ブライダルインナーを比較するならオーダーメイドは試着から


表参道はブライダルインナーを比較する花嫁が多い

 

omotesando01

ピュアネットの表参道本店には、毎月300人近い花嫁様がご来店します。

 

何故、そんなに集中するかというと表参道はブライダルインナー専門店が多く点在しているからです。

 

しっかり試着して比較検討をしようという花嫁様が多いのです。

 

よく聞く悩みが「どれがいいのかわからない」きっと貴女もそんな悩みがあるのではないでしょうか?

 

では、何が貴女に一番合うブライダルインナーなのでしょうか?

 

表参道周辺でブライダルインナーの比較検討する花嫁様のお話から色々なことがわかってきました。

結婚式当日ストレスをためないためにも

 

bra04ドレスがほぼ決まって気が付いてみたら下着がまだだった!

 

今、貴女はどうしようか考えていませんか?

 

ドレスショップの下着は価格が高かった、きつかった、苦しかった、痛かった、ドレスが落ちてきたなどそんなストレスを我慢すべきか、それとも改めて探すべきかです。

 

ただ結婚式は長丁場です。花嫁会でも話していますができるだけあらかじめ想定できるストレスは回避しておいた方がいいということです。

 

本番当日は何が起きるかわかりません。逆に、ストレスがない中で結婚式を迎えることができれば、きっと貴女の笑顔は自然でとても綺麗に見えるのではないでしょうか?

 

 

では、どうすれば当時のストレスがたまらないのでしょう?そのためのブライダルインナー(ドレス下着)とはどういうものなのでしょう?

 

 比較は金額?着心地?

bridalinner-Fcup

まずほとんどの花嫁様がブライダルインナーを最初に目にするのはドレスショップです。

 

ドレスの値段はわかっていたけどそこに見えないお金があったわけです。

 

その象徴がブライダルインナーです。価格は5万とも8万とも言われます。ドレスが何十万ですのでこの下着の価格を高いと思わなくなるのもドレスの価格と比較する錯覚です。

 

ブライダルインナーは確かに特別な下着ですが、そこまで高いものでなくても大丈夫です。

 

そうなるとまず真っ先に始める貴女の最初の行動は、ネット検索ですね。

 

ブライダルインナーどの口コミがいいか悪いかわからないなら」でも書きましたが、ネットに出てくる口コミやランキングサイトは実はほとんどが自作自演で、全くと言っていいほど役に立ちません。

 

比較する前に本物の口コミを頼る

hanayome01

まず聞くのは、周りにいる先輩花嫁、既婚者です。こういう人たちの情報が一番信頼がおけます。

 

もし初めて着てみたブライダルインナーが上記のようにストレスが少しでもかかるようなら、まずはネットで購入するのも控えて、ブライダルインナーの専門店に行くことをお勧めします。

 

ちなみにピュアネットは全国に20か所以上の販売店があり、さらに販売店の無い地域では、試着会を定期的に開催しています。

 

もし近くになければ、試着会に参加することをお勧めします。試着会のご案内のページもご用意していますのでスケジュールを合わせて是非どうぞ。

 

あと、行ける距離に専門店があるなら一度採寸して試着をしてみることです。まずは着心地ですね。

 

そしてなんといってもドレスのシルエットです。ブライダルインナーはいかにドレスを綺麗に見せることができるかということを考えて作られています。

 

 ブライダルインナーのチェックポイントとは?

chigai01

できるだけトップは高い位置でキープできるのか?左右のバランスは均等にとれているか?緩いところきついところはないか?くびれは綺麗に出ているか?などをチェックします。

 

pbbook01

ちなみにピュアネットでは、初めてブライダルインナーを試着する人のためにチェック表をサイトからダウンロード(無料PB-Book)できるようになっています。この体感チェック表を使って、合っているかどうかをチェックしましょう。

 

次の比較は オーダーメイドか既製品か?

そしてブライダルインナーは大きく分けると2つに分かれます。それは既製品かオーダーメイドかです。

 

基本的に既製品は体が下着に合わせていきます。したがって、合わない箇所が複数出てくる可能性があります。

 

例えばアンダーがきついとかゆるいとか、くびれが綺麗に出ないとか、ウェストニッパーがきつかったりゆるかったりなどなどです。

 

ブライダルインナーこうした気になる個所がほとんどなければ既製品でいいと思いますが、普段使いの下着もなかなか合うものがないという人は、一度オーダーメイドを試してみましょう。

 

 

ただしここで注意してもらいたいのが、カップのつくりです。

 

ピュアネットは当初カップを2枚ハギと言って上下2つの部品で作り上げていましたが、トップが高くならず、左右に流れやすいので、現在はトリプルジョイント3枚ハギ(カップを上下に分けさらに下を左右に分けて作る)にしています。

 

この方が、圧倒的にトップが高い位置でキープできドレスシルエットがとても綺麗になります。

 

コピー商品にご注意を

miyabi01

余談ですが、この古いピュアネットのブラジャーをコピーして今でもオーダーメイドとして販売している業者が港区に2社あります。

 

コピーされるのは仕方ないですが、この古い2枚ハギのブライダルインナーを販売し続けていて、安いのでそれを知らずに購入してしまう花嫁様がとてもかわいそうでなりません。

 

是非、オーダーメイドはカップがトリプルジョイント3枚ハギになっているかどうか確認しましょう。

 

 数店舗比較が必要かも?

まずこうして数店舗で試着してみて自分に合ったブライダルインナーを当日つけるようにしましょう。そうすることによってストレスから解放されるはずです。

 

とにかく、当日ストレスがかかるかかからないかは非常に重要で、そのためには一日中着けているブライダルインナーは慎重に選ぶべきだと思います。

 

多くの結婚式をこれまで見てきましたが、ドレスが下がってきて上をつまんでドレスを引き上げるシーンや下着が見えてしまうシーンなどはあまりいいことではありません。

 

是非とも、既製品、オーダーメイドを比較し、採寸そして試着して決めましょう。

 

まとめ
ブライダルインナーはオーダーメイド、既製品どちらにしろ一度採寸して試着し比較検討することが大事です。少しでも気になるところがあるなら、ストレスがたまるため、できるだけ当日のストレスはためないようにしましょう!

 


関連記事