ピュアネットブログ

オーダーメイドで作り上げる!セパレート、ビスチェそして妊娠5か月からのマタニティ

ブライダルインナー楽なウエストニッパーでくびれを作るには

公開日:

ウエストニッパーはきつめ?ゆるめ?

shorts01
ピュアネットにご来店する花嫁様のアンケートを見ていると、「きつめにして欲しい」「くびれをしっかり出したい」というご希望を持っている方が大多数です。
もっと詳しく話を聞くと、

「きつくてもくびれを綺麗に出すためにはしょうがない、苦しくても我慢!」
「きついのはいやだけど、スタイル重視」
「式の食事も楽しみたいけど、食べられなくてもいいからくびれを優先したい」

という本音が隠されています。

しかしこれって「くるしくないのにくびれはしっかり出る」ウエストニッパーなら問題解決ということですよね。
今日はそんな魔法のようなウェストニッパーをご紹介していきたいと思います。

楽なウエストニッパーとは?

楽なウエストニッパーならストレスを感じることはありませんね。
式中のストレスはとても残酷です。

後から見た写真が「なんだか顔が暗い」
ゲストには「具合が悪いのかな?」

そんな風になってしまったらいやですよね。

しかし、綺麗なくびれをラクに出せれば、自分のスタイルに自信が持てて「今日は私が世界一の花嫁!」とプラス思考でおとぎの国のお姫様気分になれるでしょう。
そんなピュアネットのウエストニッパーの仕組みをまとめました。

締め付けてくびれを作るのは間違い

ピュアネットのブライダルインナーも、「くびれがないからくびれを作る」「くびれをよりつくる」という面ではほかのブライダルインナーと同じです。

ただ、締め付けることをしないだけです。

既製品のウエストニッパーは、くびれを作るために「絞める」ようにします。
ギューっと閉めることでお腹が苦しくなってしまうのです。

しかし、ピュアネットのウエストニッパーはオーダーメイドです。
くびれを作るために「絞める」のではなく「散らす」方法を使っています。

kibire-nipper01
散らすというのは、ウエストのくびれ周りのお肉を上下に散らして楽にくびれを作る方法です。
ですからテーブルに広げておいてみると写真のようによれた感じになります。

しかし、これを着けてみると見事にくびれができて上下に散らしているので全くきつさを感じないのです。

測ってみるとほとんどの花嫁様が2~3センチウエストが細くなっているのです。
9センチの見事なくびれができた花嫁様もいました。
これに驚かれる花嫁様が本当に多いです。

ボーンが縦にまっすぐのウエストニッパーはくびれができづらい

kubire
既製品のウエストニッパーの中には、縦のボーンがまっすぐになっているものがあります。このタイプだと普段からくびれがある人は綺麗に出ますが、そうでない方はほとんどくびれが出ません。

ある結婚式でもくびれが綺麗に出ていないプリンセスラインを着ていた花嫁様を見かけたことがありますが、やはりくびれが出ていないと全体的なメリハリ感に欠けてしまいます。

ナチュラルカットで完璧に仕上げる

nipper02
ピュアネットのウエストニッパーの強みは「ナチュラルカット」というやり方を使って花嫁様1人1人に合わせたオリジナルのウエストニッパーをお作りすることができるということです。

ナチュラルカットとは、上の写真のように縦カット、A字カット、V字カットなどその人の体型やきつさゆるさの希望を聞いてバックをカットして作り上げる方法です。

ナチュラルカットをしたブライダルインナーを着ると、着けただけでくびれが出ます。
また、さらに数センチ細くしたいというご希望があった場合に縦のナチュラルカットを施しているので本当に美しいラインを出すことができるんです。

これでくびれを綺麗に出しながら、自分できつめとゆるめの調整が可能になります。
中には縦のナチュラルカットで9センチも細くなった花嫁様もいるんですよ。

さらに、このナチュラルカットはヒップの大きい人、小さい人、ハイウェストがきつい人緩い人の調整までできるのです。

例えば、ヒップの大きな人ですと立体裁断で作ったウエストニッパーだとヒップ周りがきつくなり、座ると裾の部分がめくりあがったりすることがあります。
こうした場合裾に向かって広がるような形に作るとこうしたきつさもなく綺麗なくびれと自然なラインが出来上がります。

ヒップが大きな方の場合はV字のナチュラルカットを行ないます。
逆にヒップが小さくてウエストニッパーの裾周りが緩い人の場合は逆にA字のナチュラルカットを施します。

これによってヒップ周りのゆるさがなくなり、綺麗なくびれと自然なラインが出来上がるのです。

苦しくなったらボーンが簡単に抜ける

born01

そしてピュアネットのブライダルインナーの最後の特徴が、フロントのボーンが写真のように抜き差しできることです。
妊娠5か月前の妊婦さんや当日お腹周りが苦しくなった時などに取り外しがきくもので、結婚後、出産の後の体型補正などにも使うことができます

「ブライダルインナーは結婚式でしか使わないから」と思う方はたくさんいると思いますが、ピュアネットのブライダルインナーは結婚式以外にも、タンクトップの下着として、産後の体型補正として、結婚式のお呼ばれに、おめかししたときに、などと様々な場面で「あってよかった」と思ってもらえることだと思います。

サイズバリエーションが多彩

また、通常ウエストニッパーはS,M,LやLL程度しか既製品では用意がありませんが、ピュアネットの場合S,M,LのほかSより小さいSS、さらに丈の長いSSL、SL、ML、LLとかなり細かくサイズわけし、花嫁様の体型にさらに近いウエストニッパーをお作りしています。

まとめ

くびれをつくりたくても締め付けて苦しくなる必要はありません。
お腹を上下に散らしてナチュラルカットで仕上げることによりブライダルインナーの理想である「きつくなくて楽で、しかもくびれが綺麗に出るようなウエストニッパー」になるのです。

参考ページ
ブライダルインナーバストアップとくびれが大幅改善の事例
人気のウェディングドレスプリンセスで深いくびれを作る下着


関連記事

ブライダルインナーを仙台で購入するには

杜の都・仙台で、ブライダルインナー試着会 ウェディングドレスの下には、自分に合ったブライダルインナーをきれば思い描いた通りの理想の姿が手に入ると気が付いたあなた