ウェストニッパーの裾が座るとめくれあがる解決策


安産型といわれても・・・おしりが大きいとおこるインナーの不具合

fukai01あと数か月で結婚式を迎える花嫁様は、土日や有給休暇を有効に使い着々と準備が進んでいると思います。

ドレスも順調に決まり微調整をするということでドレスショップに行って試着すると・・・ヒップ周りに違和感が・・・。
小さいころから「おしりが大きい、誰に似たんだ?」とか彼にも冗談で「安産型だね」なんていわれてしまうほどおしりが大きいのです。

俗にいう「洋ナシ」体型ですね。

そんな花嫁様がドレスショップで「ある違和感」に気が付きました。
それはドレスを着ていすに座った時に、ウェスト周りというよりウェストニッパーの裾がめくれ上がるということです。

ドレスショップのアドバイスはあてにできない


ドレスショップの人に違和感を話してみると「下着のサイズあげてみましょうか?」と言ってくると思います。
一つ上のサイズに着替えてみると、座ってもめくれあがりません。

安心したのもつかの間、今度はウェスト周りに違和感が。

サイズを上げたためウェスト周りがゆるゆるになってしまったのです。
ドレス姿を鏡に映すと、ウェストのくびれのところがしわが寄ってぼってりした感じになってしまいました。

ドレスショップの人は「タオルを巻けば大丈夫」などと話しますが、想像するだけでも最初に着た下着の方がウェストのくびれが出るなということが分かりますね。

このままだと結婚式当日かなりのストレスになる

上記の花嫁様の場合、お店の対応は完璧に間違っています。
これでは「違和感を無くした」に過ぎません。

目先の違和感を解消するのに囚われて花嫁様の本当の望みである「ウェディングドレスを姿綺麗に」を叶えてはいないのです。
この花嫁様の場合、下着が体型にあっていないという事実を考える必要があります。

ピュアネットにも座ると裾がめくれあがる悩みを抱えてご来店する花嫁様がいらっしゃいます。

あまりいい言葉ではないかもしれない「安産型」「洋ナシ型」って言われる人はこうした「ウェストニッパーの裾が座るとめくれあがる」現象は特に多く、サイズを上げてだぶつかせても、サイズを上げずにめくれあがるままで結婚式に臨んでも、相当のストレスがかかると思います。

ではどうしたら「ウェストのくびれが綺麗に出て座ってもめくれあがることが無くなるのか」の解決策をお話しして行こうと思います。
想定できるこうした悩みや問題は、できるだけ結婚式前に解決しておきましょう。

裾がめくれる2つの原因

  • ウェストニッパーの丈が長い(スリーインワンやビスチェも同じ)
  • ウェストとヒップの差が大きい

袖がめくれる原因は大きく分けると上記2つになります。

袖がめくれる原因1.
貴女の理想の丈より長いウェストニッパー

まず考えられる最初の原因は、ウェストニッパーの丈が長い、です。

あなたが選んだウェストニッパーの丈の長さは、あなたの体型より胴が長い人向けのものです。

ウェストのくびれに合わせてみてください。
その位置より下が長いのでこうしためくれあがる現象が起きてしまいます。

ピュアネットでは、もう少し短めのウェストニッパー(スリーインワンやビスチェも同じ)をご用意してあります。

時々、ウェストニッパーを持ち込みいただいて「切ってほしい」という方もいますが残念ながら丈のカットは対応しておりません。

このことから、ウェストニッパーはネットなどで購入するのではなく、必ず試着して自分に合ったものを決めることをオススメしています。

袖がめくれる原因2.
テーブルに置いてチェックをしてみましょう

次はもう1つの原因である“ウェストとヒップの差が大きい”です。

ブライダルインナーのウェストニッパーは、基本的にくびれ周辺をきつめにヒップにかけてゆるめにという感じで作られています。
(ただ、中にはウェストもヒップも長さサイズが同じというものもある悪質なものもあります)

まず、テーブルにウェストニッパー(スリーインワンもビスチェも同じ)を開いておいてみてください。

縦のボーンがまっすぐになっているものは特に「ウェストニッパーの裾が座るとめくれあがる」現象が起きやすいです。
ややボーンが湾曲になっていてテーブルに置いたときにちょっと「よれてる」感じのものが「ウェストニッパーの裾が座るとめくれあがる」現象が起きにくいものになっています。

ボーンが湾曲しているウェストニッパーを着けて椅子に座ってみてそれでもめくれ上がるということは、ウェストはあっているのにヒップ周りがきついということです。

このままこれを着けて式にのぞむと高砂(メインテーブル)に座った時点から花嫁様はウェストニッパーがずっと気になって作り笑いしかできなくなります。

完璧な解決策はナチュラルカット

nipper02

ナチュラルカット

ウェストニッパーがめくれてしまうのを解決する策は最初の段階にあります。

上記2つのことを踏まえて解決策をお話ししていきますね。

それは、ウェストニッパーの作り方。

ナチュラルカットと言ってウェストニッパーの形をウェストからヒップにかけて通常より広げるようにして作れば解決できます。
ピュアネットではナチュラルカットのVカットという手法ですが、できるだけウェストにくびれが出るよう試着した時点でジャストフィットにします。そして裾を通常より広くとるのです。

これをウェストニッパーのバックをVのようにしてカットして作ると、裾の広いウェストニッパーの出来上がり。

これでヒップ周辺がきつくなくなり「ウェストニッパーの裾が座るとめくれあがる」ことが無くなるわけです。

まとめ

ウェストニッパーの裾が座るとめくれあがるということは体型に合っていない証拠です。
かといってサイズをあげると美しいくびれが出来なくなりますから、ウェストニッパーはナチュラルカットができるお店で採寸して試着、そして作ってもらうのがベストです。

それだけであなたは、当日なにも心配することなく自然な笑顔で過ごすことができます。

ネットでお近くの店舗を予約できます
電話でもお気軽に 0120-966-561 ピュアネット総合受付

参考ページ
ウェストが苦しくないのにくびれが綺麗に出る方法
極上のドレスシルエットを獲得するための2つの重要ポイント
大きなカップのブライダルインナーほどメリハリボディを作りやすい

▼ご質問等お気軽にご連絡ください▼

プロのスタッフが回答致します。


試着予約ネット受付!


採寸していないので自分のサイズが正確でない

着心地がよくわからない

オーダーと既製品のブライダルインナーの違いが判らない

もしこうした不安や悩みがあったら・・・



今すぐ申し込む

関連記事