。

▼ご質問等お気軽にご連絡ください▼

プロのスタッフが回答致します。


関連記事