ブライダルインナー(ドレス下着)のレンタル貴女は大丈夫?

スリーインワン

ブライダルインナーのレンタルには抵抗がある

ピュアネットの花嫁会で「レンタルのブライダルインナー」について話が出たことがあります。
その時に花嫁会に参加していたすべての人は「レンタルのブライダルインナーに抵抗がある」と答えていました。

皆様のお話を聞いていると、まさにその通りだなと思えるご意見ばかりだったので、なぜブライダルのレンタルインナーがNGなのかまとめてみました。

レンタルは下着の貸し借りと同じ


ブライダルインナーのレンタルがNGな理由として最も多かったのは以下3つです。

  • 穢れのない純白を身に着けたい
  • レンタルは不潔な感じがする
  • 自分にフィットしたサイズを身に着けたい

ウェディングドレスの白は「豊かさと高貴の象徴」です。
結婚式の白というのは穢れのないイメージがあるので、余計に人が着たもので台無しにされたくないと思われる方が多いです。

それに、ブライダルインナー実はウェディングドレスと同じくらい重要で、自分とサイズの合っていない物を着用してもウェディングドレスの魅力を最大限に引き出すことが出来ないのです。
例えば、同じMサイズでも胸の大きさや位置、ウエストラインなど人によって違いますよね。

レンタルのブライダルインナーは誰もが着れるように平均的に合わせてあるので、本来はもっとくびれを美しく見せられるのに出来なかったり、ウエストラインがきつすぎて式の間に気分が悪くなってしまったりということが起こるのです。

レンタル賛成派の意見

レンタルのブライダルインナーでも構わないという方は「サムシングフォー」の言い伝えを信じている人や少しでも節約したいという人です。

サムシングフォーとは「何か新しいもの」「両親や知人から借りたもの」「何か古いもの」「何か青いもの」を身に着けて結婚式に臨むと幸せになれるという言い伝えです。

例えば母親が身に着けていたブライダルインナーとウェディングドレスを身に着けて両親のような家庭を築きたいという願掛けなのかもしれません。

私もウェディングドレスは賛成です。
思い出のこもったドレスを何代も続けて着たいという意志はとても素晴らしいものだと思います。
しかし、ウェディングドレスとブライダルインナーは別々で考えるべきです。

できればウェディングドレスも自分に合ったものに少し手を加えてもいいのかもしれません。
そして少しでも安いブライダルインナーをネットオークションで購入しようとする方もいます。

しかしよく考えてみてください。
幸せなら思い出の詰まったブライダル品を安い値段で売りに出しますか?

答えはNOです。

売りに出した時点で幸せではないのです。
そんなブライダル用品を、自分の大切な時に使いたくはありませんよね。

それに、個人的には誰かが使った下着を自分が使うというのは大いに抵抗があります。

レンタルのブライダルインナーはNGまとめ

もう1度結婚式とはどういうものなのか考えてみてください。

主役は花嫁です。

結婚式のこの日に美が集結するのです。

それには自分の体にフィットするブライダルインナーがベストだとお分かりいただけることでしょう。
ピュアネットではブライダルインナーの電子書籍「無料PB-Book」を配布しています。
ここでお伝えしきれなかったことが書かれているのでぜひお手に取ってみてくださいね。

関連記事
百人の花嫁のブライダルインナー平均購入価格は?
簡単!ドレスのプリンセスライン、ブライダルインナー選び方
種類別ブライダルインナーの購入時期、いつ頃が妥当なのか?

▼ご質問等お気軽にご連絡ください▼

プロのスタッフが回答致します。


試着予約ネット受付!


採寸していないので自分のサイズが正確でない

着心地がよくわからない

オーダーと既製品のブライダルインナーの違いが判らない

もしこうした不安や悩みがあったら・・・



今すぐ申し込む

関連記事