ピュアネットブログ

オーダーメイドで作り上げる!セパレート、ビスチェそして妊娠5か月からのマタニティ

ショーツってブライダル用は必要か?

公開日:

ブライダルインナーの小物アイテムについて

ブライダルインナーの周辺小物アイテムはどこまで揃えればいいのか迷っていませんか?

【必須アイテム】

  • ブラジャー
  • ウェストニッパー

【合った方が良いアイテム】

  • フレアパンツ
  • ショーツ
  • ストッキング
  • ガーターベルト
  • (ブルーリボンガーター)
  • ランジェリバック

カテゴリーで分けるとこのようになります。

フレアパンツを購入するとそれに付随するアイテムを購入しなくてはならないので、まずはそこが悩みどころかもしれませんが、フレアパンツは何故必須アイテムなのかの3つの理由で書いた通り、フレアパンツは推奨します。

「合った方が良いアイテム」ではなく「必須アイテム」に入れたいほどです。
しかし、この時だけのアイテムはできるだけ絞っておきたいと思うのは当然だと思います。

あえて言います「必要ないかも」


ピュアネットしては当然全部揃えたほうがいいです、ぜひ買って下さいと言いたいところですが…このブログはあくまで花嫁様の気持ちを尊重して重きを置いています。

ですから、これから申し上げる内容は、「買ってください」という考え方ではなく、あえて「必要ないかも」という考え方だと思っていください。

ただ、必要か必要でないかは花嫁様が決めてくださいね。
分からないより分かって決めたほうがあとで後悔することは少ないのであえて書かせていただきます。
本記事では「ブライダルショーツ」について触れたいと思います。

ウェディングドレスが白いわけ

さて、ブライダルショーツをご紹介する前に触れておきたいのが「どうしてウェディングドレスは白なのか」です。
ウェディングドレスは白がベースで、クリスタルホワイト系やイエロー系、ベージュ系などもありますが、いずれも「白」に非常に近い色ですね。

5万人の花嫁が体験したドレスが輝く「白」の法則では、ベージュは影ができやすいのでオススメできないと書きました。

結婚式ではウェディングドレスが白いのは「あなたの色に染めてもらいたい」という意味があるという司会のナレーションを聞いたことがあります。

しかしそれは昔の事。
最近では「二人で二人だけの色を染める」というように「男女平等」の精神からウェディングドレスが「白」であると、ウェディングの色の意味が変わってきたようです。

最低限必要なもの

ブライダルインナーはブラジャーとウェストニッパーが基本です。
まず、最低限でもこの2つとフレアパンツは必須としておきましょう。

たまに、「お腹周りがきついのは苦手だからブラジャーだけ着用する」という方がいらっしゃいますが、ブラジャーはウェストニッパーとセットで初めて最大の効果を発揮しますのでどちらか一方というのはオススメできません。

ブラジャーだけならもう普段使用しているブラジャーを使用しても良いんじゃないか、と思うくらいオススメしません。

ブラジャーとウェストニッパーは必ず採寸して自分に合ったものを探さなければいけませんが、フレアパンツはあまりサイズの間違いがないと思いますので、ネット通販で安く手に入れるというやり方もあります。

そうすると、ショーツに至っては“全く必要ありません”!
普段のショーツでも構いません。
別に、フレアパンツを履いていればパンツが見えることはありませんし、何色でもいいと思います。

予算を切り詰めなければならない時に、わざわざそろえる物でもないような気がします…が、それならわざわざブログで記事にする必要もないですね。

何か新しいもの

「結婚式の当日、綺麗な衣装を身にまとっているから下着も新品にしよう」という考えはあってもいいと思います。

花嫁様の大多数はそのように思うことでしょう。
下着が特別の方が気分は上がりますからね。

花嫁の予備知識 サムシングフォーってなんですか?にも書きましたが、なにか「青いもの、借りたもの、古いもの、新しいもの」を身に着けた花嫁は幸せになるといわれています。

「何か新しいもの」が下着で会っても良いのです。

ブライダルインナーの2点とフレアパンツ、そしてショーツは新しいものにしようと花嫁様が思うのならそれが一番です。
しかし、その際はわざわざブライダルショーツにする必要はなく、インナーショップで今後も履けるようなかわいいデザインの物や、純白にふさわしいものは沢山あるので安く手に入れてしまうのがおススメです。

ちなみに…ブライダルインナーを結婚式当日レンタルしているドレスショップもあるそうです。

古着などに慣れた方は大丈夫なのでしょうか。
私個人の答えはNoです。いくら血のつながった兄弟姉妹でもNoです。
歯ブラシの貸し借りくらい嫌です。

すみません。話がそれてしまいました。

ピュアネットでは60%近くが購入しているのはなぜ?

ここまで言っておいて申し訳ありませんが、じつはピュアネットではブライダルショーツを販売しています。
では、なぜピュアネットはわざわざブライダルショーツを作って販売し、それを購入する花嫁様がいるのでしょうか。

実は、ショーツは60%近くの花嫁様がブライダルインナーと一緒に購入するからです。
ニーズがあるから販売しているということになりますね。

購入してくださった花嫁様は「ほかに探すのが面倒」「時間がない」という考えから、ある花嫁様は「レースがかわいいから」や「セットだとお得だから」中には「ショーツの上の部分がおへそにかからないから」といったユニークな考えの花嫁様もいました。

購入する理由

でも本当の理由はそこではないような気がします。それは「見えないおしゃれ」です。「サムシングフォーの一つでサムシングニュー(何か新しいもの)」であることに加え、ピュアネットの場合、ブラジャー、ウェストニッパー、フレアパンツ、そしてブライダルショーツは全て同じレースが使われています。また、足口はレースになっているので締め付けによる段差ができないようになっているのです。

あとは、「お揃いが好き」とか「お揃いなら買いたい」という意識が多いです。
私事で大変恐縮ですが、私はスポーツをするときユニフォームから道具まで全て同じメーカーのものにしています。お揃いが大好きです。

それはなぜかというと…なぜなのでしょうか。
明確な理由は思い当たりませんが、やはり身が引き締まる思いがするというか、いい女度が高まるようなきがするからなのでしょうね。

すべてがバラバラのブランドだと、心もチグハグになってしまうような気がするのです。
1つ1つ色々なお店を見てまわるのがめんどくさいという本心ももちろんあります。

ちなみに私の場合は、唯一スポーツバックだけが違うメーカーのものを持ち歩いています。知り合いからプレゼントされたからです。なんだかいつもこれだけが気分の問題ですが「他で同じメーカーのものを買おうかなぁ」とか考えてしまいます。

お揃い

多分、ピュアネットでブライダルショーツを一緒に購入する花嫁様ってこんなことも考えの中にあるんじゃないかと思います。

確かに普段使いのブラジャーとショーツも「お揃いなら購入します」「お揃いだから買ってしまった」といった話をよく耳にします。

ほとんどすべての衣裳をピュアネットで購入しているのに、ショーツだけ違うとなんだか“チグハグ”になってしまうような気がするのでしょう。

まとめ

予算を切り詰めたいのなら、ブライダルショーツは無理して買うことはありません。
ドレスで下着が透けるというのも考えにくいですし、パンツが見えることはありません。
しかし、気分を高まらせたりサムシングフォーの精神を信じるのであれば、新しいものを用意しても良いのかもしれません。
すべては花嫁様のお気持ち次第です!

▼ご質問等お気軽にご連絡ください▼

プロのスタッフが回答致します。


関連記事