ブライダルインナーのショーツって本当に必要?

ブライダルショーツ

ブライダルショーツは悩む

花嫁誰しもが直面する課題かもしれません。

ブライダルインナーは購入したけれど、そのほか下着のアイテムがいろいろあるので、何が必要なのか?ブライダルインナーだけではいけないのか?もし揃えるなら最低何を揃えるべきか?

ブライダルインナーは、セパレート(ブラとウエストニッパーの組み合わせ)や一体型(スリーインワンやオールインワン、ビスチェと言われブラとウエストニッパーが一体になっているもの)があります。

さらにその周辺アイテムにはショーツ、フレアーパンツ、ストッキング、ドロワーズ、ガーターベルト、ガードル、ブルーリボンガーター、ランジェリーバック、ブライダルハンカチなど種類もかなりあります。

実はこの中で花嫁が一番悩むのがショーツなのです。

見えないので必要ないという花嫁もいますが、逆にブライダルインナー(セパレートや一体型)とお揃いで新品を穿くという花嫁もいます。

このページでは、本当に必要なのか?ショーツを揃えない人の理由、揃える人の理由を詳しく説明します。

そしてあなたはどうすれるべきなのかというお悩みを解決する参考にしていただければと思います。

 

まず「ショーツ」とは

明治時代、日本女性が和装から洋装に変わり始めてから本格的にショーツを穿くようになりました。

ただ当時は「パンツ」と言っていました。

今では「パンツ」というと男性、女性問わず、アウター的なイメージが定着していますが、当時はパンツやパンティと言っていました。

これが下着業界が率先して「ショーツ」という言葉に変えて売り込んだ結果、今では「パンツ」や「パンティ」という人より「ショーツ」と言う人が増えたのです。

またショーツは、ブライダルインナーのアイテムの中にもある「ドロワーズ」がなまって「ショーツ」になったという説もあります。

世界的には「ショーツ」というと「ショートパンツ」つまり半ズボンという意味で使っている国が多く、ショーツは、どちらかというと日本語?ではないかともいわれます。

さて、その「ショーツ」の中でも、今回のテーマになっている「ブライダルショーツ」についてご説明します。

 

ブライダルショーツが白いわけ

ブライダルショーツをご紹介する前に触れておきたいのが「どうしてウェディングドレスは白なのか」です。

結婚式ではウェディングドレス「白」であると「二人だけの色に染める」という意味があります。

また、普段は白いショーツは穿きませんね。

しかし白のイメージは「清潔」「純粋」「新鮮」のような美しいイメージがあることから、新婦のイメージも「白」でそれがブライダルインナーはじめインナーのアイテム全体が「白」になったのです。

ちなみにベージュを探す花嫁も数パーセントいますが、ほとんど普及していません。

なぜなら、ウェディングドレスに強いスポットライトが当たるとウェディングドレスの下が白以外は影やくすみが生じてしまい、せっかくの白いウェディングドレスが若干下着の色に押されてしまうことがあるからです。

そんなんこともあって、ほとんどの花嫁は下着は「白」を選びます。

最低限必要なもの

ブライダルインナーはブラジャーとウェストニッパーに分かれているセパレートか一体型が基本です。

しかし、すべての花嫁は、ショーツは必ず穿いています。

あとは普段使いかブライダルショーツか?はあなたの考え方次第です。

必要と思う理由

1、新しい人生のスタートはショーツも含め全て新品のほうがいい。

2、サンシング4の一つサムシングニュー「何か新しいもの」としてのアイテム。

3、「お揃い」にこだわる。

必要ないと思う理由

1、見えないところなので揃える必要がない。

2、細かいアイテムはできるだけ予算の関係で削除したい。

ただ、新しいショーツであれば普段使いのショーツでもいいと考える花嫁も多いのですが、ブライダルショーツは足口がレースになっていて、足口の締め付けによる段差ができないよう工夫されているものが多くあります。

 

見逃してはいけないこと

かなり現実的なお話をします。

それは、ドレスを着る際、花嫁はブライダルインナーとショーツ姿になります。中にはショーツを見られたくないためフレアパンツを穿いている花嫁もいます。

さてその時、清潔感のあるショーツでお揃いじゃないとさすがに周りの視線が恥ずかしいと思うのか?あるいは周りは女性スタッフだけなので気にしないと思うのか?です。

これに関しては初めて会う人の前で着替えを見られるのが恥ずかしいと顔を赤くする花嫁とまったく気にしない花嫁がいてこの様子がとても極端だと着付けのプロが話していました。

 

60%近くがお揃いのショーツを購入

実は60%近くの花嫁は「見えないおしゃれ」という意識があってブライダルショーツを購入しています。

若干差はありますが2人に1人は購入しているということになり、数字上でも「必要」「不必要」にわかれています。

このほか「お揃いが好き」とか「お揃いなら買いたい」という意識が特に日本人は強いといわれています。

確かに普段使いのブラジャーとショーツも「お揃いだから買った」という話をよく聞きますし、あなたも「お揃い」は持っているのではいでしょうか?

ブライダルインナー専門店ではセパレートや一体型のブライダルインナーにショーツやフレアパンツを同じレースやデザインを使い統一感を出して販売しているがところが多くあります。

これを読んで、あなたはどう感じましたか?

このページを参考にあなたの中の「価値観」で決めていただければと思います。

まとめ

ブライダルショーツは購入するしないは五分五分

日本人はお揃いが好きなという人が多い

▼ご質問等お気軽にご連絡ください▼

プロのスタッフが回答致します。


関連記事