モデルに学ぶ、招待客を惹き付けるブライダルインナー3カ条


同じドレスなのにモデルが着ると全然違う?

パンフレットにあったモデルが着ているドレスを選んだ花嫁様。
と全く同じものなのに、自分が着てみて「なぜここまで違うのか?」って正直がっかりしませんでしたか?

「あんな綺麗なドレスなのにでもやはり着る人間を選ぶのか」。

そう落ち込む必要はありません。
今からでもモデルのように美しくウェディングドレスを着こなすことができます。

貴女もモデルのようにふるまえる

これからお話しすることは、とても簡単なことです。
実は、モデルは可愛い、綺麗なだけではないのです。

お伝えしたことをできるようになれば、雑誌やパンフレットに出てくるモデルにひけをとらないほど結婚式当日は素敵なドレス姿になれると思います。

姿勢良く座るコツ

まずはなんといっても姿勢は大切です。
パソコンなどデスクワークに流されて体は猫背になっていませんか?

普段から椅子の背もたれに身を任せて仕事をしていたり、前かがみに背中を丸くして仕事をしていると、どうしても姿勢は丸くなります。

それを防ぐアイデア商品が109などにはありますが、簡単な方法は椅子に座るときおしりの奥の部分にタオルを丸めて入れて背もたれを使わず座るという方法です。
これだけで綺麗な姿勢になります。

結婚式の当日もできれば椅子のところにタオルを丸めておいて貰うと、きっとメインテーブルに座る貴女の姿を写真に収めた友人たちから姿勢をほめられると思います。

長時間同じ姿勢を保つには

また、綺麗な姿勢を保つには背筋がきっちり伸びてないといけません。
簡単に背筋を伸ばす方法はブライダルインナーのウェストニッパーです。

ウェストニッパーでも、座った状態でハイウェスト、ローウェストがきつかったりゆるかったりで違和感のないものが必要になります。
ちょっとでもきつかったりするとそれが気になって姿勢がくずれる恐れがあるのできちんとしたものを選びましょう。

小顔になるための顔の位置

小顔とブライダルインナーは関係がないように思いますが、じつは非常に密接な関係があります。

まず、ブライダルインナーのブラジャーはセミロングでサイドからバックにかけての安定感が必要です。
そこに背中をしっかり伸ばせるウェストニッパーをつけます。

常日頃からパソコンのディスプレイとにらめっこしていたり、電車などでスマホに夢中になるとどうしても首が前に出てしまいます。

そのままの姿勢でウェディングドレスを着て写真に写ると、誰もが顔が大きく写ってしまいます。

これは当たり前なのですが、モデルだとしてもこのスタイルで写真に納まったら顔は決して小顔に写りません。

なぜなら、体より顔の方がカメラのレンズに近いからです。
逆に顎を引いてその顎が、自分のデコルテより後ろにあるようにそして頭の上から何かに引っ張られているような感覚で写真に写ると、決して小顔でない方も小顔で写真に写ったりします。

前かがみをできるだけなくす、そして意識をすれば簡単に顎を引いて小顔に写りやすくするのがブライダルインナーです。

顎がポイントなので、できるだけ顎を前に出さないようにしましょう。
当日いきなりやっても失敗する可能性があるので、何度か鏡を見て練習をするといいですよ。

このほか、レンズの位置にも小顔テクニックがあります。

顔より下から写真を撮ると、年齢より年が上に見えるようになりますし、逆に顔より上からとると年より若く取れる場合が多いそうです。
今はスマホの時代ですから一度試してみてください。

またモデルは自分は右側からとった方がいいか左側からとった方がいいかわかっています。ある成人式の集合写真に一人だけモデルがいた写真を見ましたが、やや左向きでうつむき加減でカメラ目線!圧倒的に美しさが目だっていました。

貴女にも絶対あるはずです。
自身のある方で写真に納まると予想外に綺麗に撮れます。

歩き方は最大のポイント

歩き方にもポイントがあります。
ブライダルインナーを着て、まずは歩いてみてください。
たぶんいつもの歩き方と何かが違うことに気が付くでしょう。
それは背筋です。

セミロングブラのサイドからバック位にかけての安定感と、ウェストニッパーの腰をしっかり押さえる力がさらなる安定感を生み歩き方に自信を与えるのです。

これは新婦にとって実は一番大切なことです。
街を歩いていてもそうですが、特に階段の上り下りの際の人の歩き方を見てみると左右にゆれて歩く人をよく見ます。

特にこうした女性がウェディングドレスで何もせずに歩いてみると、どたどた体が左右にゆれて芯がぼけて全く綺麗な歩き方になりません

身体が左右にぶれながら入場してくる新婦を見ると、なんだかちょっと残念な気持ちになります。

例えば挙式では、参列者が起立して新郎新婦を迎えます。
その際、左右に多少なりとも新婦の身体が揺れながら入場してくるシーンはあまり綺麗なものではありません。

ピュアネットでは司会を紹介していますが、そこの司会者たちも同じようなことを言っていますし、今では花嫁の為のウォーキング教室を開いているくらいです。

一直線に歩くことを体得する

ではどうすれば綺麗に歩けるのかをご紹介したいと思います。
モデルはファッションショーの時、一直線に歩いているのをご存知ですか?

足を交互に出して、着地するところは後ろのつま先と前のかかとが同じライン上にあります。

ですから、それを習いごろから一直線に足を交互に出して歩く練習をしてみてください。
簡単なのは道路に書いてある路側帯をたどることです。

あの白い線の上を歩くとモデルと同じ歩き方になりますし、当日この歩き方がマスターできれば、間違いなく貴女はモデル歩きでウェディングドレス姿が綺麗に見えるはずです。

大切なのは貴女の気持ち

そして最後は「姿勢」「顔の位置」「ウォーキング」がブライダルインナーを着けて意識しないでできるようになるかということです。

あとは自信次第です。

「私は綺麗な姿勢で顔の位置も決まり歩き方もモデルと全く同じにできている」ということに自信を持てば、自身は美しさへと変わります。

そのためには、結婚前出勤するときからこの3カ条を忘れることなく毎日続けてみましょう。まだ時間はあるはずです。

結婚式の日、写真に写る貴女のスタイル、ビデオに映る貴女のしぐさがきっとすばらしい幸せに満ちた思い出が作れると思います。

まずはお金をかけずに始めること

確かに姿勢やウォーキングは大事で、それを専門にやっているところもありますが、まずはお金のかからないこんな方法でブライダルインナーを着ながらたしかめてはいかがでしょうか。

もっと詳しく行いたいのなら教室へ通ったり専門家に教えてもうことを考えてみてください。

継続は力なりです。
ブライダルインナーをつけてこの3カ条を考えて結婚式までやり続けるが大切ですよ。

ブライダルインナーは直接体に付けるもので「ブライダルインナーの選び方、素人でも簡単」でも書きましたが、新調した靴と同じです。

靴づれは誰だって嫌なものです。
結婚式当日に初めてブライダルインナーを着たというよりあらかじめブライダルインナーに慣れてしまいましょう。
万が一痛いところなどがあれば、ピュアネットならば何度も調整することができます。

まとめ

姿勢、顔の位置、ウォーキングがモデルのようにウェディングドレスを着こなすコツです。ブライダルインナーに早く慣れ結婚式までにこの3カ条をしっかりマスターしましょう!

▼ご質問等お気軽にご連絡ください▼

プロのスタッフが回答致します。


試着予約ネット受付!


採寸していないので自分のサイズが正確でない

着心地がよくわからない

オーダーと既製品のブライダルインナーの違いが判らない

もしこうした不安や悩みがあったら・・・



今すぐ申し込む

関連記事