ピュアネットブログ

オーダーメイドで作り上げる!セパレート、ビスチェそして妊娠5か月からのマタニティ

ブライダルインナー探しで知っておきたい5つの効果的ポイント


ブライダルインナーを選ぶ時の注意点5つ

ウェディンドレスやカラードレスは誰しもが結婚式で夢見る光景だと思います。

しかし、その下にはブライダルインナーを着用するというのをご存知でしょうか。
見えない部分の努力は知られないものなのです。

花嫁様たちは、結婚が決まり会場が決まり、次にドレスショップにドレスを見に行ったときに専用のブライダルインナーがあるということを知ります。

「そうか、ドレス用の下着も必要なんだ」とブライダルアイテムが一つ増えて「無駄な出費が・・」と落ち込んでしまう花嫁様が大勢いるのも確かです。

今日はそんなブライダルインナーを選ぶ時の注意点を5つご紹介したいと思います。
ブライダルインナーを無駄な出費で終わらせてしまうのか、それとも結婚式を成功させるための一つのアイテムにするかはあなた次第です。

1、明細は必ずチェックする

式場ですすめられた衣装店やドレスショップに行くと、ウェディングドレスがレンタルで20万円から・・・!「ドレスの相場ってこんな金額なのかな?」と誰にも相談できず、彼に話しても彼も分からないから、関心を持って話を聞いてくれない状態だとお悩みの花嫁様はたくさんいます。

ウェディングドレスを着たらお色直しもしたい。
和装と洋装2つを着てみたいと思う気持ちはあるのですが、ドレスのレンタルを1着増やすだけでプラス15万円ほどしてしまいます

ドレスを3着用意したら50万円ほどプラスで金額がかさんでしまうということも十分あり得るのです。

そんな時に、ブライダルインナーは登場します。

衣裳店の店員さんに、「お客様普段の下着は何サイズですか?」と聞かれて答えてみたら「ではこれを」と言われて、ドレスを選びながら持ってこられたウェディングドレス用のインナーを着けます。

「きついな、でもしょうがないのかな?スタイルよく見せるためなんだから・・・」って思ったり「緩いな、もっと締めてほしいのに」と思ったり個人によって感想は違いますが、共通して言えることは「知らない間に料金が加算されていた」ということ。

「ブライダルインナーをどれになさいますか?」や「ブライダルインナーを購入されますか?」と言った質問はない場合がほとんどなんです。

Aライン、マーメイド、ふわっとしたプリンセスとドレスに関心が行っている中、いつの間にか脇役はお買い上げリストに入っていたりするものなのですよ。
しかも、既製品なのに2~5万円前後という値段が一般的です。

ドレスで大きな金額を見た後なので「まぁ普通かな」と思ってしまいがちですが、普段の日常で全く気に入ってない下着を5万円で購入しますか?

きっとしないはずです。
ブライダルインナーもそうでなければなりません。

美しく見せられるわけでもないのに高価なものを購入する必要はないのです。

ブライダルインナーを「これいりません」と言って良いということを知らなかったという人もいます。

持ち込み料金を取られてしまうという先入観がある場合もありますし、本当にとられてしまう式場も存在します。

2、安ければいいというわけでもない

ドレスの見積もりを詳しく見るとドレス、靴、グローブ、ティアラまで予算外アイテムのオンパレード。

見積もりの欄の下の方に「ブライダルインナー」価格は5万円と書いてあったら「しょうがないか必要なものだし」、「ただでさえ式場の準備に忙しいのにブライダルインナーまで考えていられない!面倒なので一緒にお願いしちゃおう」という花嫁様も多いと思います。

しかし、予算が想像を上回る見積もりになって我に変える花嫁様もいます。
「もっと安いのがあるんじゃないの?」と気が付くわけです。

そうすると、花嫁様は情報を集めるためにネット検索を始めます。
「ウェディングドレス 下着」「ブライダルインナー 価格」などで検索しますね。

色々なサイトを見て金額を照らし合わせると、ネットで購入するものとドレスショップで購入するものとの価格差が相当あるのに気が付くと思います。

もしかするとネットで購入したらものによっては、ドレスショップの1/10でも買えるかもしれません。

しかし、試着ができないネットで購入するのはとても危険があります。
なぜなら、実は普段の下着とブライダルインナーではサイズ感覚が違うから。

しかも製品によってサイズが違うので、大きめを選んだ方が良いや小さめを選んだ方が良いというのは一概には言えないのです。

安いゆえに返品に応じてくれないショップもありますから、結局サイズが合わないと購入を繰り返してしまうことになりますし、それでも自分が心から納得できるものと出会えることはそうありません。

こだわりの強い人ならなおさらです。

3、ブライダルインナーのランキングサイトは自作自演の可能性大

ネットの価格を知ると、ドレスショップのブライダルインナーは高くてとても購入できないと思い始めるはずです。
しかしネットで購入も試着が出来ない不安があるのでためらわれます。

そうしたら今度は「ブライダルインナー ランキング」「ブライダルインナー 人気」といったキーワードで検索していくことになりますね。

しかし、たどり着いたランキングサイトは企業が自作自演したランキングサイトの可能性が高いです。

花嫁様が自身のブログに「自分でブライダルインナーショップを周ってそれぞれを評価します」と写真付きで載せていたとしても、それは企業と契約して賃金が発生している可能性が高いのです。

仕組まれたランキングということですね。

ネットは参考程度にして、やはり自分の足でお探しすることをオススメします。

4、スリーインワンとセパレート、選ぶのはセパレート

ここまで自力で調べた花嫁様は、ドレスインナーには種類があるんだなということも分かってきたと思います。
一体型のスリーインワンと、上下で分かれているセパレートです。

多くの花嫁様が「ブライダルインナーはスリーインワン」という固定概念を持っています。

しかしそれは企業の作戦に乗ってしまっているだけなのです。

たくさん作ってしまったスリーインワンがそのまま大量に世に出回ったためそのようなイメージとなりました。

それぞれ人間はバストの位置とくびれの位置が違います。

スリーインワンタイプの既製品では、自分の縦のサイズにぴったり合わせるというのは不可能です。

ゆえに、全然くびれが綺麗に出せない、カップが浅いなどの不具合が生じてしまうことになります。
ブライダルインナーは「セパレート」というのが、ブライダルインナー界では常識です。

5、オーダーメイドか既製品かの2種類

実はブライダルインナーには既製品だけでなく、オーダーメイドも存在します。
自分の体にフィットして、バストをきちんと持ち上げ、美しいくびれをつくるのに息苦しくないというものが作れるのです。

しかも、もしかしたら式場の衣裳店のブライダルインナーよりもリーズナブルな値段で作れてしまうかもしれません。

既製品よりもオーダーメイドが安いなんて不思議ですが、式場には式場価格というものが付いているので、本当は2万円で手に入るものでも5万円したりしてしまうものなのです。

オーダーメイドならピュアネット

ブライダルインナーは、有名メーカーで買っても、オーダーメイドをブライダルインナーの専門店で購入してもドレスショップの半額程度という場合が多いです。
こうなると、有名メーカーの既製品にするか専門店のオーダーメイドにするか迷ってしまうことになりますね。

しかし、たいして変わらない値段であれば、既製品よりもオーダーメイドの方が良いというのは一目瞭然です。
万人に合わせて作ったものではなく、自分の体を採寸して自分専用のブライダルインナーだからです。

ピュアネットのオーダーメイドブライダルインナーを着用してドレスを着てみてもらえれば、その選択が間違いでなかったことに気がついてもらえると思います。

まとめ

ブライダルインナーは、自分自身をより美しく見せるために重要なアイテムです。

ドレスを着るなら、金額が高くても絶対に用意しなければなりません。
しかし、無駄なお金は払いたくないですよね。

既製品とオーダーメイド、値段が大差ないなら絶対的にオーダーメイドがおススメです。

▼ご質問等お気軽にご連絡ください▼

プロのスタッフが回答致します。


関連記事

ブライダルインナーとダイエット

ブライダルはジューンブライドと呼ばれる6月や、涼しくなりだして雨の少ない10月から11月ほどがトップシーズンです。 11月の今日も、表参道を歩いているとタキシー