ピュアネットブログ

オーダーメイドで作り上げる!セパレート、ビスチェそして妊娠5か月からのマタニティ

ウェディングドレスが落ちないコツ???心配の花嫁必見!

公開日:

試着時から滑り落ちる心配が・・・

nayami02結婚式に招待されると、新郎新婦の歩いているところ、座っているところ、一緒に写真を撮っているところを見かけると思います。

特に新婦は一挙手一投足まで注目されますね。

そんな中、新婦が胸元に手を持っていき、ドレスをぎゅーっと引き上げる姿を見かけたことはありませんか?

あれはドレスが重さで徐々に流れ落ちてきてしまうため、無意識のうちに引き上げようとしているんです。

中には胸元が大きくはだけてしまう新婦もいて、ハラハラするときもあります。

 

どうしてこんなにドレスが落ちるのか?

これはピュネットにブライダルインナーを購入しに来店した花嫁様の間でも、ドレスの試着時にすでに「落ちた」という人が多くいるくらいよく聞く話です。

そしてこれを防ぐために、ブライダルインナーをドレスに縫い付けるドレスショップもあるそうですが、これは邪道!やってはいけません。

合わない下着を縫い付けて着て万が一落ちて着た時、下着も一緒になって落ちてしまう危険性があるからです。

white01

また、実際にドレスに下着を縫い付けた花嫁様に悲劇があったことを聞きました。

それは後ろ向きになってブーケを投げるブーケトスの時です。

力いっぱい後ろに投げたはいいけど、ドレスが下着と一緒に落ちてしまったのです。

これは大変なことです。

特に下着がその人の体型に合っていない時、ウェディングドレスが落ちる、流れることがよくあります。

ただ残念なことにドレスショップは、ドレスの販売が中心で下着は「おまけ」のように考えているところが多く、下着を縫い付けてしまったりドレスが合わないのは下着のせいにしたりして、何とか自分たちのドレスを売りたがるのです。

 

どうすればこうしたウェディングドレスが落ちる現象を防げるのでしょうか?

「ドレスは胸で着る」という言葉があります。

ドレスは普段着より圧倒的に重いため、落ちないように支えなければなりません。

特に最近は「ビスチェタイプ」がウェディングドレスの王道、スタンダードになっていますので、胸から上は、支えるものがありません。

shorts01そうなると、重いウェディングドレスを支えるためには下着が重要になります。

まずは、トップの高さですね。

トップを高い位置にもっていかず、普段の高さや低い位置だと、ドレスは簡単にするっと落ちます。

普段の高さや低い位置だと「ドレスは胸で着られない」のです。

ドレスを試着したときに、普段使いのブラや、ドレスショップで借りたブライダルインナーを着けるとこうした「落ちる」現象が起こりやすいのです。

 

では、どうしたら高い位置のブライダルインナーを見つけられるのでしょう?

それはブラのカップのつくりにあります。

ピュアネットもそうですがワコールさんやそのほか既製品数社は、「トリプルジョイント(3枚ハギ)」を採用しています。

このトリプルジョイントというのは、カップを3つの生地に分けてつなぎ合わせて作る手法で、工賃が高く、その分トップを高くすることができるのでドレスは落ちづらくなるのです。

ブライダルインナー

ネットで見ると同じように見えますが、値段が全然違うブライダルインナーの大半は高さが出ない2枚ハギ(上下をつなぎ合わせるだけ)で作らたカップで、工賃が安いので価格を下げることができますが、その分高さは出ず、ひいてはドレスが滑り落ちてしまうことになるのです。

これはよく見ないとわかりませんので、購入する前に必ず聞いた方がいいと思います。

 

トップを安定的に高くするのは、これだけではない!

トリプルジョイント(3枚ハギ)のブラの高さをしっかり固定する為に大切なのが、お腹周りの縦のボーンです。

kubire

カップは3枚ハギで作られて、一体化している「スリーインワン」は確かに高さを固定することはできますが、ブラの高さと腰回りの位置、つまりウェストのくびれの位置を合わせることが非常に大変で、カップはあってもウェストがきつい、緩いが出てくる可能性があります。

そうなると、今ではブライダルインナーのスタンダード(標準)と言われるようになったセパレートタイプのブライダルインナーが人気になっています。

セパレートですので、カップはトリプルジョイント(3枚ハギ)であれば、トップは高くなり、ドレスが落ちるリスクは極端に減ります。

さらにウェストニッパーの縦のボーンがトリプルジョイントのカップをしっかり支え、さらにウェスト周りのくびれもくっきり出て、着心地が非常に楽です。

既製品ではワコールさんがこのタイプで、ほかにも数社あるようですが、オーダーメイドはピュアネットだけです。

特にレース付きのブライダルインナーは、かわいいだけでなく、ドレスの滑りを抑えうる効果もあります。

また、セパレートにはノンレースもありますが、もし落ちるのが心配であれば、ピュアネットにご相談ください。

カップ上辺に半透明の白いゴムのようなものをつけることができ、これがあれば、落ちる心配はありません。

 

まとめ

人の結婚式で見る何気ないウェディングドレスを新婦が引き上げようとする姿ですが、実はあれだけでも新婦にはストレスがかかります。

せっかくの結婚式です。

想定できるストレスはできるだけ避けるためにも、トリプルジョイントのカップとセパレートのブライダルインナーを選びうようにしましょう。


関連記事