必見!ヘアメイクリハーサルが結婚予算オーバーの一因になる


ヘアメイクリハーサルはするべきだが・・・

 

futari04 結婚式は、準備が進み、結婚式の日が近くなればなるほどどんどん予算が膨れあがってきてしまうというのは先輩花嫁様の結婚後の一番多い感想です。

時間が迫ってきてからは、準備も進んでしまってもう取り返しがつかない時点になっていて、「とりあえずその日に間に合えば」という焦りが出てくるからです。

 

リハーサルをやらないと後悔するかも

よく結婚式の成功の鍵はいかに早く準備を済ませるかと言われます。

結婚予算オーバーは持込料とアイテム料金を知らないのが原因にも書きましたが、結婚準備のスケジュールを全て逆から始めると、結婚予算オーバーが少なくて済むと書きましたが、まさにそれが成功の鍵なのかもしれません。

ピュアネットの花嫁会に以前参加した結婚したての花嫁様が、ヘアメイクのリハーサルをしなかったことをすごく後悔していると話したことがありました。

なぜ彼女はヘアメイクのリハーサルをせず、ぶっつけ本番にしてのちのち後悔したのでしょうか?

人間、結婚準備で日がなくなってくるととにかく焦りが出て二人の間で「喧嘩」になったり中には不安が先に立って「マリッジブルーになったり」とあまりいいことはありません。

 

 見えない出費を早くなくすこと

もし貴女がこれから会場探しを始めるとか、もう決まったけどこれからの予算組をどうするか考えているとき、ピュアネットの花嫁会でもよく聞かれる「見えない出費」とか「最初の見積もりより最低100万円はプラスになる」ことを最初に知って、その対策を考えておければ全体の予算は大きく変わるはずです。

 順番を変えてみる

何度もこのブログで出てくるいい例が、ドレスが先かインナーが先かで予算が全然変わるということです。

 

知らないことだらけで、結婚式の準備マニュアルを見ると会場の次はドレスになっていますが、花嫁様全体の7割近くがドレスと一緒にインナーをその場で購入するケースです。

実はこれもインナーを先に購入しておけば、ドレスショップの高いブライダルインナーを購入することがなく5万円程度は予算が変わってくると思います。

もう揃えてしまった方は、既製品のブライダルインナーならキャンセルがきくはずですから相談して専門店で購入しなおしたほうが予算削減になると思います。

実は結婚式を迎える前の準備段階ではこうした揃える順番を逆にしたり、先に「見えない出費」を「見える出費」にしておくことで、全体の予算を抑えることができるのです。

プランにはドレスの料金は入っていても、インナーはじめ小物アイテムの料金は別途というところがほとんどです。

 ヘアメイクのリハーサルは早急に予算に入れる

そして表題にある結婚式の髪型やメイクのリハーサルの料金も先に知っておけば、その金額を総予算の中に落とし込むことができますので、全体的に最初から予算を抑え目にすることができます。

 

ほとんどは、メイクのリハーサルは最初のプランに入っているとは思いますが、ここはしっかりチェックしておかないといけません。

またヘアのリハーサルもプランには入っているけど、実際ふたを開けてみると、プランのものは1回目のウェディングドレスの時だけでそのあとのカラードレスのリハーサルは別料金というところがほとんどなのです。

勿論メイクも同じことです。

 

 別途料金を知っておく

最初の見積もりには当然ですが別途料金は入っていません。

これはヘアメイクリハーサルだけでなく、料理や飲み物、小物アイテムに至るまでプランに入っていてもそこには別途料金の存在つまり先ほど書いた「見えない出費」があるのです。

これを知らずにどんどんお願いしていくと、最後になって目から火が飛び出るような金額になっているということもよく聞きます。

 

 別途料金1回で2万円なんて言うところもある

メイクに関してもヘアに関してもリハーサルは必要です。

しかし、別途料金を知らずに特にリハーサルは結婚ぎりぎりになってからですから、もう予算も大体わかっている頃に行われることです。

その時初めて別途料金だったというのがわかってどうする?ということになるのです。

 

私はメイクもヘアも、できるだけ当日のことを考えるとリハーサルはやっておくべきだと思います。

その方がストレスがかからないのでぶっつけ本番より絶対いいと思っているからです。

ただ、ヘアメイクのリハーサルが予算が大幅にオーバーしている直前の時期に1回増やすごとに5,000円~20,000円もかかるといわれたら、貴女はどうしますか?

実際、先輩花嫁様に聞いたリアルの料金です。

 

 なるべく先に別途料金を知ること

これがわかっていれば、外部に頼むことを考えた方がいいかもしれませんが、式場側もメイク室は貸してくれませんし、一部屋専用の部屋を設けてその料金を取るなど、色々なことがありますので、どちらが得かはあらかじめ調べておけばわかることなのです。

himei01

予算がオーバーすぎて削らなければいけない時点で、予算がさらに増えざるを得ないとなると、新郎との喧嘩になることもありますね。

行き当たりばったりが結婚費用をオーバーさせてしまう結果になっているのです。

もし貴女がこれから会場を探すという段階であれば、ヘアメイクのリハーサルはどうしても必要なので、見積もりに最初から入れてもらうか交渉して安くしてもらうかなど、先に決めておくべきではないかと思います。

 

結婚式場との交渉は、申込みをする前段階が結婚費用がかなりオーバーするかそれとも抑えられるかが決まるといっても過言ではありません。

もう、結婚式場が決まっている方は、見積もりにリハーサルの料金を全て含めて計算したほうがいいでしょう。

 

関連記事
結婚式ウェディングドレス普段ないくびれを下着で綺麗に出す
ブライダルインナーこうすれば胸のボリュームはアップする!
種類別ブライダルインナーの購入時期、いつ頃が妥当なのか?

 

まとめ
ヘアメイクのリハーサルは、別途料金がつきものです。

リハーサルは結婚式間近に行われるため、その際の出費はかなり厳しいものです。あらかじめ「見えない出費から見える出費」にしておきましょう。


試着予約ネット受付!


採寸していないので自分のサイズが正確でない

着心地がよくわからない

オーダーと既製品のブライダルインナーの違いが判らない

もしこうした不安や悩みがあったら・・・



今すぐ申し込む

関連記事

ブライダルインナーを福岡で購入するには

きっちり採寸して完璧のブライダルインナーを! 今日は特に福岡近辺で結婚式を控えた花嫁様たちにお届けしたい内容がぎっちり詰まっています! 結婚式まであと少し・・・