ブライダルインナー専門店が近くにない対応策(札幌編)


北海道に在住の方!バストの左右差にお悩みの方必見

bra01

胸の大きさが左と右で違うことにお悩みではありませんか?

左はCカップだけど、右はAカップなんて大幅にサイズが違う人もいます。

みなさん大きい方の胸にブラジャーのサイズを合わせるので、サイズが小さい胸の方は、カップがパカパカです。

いつものことなのでもう慣れっこになってしまったという人もいますが、普段着ならまだしも一生に一度のウェディングドレスでは、胸のカップをどうにかしたいと考えている人も多いはず!

本日は、特に北海道札幌にお住まいの方にお伝えしたい、【カップの左右差が無くなりウェストラインがキュッと引き締まる“ブライダルインナー”について】をご紹介していきたいと思います。

バランスが取れたデコルテラインが生きがい

札幌の百貨店、インナーショップを回って有名メーカーのブライダルインナーを試着してもパットの種類があまりないと聞いています。
あまりない種類の中から、自分に合うブライダルインナーを探すのは至難の業ですね。

しかしピュアネットなら、花嫁様が何かしらお持ちの悩みをベテランスタッフが解決し、左右バランスのとれた綺麗なバストにデコルテラインを作ることができます。

詳しくはこちら→簡単にできるブラジャーの3つの理想を現実にする匠の技

ピュアネットは東京近辺に店舗を構えていますが、遠方でお越しいただけない花嫁様たちのために定期的に各地域でブライダルインナーの試着会をやっています。

北海道札幌でも定期的に行っていて、いつもたくさんの花嫁様に参加いただいています。
バストの左右差があって悩んでいる方のお悩みを手助けできる機会です。

今後、普段お使いのブラジャーもストレスなく着用できるようになるはず。

ピュアネットでは「他の専門店ではここまでパッドで調整してくれなかった」と喜んでもらうことをこころがけ、6種類のパッドを使ってバランスよく「胸を作る」ことを心がけています。

定期的に札幌で試着会を開催

sapporo02

ピュアネットは、オーダーメイドブライダルインナーの専門店です。

参道本店には、多い月で300人以上の花嫁様が来店してくださいます。
累計すると、5千人以上の花嫁様の採寸を手掛けたスタッフもいるほどです。

数年前から、東京都内以外のお客様から「通販購入は出来ないのか」「地方販売していないのか」といった問い合わせが増え始め、とくに北海道からの問い合わせが多かったこともあり一度札幌で試着会を開催しました。

その時の試着会がとても評判良く、相変わらず問い合わせが殺到したため、今では定期的に「ホテルサンルートニュー札幌」でブライダルインナーの試着会を開催しています。

北海道は東京都内とは距離感が違う

北海道はとっても広いですね。

東京に住んでいる物の感覚では、例えば札幌への旅行で「旭川動物園まで行っちゃおう!車ですぐでしょ!」なんて思うかもしれませんが、札幌から旭川なんてちょっとした小旅行です。

東京から熱海へ行くよりも数倍遠いです。

そのため、札幌周辺で試写会を行うなら札幌周辺の花嫁様しかきてもらえないな、と考えていましたが、なんと、小樽、函館、富良野、旭川、帯広などかなり遠くから車で参加してくれた花嫁様がとても多く、昨年は北見から片道4時間近くかけてきてくれた花嫁様もいました。

札幌で行うにもかかわらず、ほぼ北海道全域からくてくださると言っても過言ではありません。

この中の数人の花嫁様にお話を伺うと、口をそろえて「車で3時間くらいは苦にならない」と言っていたので、東京の人とは感覚が全然違うなと思いました。

しかも、試着会は3月初旬のまだ雪が人の丈ほど積もっているときの開催でしたが、予約が殺到して、あっという間に定員となってしまいました。

参加希望がすごい勢いで増えたため、スタッフを1名増員して対応したこともあります。

sapporo01
会場のあるホテルサンルートニュー札幌は、狸小路の通り沿いで札幌最大の繁華街である“すすきの”や“大通公園”から歩いても数分です。

札幌駅からは地下鉄で2駅で、外に出ずに歩いて向かうこともできるので雪が降っていても便利です。

地下道はとても綺麗で縦横に整備され、土日にはイベントが開催されることもあるのだとか。
地下鉄が充実している北海道ならではの事ですね。

札幌と言えばおいしいものに目がない私は、海産物がたまりません。
東京で食べる焼き魚やお刺身よりも、数倍大きくて数倍おいしいのに料金はリーズナブル!

北海道ならではのホッケが特にオススメですが、ジンギスカンやラーメン、スープカレーなど名物だらけで何を食べようか悩んでしまいます。

また、北海道の人は肌がきめ細やかな色白の女性がとても多いのも特徴。

鼻筋もスッと通っていてはっきりした顔立ちの方ばかりです。

ウェディングドレスを着た時の姿は本当に美しいのでしょう。

冬の大通公園の雪まつり、夏は中島公園の花火大会などにもぜひお邪魔してみたいと思っています。
sapporo03

ホテルサンルートニュー札幌でのブライダルインナー試着会は、数年定期的に開催しています。

当初は冬の始まる10月くらいから春を迎える3月くらいまでは開催していませんでしたが、最近は試着会開催を望む声が増えたためにほぼ毎月のように開催することになりました。
(ただ、札幌で何かのイベントがあるときは、なかなかお部屋が取れないこともあるのでやむなく延期になることもあります。)

試着会の流れ

完全予約制で予約をお取りしています。

日程を決定してホームページに掲載するころは、ほぼ予約が埋まってしまうこともありますので、できるだけ早めにお問い合わせいただけますと幸いです。

当日は1人1時間ほどでお時間をいただいています。
ホテルのフロントでお名前を言っていただければお部屋にご案内しています。

fitting02

ホテルのお部屋にご案内してからは、まずウェディングドレスやカラードレスのお写真を拝見。

まだ決定していない方は、雑誌の切り抜きなどを持参する方もいます。
背中の開き具合、ドレスの露出部分を把握したいので、まだドレスが決まっていない方は理想のものを考えてきてくだされば大丈夫です。

その後は早速ブライダルインナーの採寸、試着という流れです。

お部屋はある程度の広さがありますので、カップルやお母様、姉妹やご友人とこられる方も多く、スタッフ含めて4人くらいは大丈夫な広さです。
花嫁様だけでなく、ご姉妹の方も一緒にブライダルインナーを購入してくださるということもあるんですよ。

その場合は、予約の際に言ってくださればお時間を多めにお取りします。

ちなみに、このブログの最初に出てきた“胸の左右差が大きい”方は、この試着をした時の判断が重要です。
ブライダルインナーを実際に着けてみたときに、スタッフが長年の経験から判断します。

もともと、ピュアネットのブライダルインナーのカップカットは、バストとの浮きをなくすためにカップの外側を8ミリほどカットする技術を採用しています。
これで浮きが若干抑えられます。

そしてアンダーを少し絞った形で感触を確かめていたき、パッドで最終調整をするのです。

パッドの技術

ピュアネットには形、厚み、大きさが異なった6種類のパッドがあります。

1種類のパッドで上下左右前後の入れ方を駆使することもあるし、小さい方の胸には2種類か3種類のパッドを組み合わせて入れていくこともあります。

ピュアネットのスタッフにここまでパッドの技術があるのは、普段からオーダーメイドで色々な花嫁様のカップを作っているたまもの。
自然と覚えてしまった技術で、ご希望に添えるバランスのいいデコルテを仕上げる自信が全スタッフにあります。

つまり、ピュアネットのスタッフなら胸の大きさで左右差がかなりある花嫁様のバストも、見た目上では均等に仕上げることができるのです。
バストの左右差でお悩みの方は、きっとこの技術を見れば今まで悩んでいた左右のバランスが改善されストレスなく過ごせるようになれるはずです。

まとめ

札幌の“すすきの”に近い「ホテルサンルートニュー札幌」で定期的に開催しているブライダルインナー札幌試着会。
日程が決定するとすぐに定員締切になってしまうので、HPに乗っていなくてもお気軽にご予約・お問い合わせください。

▼ご質問等お気軽にご連絡ください▼

プロのスタッフが回答致します。


関連記事