落ちてこないブライダルインナーのブラとは?


ブラジャーによる肩こりが「落ちないか?」の不安を増す。

ブライダルインナーをしてドレスを試着したことがある方で「ん?」と思うことは【ドレスが落ちそう】だというものです。

こうした不安を抱く方は私服を着ていてもブラが落ちるのではという意識が強いので、当然いつもストラップをつけていると思います。
タンクトップなどをきてストラップレスのブラジャーをすることに不安を感じているのです。

そうすると、ブラジャーが落ちないようにストラップを少し短めにして、さらにアンダーもきつめという対処法をとることが多いのですが、これだと家に帰るとすぐにブラを取りたくなると思います。
そのブラジャーのつけ方では肩が凝るので当然のことだと思います。

しかし結婚式は、ほとんどのドレスがトップレスです。
ビスチェタイプでデコルテから上は何もなし、というドレスを得選んだ時、「ブラジャーやドレスが下がってしまうのではないか」と一瞬でもお悩み方、解決方法をお教えします。
普段の私服でも使える技なので最後まで読んでくださいね。

不安が安心に変わるブライダルインナーのブラジャーとは

これからご案内するブライダルインナーを着ければ貴女の不安はきっと安心に変わります。なぜならこのブライダルインナーで落ちそうと思った人がいないからです。当然ブラ・ニッパー一体型のスリーインワンでは落ちる心配はないと思いますが、実はそれでも落ちそうという花嫁様これまで何人もいました。なぜそんなに不安なのでしょう?それはカップのつくりとブラジャーのサイドとバックの安定感に秘密があるのです。

ピュアネットは一体型のスリーインワンは取り扱っていません。これは何度もここで指摘していますが、ウェストに合わせるとカップが合わない、カップが合ってもウェストが合わないケースがとても多いためです。では、なぜセパレートのブラジャーなのに落ちる不安がなく逆に安心感が生まれるのでしょうか?

設計段階から安定感を意識しています

まずは、最初の設計段階からです。ブラジャーは普通は一つのパターンを作り、それからデザインして作っていきます。ただブライダルインナーは一生に一度ということもあり、各社はそろってデザイン先行でパターン後回しのところが多々見受けられるのです。

花嫁にうけがいい、かわいい、綺麗、シンプルなど見た目から入っているのでどうしてもバランスがあと回しになるのです。それがブラが落ちる原因の一つになっています。見た目から入るとつけたときの不安が出るのは一つはそのためです。

まず、ブライダルインナーを購入するには本当はきちんとパターンをひいてからデザインしているところを選びたいのですが、それはなかなかわかりませんね。

パターンがしっかりしてないと落ちる不安はつきまとう

ブライダルインナー
ピュアネットの場合は、設計段階で、背中ができるだけ広く、さらに着けた感触に安定感があるようなブラジャーを下着のパタンナーにお願いしました。左の写真はわかりやすくするための合成写真ですが旧来ピュアネットが扱っていたブラよりもバックは広く作られています。

しかしながら、サイドからバックを安定させるため実はカップのつくりを変えたのです。

トリプルジョイントというカップの作りなので安心

これがトリプルジョイントというカップを作る際、部品を上下と下はさらに左右にわけで作る3枚ハギのブラジャーなのです。これを採用することによってカップの下側がぐっと上がり、トップが高い位置でキープできるようになったのです。ドレスの理想のシルエットの基本は、トップを高い位置でキープできることが必須条件で、この条件を完全に満たすことができました。

ちなみに上下に分かれ2枚の部品で作るカップは安定感がなくトップも高い位置でキープしづらいためブライダルには向いていませんが、カップを作るうえでトリプルジョイントより作業工程が少ないことから、安価でできるメリットがあり、2枚で作るところがあります。

買う前にカップのつくりを確認しましょう

安心感があってさらにドレスのシルエットを綺麗に見せたいなら断然3枚ハギのトリプルジョイントがおすすめです。もしブライダルインナーを探すなら、まずはカップが3枚でできているかを確認しましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
話しを戻しますが、3枚の部品で作ったブラジャーはバストをしっかり作ることができとにかく高い位置でキープできる安定感があります。さらにサイドからバックに普段使いのブラより幅のあるセミロングブラにすることによって、バストが固定してさらにサイドからバックに包まれている感覚になります。したがって試着したときに「落ちるのが不安」と言っていた花嫁様も全く不安を口にしなくなります。

スリーインワンで不安になった花嫁様もいます

先日、立川店に来た花嫁様が別のブライダルインナー専門店で一体型のスリーインワンをすすめられ試着したときに落ちる不安を感じたそうです。本来一体型ですのでセパレートより落ちる不安は少ないはずです。可能性としてはカップが2枚ハギかウェストがあってもカップが合ってなかったかもしれません。とにかく不安を感じた花嫁様は、その店では購入せずピュアネットにきて購入を決めました。この方も試着した瞬間にこれなら安心というのを感じたそうです。

ウェストニッパーの役目とは?

さらに安定感を増すためにウェストニッパーがあります。一番のピュアネットのウェストニッパーのポイントは着けただけでウェストは苦しくないのにほぼ3センチは細くなります。最初からウェスト周りを細くする設計になっているからです。ですからテーブルの上に広げておくとなんとなくよれた感じに見えますが、実際着けてみると綺麗なくびれが出ますし、バックをナチュラルカットで仕上げると、さらに楽できれいなラインが出来上がります。

ただ、ウェストニッパーはそれだけではありません。もう一つの役割は縦のボーンでしっかりブラジャーを支える役割があるのです。これは体型にフィットすればするほど安定感がまし、「すごーい」とか「これなら安心です」という言葉が花嫁様から出るのです。

着けた瞬間安心感を味わえる

とにかくブラジャーは、トリプルジョイント(3枚ハギ)の方が抜群の安定感がありますし、着けた瞬間、不安が無くなると思います。普段も肩こりがあったり、家に帰るとすぐにブラを取りたくなる人は、もしかするとトリプルジョイントのブラジャーなら肩こりや取りたくなるようなことが起こらないかもしれません。是非落ちる不安がある場合はこうしたブラを見つけて着けてみましょう。

ネットでお近くの店舗を予約できます
電話でもお気軽に 0120-966-561 ピュアネット総合受付

まとめ

ブライダルインナーは、背中が広いのに安定カ感がなければなりません。そのためにはカップが3つの部品で作られるトリプルジョイント(3枚ハギ)が必須です。不安を解消して笑顔で結婚式を迎えましょう。


試着予約ネット受付!


採寸していないので自分のサイズが正確でない

着心地がよくわからない

オーダーと既製品のブライダルインナーの違いが判らない

もしこうした不安や悩みがあったら・・・



今すぐ申し込む

関連記事