ブライダルインナーのショーツって本当に必要?

ブライダルショーツ

ブライダルショーツは悩む

花嫁誰しもが直面する課題かもしれません。

ブライダルインナーは購入したけれど、そのほか下着のアイテムがいろいろあるので、何が必要なのか?ブライダルインナーだけではいけないのか?もし揃えるなら最低何を揃えるべきか?

ブライダルインナーは、セパレート(ブラとウエストニッパーの組み合わせ)や一体型があります。

さらにその周辺アイテムにはショーツ、フレアーパンツ、ストッキング、ドロワーズ、ガーターベルト、ガードル、ブルーリボンガーター、ランジェリーバック、ブライダルハンカチなど種類もかなりあります。

実はこの中で花嫁が一番悩むのがショーツなのです。

見えないので必要ないという花嫁もいますが、逆にブライダルインナー(セパレートや一体型)とお揃いで新品をはくという花嫁もいます。

このページでは、本当にショーツは必要なのか?ショーツを揃えない人の理由、揃える人の理由を詳しく説明します。

そしてあなたはどうするべきなのか?というお悩みを解決する参考にしていただければと思います。

 

ブライダルショーツが白いわけ

ブライダルショーツをご紹介する前に触れておきたいのが「どうしてウェディングドレスは白なのか」です。

結婚式ではウェディングドレス「白」であると「二人だけの色に染める」という意味があります。

また、普段は白いショーツは履きませんね。

しかし白のイメージは「清潔」「純粋」「新鮮」のような美しいイメージがあることから、新婦のイメージも「白」でそれがブライダルインナーはじめインナーのアイテム全体が「白」になったのです。

ちなみにベージュを探す花嫁も数パーセントいますが、ほとんど普及していません。

なぜなら、ウェディングドレスに強いスポットライトが当たるとウェディングドレスの下が白以外は影やくすみが生じてしまい、せっかくの真っ白なウェディングドレスが若干下着の色に押されてしまうことがあるからです。

そんなんこともあって、ほとんどの花嫁は下着は「白」を選びます。

最低限必要なもの

ブライダルインナーはブラジャーとウェストニッパーに分かれているセパレートか一体型が基本です。

しかし、すべての花嫁は、ショーツは必ずはいています。

あとは普段使いかブライダルショーツか?はあなたの考え方次第です。

必要と思う理由

1、新しい人生のスタートはショーツも含め全て新品のほうがいい。

2、サンシング4の一つサムシングニュー「何か新しいもの」としてのアイテム。

3、「お揃い」にこだわる。

必要ないと思う理由

1、見えないところなので揃える必要がない。

2、細かいアイテムはできるだけ予算の関係で削除したい。

 

ただ、新しいショーツであれば普段使いのショーツでもいいと考える花嫁も多いのですが、ブライダルショーツは足口がレースになっていて、足口の締め付けによる段差ができないよう工夫されているものが多くあります。

 

見逃してはいけないこと

かなり現実的なお話をします。

それは、ドレスを着る際、花嫁はブライダルインナーとショーツ姿になります。中にはショーツを見られたくないためフレアパンツをはいている花嫁もいます。

フレアパンツについてはブライダルインナーのフレアパンツ結婚前後の使い道でも詳しく解説していますのでこちらも参考にしてください。

さてその時、清潔感のあるショーツでお揃いじゃないとさすがに周りの視線が恥ずかしいと思うのか?あるいは周りは女性スタッフだけなので気にしないと思うのか?です。

これに関しては初めて会う人の前で着替えを見られるのが恥ずかしいと顔を赤くする花嫁とまったく気にしない花嫁がいてこの様子がとても極端だと着付けのプロが話していました。

 

60%近くがお揃いのショーツを購入

実は60%近くの花嫁はブライダルショーツを購入しています。

若干差はありますが2人に1人は購入しているということになり、数字上でも「必要」「不必要」にわかれています。

このほか「お揃いが好き」とか「お揃いなら買いたい」という意識が特に日本人は強いといわれていますのでそうした理由から同じものを揃えたいという意識もあるのです。

確かに普段使いのブラジャーとショーツも「お揃いだから買った」という話をよく聞きますし、あなたも「お揃い」は持っているのではないでしょうか?

ブライダルインナー専門店ではセパレートや一体型のブライダルインナーにショーツやフレアパンツを同じレースやデザインを使い統一感を出して販売しているがところが多くあります。

これを読んで、あなたはどう感じましたか?

このページを参考にあなたの中の「価値観」でショーツを購入するべきかしないべきか決めていただければと思います。

まとめ

ブライダルショーツは購入するしないは五分五分です。ただ日本人はお揃いが好きという人が多く大半がお揃いで購入しています。ブライダルインナーを購入する際、ぜひ参考にしていただければと覆います。


試着予約ネット受付!


採寸していないので自分のサイズが正確でない

着心地がよくわからない

オーダーと既製品のブライダルインナーの違いが判らない

もしこうした不安や悩みがあったら・・・



今すぐ申し込む

関連記事