マタニティ用プリンセスラインブライダルインナーを選ぶコツ


でき婚・授かり婚でブライダルインナーを選ぶのは結婚1か月前がおすすめ

maternity03

でき婚・授かり婚の場合、まずはドレスで悩みますよね。
マタニティ専用を選ぶべきか普通のドレスにするのか・・・。

プリンセスドレスの場合は、くびれを強調するようなデザインでない限り、スカートがふわっと広がっていることからお腹はあまり目立ちません。

しかし、お腹の大きさは人によっても違いますし、出具合や幅も全く違うので、結婚式が妊娠5か月以降になるようなら、ドレス・下着選びはできるだけ結婚式近く、それこそ1ヶ月くらい前に選ぶのが良いと思います。

ドレスを決めてしまったあとから妊娠が分かった場合は、式場の方に事情を話してドレス選びを待ってもらうのが良いでしょう。

お腹の大きさは当日でないとわからない

お腹の大きさは、予想外に大きくなる人もいれば、あまり変わらない人もいます。
ただ、いつどのタイミングで大きくなってくるかは誰にもわかりません。

結婚式でプリンセスラインを選びたいなら、まず焦らずじっくり自分にあったものを見つけるようにしましょう。

プリンセスラインの場合、大きめのパニエを使うと、スカートも大きいため、ふわっと感がでて、お腹はますます目立たなくなりますよ。

また、つわり中にドレス選びに行くと、気分が悪くなって「もうどうでもいい」みたいなことにもなりかねません。
できるだけつわりの時期はドレス選びは避けたいものです。

じつは、ドレスよりも慎重に選ばなければいけないものがあります。
ブライダルインナーです。

ブライダルインナーは、できればドレス以上に種類、時期を慎重に選びましょう。
というのは、ブライダルインナーは直接肌に触れるものです。
これがきつすぎるとおなかの赤ちゃんにも影響が出ることがあるからです。

結婚の時期は「いつ」で決まる

FullSizeRender_500

まず、授かり婚の場合、お腹が大きくなるために、一体型のスリーインワン(旧ビスチェ)は絶対に向いていません。

ブライダルインナーはセパレートカップの無いビスチェがいいでしょう。

そして重要なのが結婚の時期が妊娠何か月目になるかです。

もし、妊娠初期(目安は妊娠5か月以内)の場合、セパレートならウエストニッパーで調整がききます。

ただし、当日の様子はあくまで予想でしかありませんので、ブラジャーもウエストニッパーもスーパーフックという後ろのフックに3カンたせるフックを用意することが大切です。

これで、お腹が予想よりも大きくなってもカバーできるはずです。
おなかの大きさは予測できないので、念には念を入れましょう。

お腹を目立たせたくない場合、ドレスはプリンセスを選ぶと良いでしょう。
ドレスで気を付けるのは、スカートが広がる位置がどのあたりかということです。

ハイウェストならあまり問題ないと思いますが、ローウェストでくびれが出るようなプリンセスだと、くびれが綺麗に出ないことがあります。

ただ、ウエストニッパーをナチュラルカットで仕上げれば、苦しくないくびを出すことはできるので、妊娠初期に結婚する花嫁様であればこのような手法で問題ありません。
born01
基本的にピュアネットのブライダルインナーは妊娠5か月までの花嫁様であれば、これまでも販売を続けてきた実績があります。

というのも特にお腹周りのウエストニッパーは、縦のボーンが抜き差しできるほか、採寸してナチュラルカットで仕上げているため、きつめゆるめの調整ができるのです。

特にボーンの抜き差しは、当日万が一、ウエストニッパーが苦しいと感じたときなどはすぐに抜いて楽にすることができますのでとても便利な機能です。
nipper02
結婚後のブライダルインナーのお得な使い方にも書きましたが、ピュアネットのブライダルインナーは、産後の補正にも役立つなど経済的にもお得です。

これはブラジャーとウエストニッパーのセットだけではなくビスチェとウエストニッパーのセットでも全く同じことが言えます。
ビスチェもスーパーフックで伸ばしがききますし、ウエストニッパーをセットで購入すれば、同じようなことが可能なんですよ。

妊娠5か月以降は・・・

lineup_karen

妊娠5か月を過ぎる場合は、セパレートではなく、ブラキャミソールとサポーターを選ぶようにしましょう。

これはプリンセスラインに限らず、すべてのドレスでいえることです。
妊娠5か月を過ぎてからの結婚式は締め付けがないブラキャミソールにしたほうが圧倒的におなかの赤ちゃんが安全だからです。

妊娠5か月を過ぎると極端にお腹が大きくなると思っておいた方がいいでしょう。
「今は全くお腹が出てないからセパレートでも大丈夫」と思うかもしれませんが、今の姿とはだいぶ違う可能性の方が高いのです。

特にウェストを締め付けるようなブライダルインナーは避けたほうがいいでしょう。

ピュアネットで扱っているマタニティ用のブライダルインナーは、主に妊娠5か月を超えた方向けにはブラキャミソールとサポーターですが、カップサイズも最大Gカップまで揃えています。
0081_260

また、後ろのフックも通常は縦3列ですが、マタニティ用なのでサイズを調整しやすいように縦4列、しかも背中の開きが大きい割に安定感があって、妊婦の花嫁様には「安心」と評判です。

勿論ストラップレスになっています。

またカップの内側は敏感になった乳首を優しく包む柔らかい生地が使われ、サポーターも腰に負担がかからない設計になっているので、ある程度の重さのあるドレスにも耐えられる構造になっています。

これも長年マタニティインナーの研究と販売を続けてきた「ローズマダム社製」であることから、随所に妊婦さんへの配慮が詰まったブライダルインナーとなっています。

購入時期は?

妊娠前期・中期・後期に限らず、マタニティの花嫁様の場合、ブライダルインナーの購入時期は結婚式の1ヶ月~2週間前ほどがオススメです。
妊娠後期にいくにつれ、結婚式直前の方がサイズの変更等なく安全です。

ただ、結婚式が妊娠5か月以内の方は、購入時期を一度ご相談いただければ、お腹のこともドレスタイルのことも考えたブライダルインナーが提供できることも多いです。

ピュアネットでは、一般の妊婦さんの相談も電話で受け付けておりますし、表参道には、マタニティ用の一般の下着の販売と、マタニティコンシェルジュという、マタニティの教育を受け、授かり婚の花嫁様はもちろん、一般の妊婦さんのご相談にも直接のっているんです。

もし、ブライダルインナーや通常の下着でお悩みの方はぜひ一度お尋ねください。

尚、マタニティ用のブライダルインナーは、一部店舗を除きピュアネット全店で、一般のマタニティインナーは表参道はじめ横浜元町立川のピュアネットの直営店でも扱っております。

まとめ

マタニティでプリンセスラインを着る場合は、まず結婚式が妊娠何か月なのかを考えてお腹周りの目立たないドレスを選びましょう。
それによってブライダルインナーの選び方が全く変わります。
特にプリンセスラインは、ウェストの位置によっても違ってきますのでぜひ一度ピュアネットにご相談ください。

▼ご質問等お気軽にご連絡ください▼

プロのスタッフが回答致します。


関連記事