ピュアネットブログ

オーダーメイドで作り上げる!セパレート、ビスチェそして妊娠5か月からのマタニティ

体系別ブライダルインナーの選び方


貴女の体型に本当に合うブラジャーの選び方とは?

今日は、『ウェディングドレスが最近ようやく決まり、後は下着をどうするか』とお悩みの花嫁様に特に読んでいただきたい内容をまとめました。

『ドレスショップで借りたブライダルインナーでは胸の形が整えられなかった』
『くびれが全然なかった』という方も必見です!

下着が合わないとストレスがかかり不愉快な気分に

まず、本題から入ります。
ピュアネットでは、一体型の『スリーインワン』をおすすめしていません。
理由は、出だしで言ったような「胸の形が整えられない」「くびれが出ない」ということがよく起きるからです。

一体型のブライダルインナーだと、カップの位置とウェストの位置を合わせようとしても、例えば背が高い方ならカップが低い位置に、背が低い方ならカップが高い位置になってしまうために、誤差が生じるのです。

カップにしっかりバストが収まってウェスト位置を合わせた場合、ウェストまわりが緩い、きついとなり、ウェストに合わせた場合はカップがつぶれたり、おさまりが悪かったりします。

ではバストを形よくカップに収めてウェストライン(くびれ)が完璧になるようなブライダルインナーはどういうものなのでしょう。

本日ご紹介するのは、まさにそんな夢のようなブライダルインナーの選び方なのです。
本日は、体型別に、花嫁様に合うブライダルインナーをご紹介していきます。

関連記事
心配する花嫁続出!一体型のスリーインワンでドレスがさがる

体型別の目安

バスト、ヒップともに小さ目の方(バストBカップ以下、ヒップ80以下が目安)

基本はセパレートです。
ただし、身長が150センチ以下の方、そして160センチを超える方は、トップとくびれの位置を個別に合わせる必要があります。

身長150~160センチの平均身長・体重の方はスリーインワンでも合わせられる可能性がありますが、スリーインワンの場合は、まずウェストに合わせて『くびれが出て苦しくないか
』『緩くてしわが出ないか』を見極めてください。

そして、ブライダルインナーはカップの位置を普通のブラジャーよりも高めに持つものです。
バストトップを普段よりも高い位置に持ってきて、きちんとバストが収まるかどうかを見てみてください。

バストが収まらなかったりつぶれたりしてしまう場合はセパレートを選びましょう。

バスト大き目、ヒップ小さ目の方(バストE~F ヒップ85以下が目安)

基本はセパレートですが、体型や肌の硬さ柔らかさによってはビスチェの方がメリハリボディを綺麗に作れる可能性があります。

一体型のスリーインワンはウェストに合わせるとカップがきつくなる可能性のほうが大きいですし、下着の裾のヒップ周りがゆるゆるで波打ってしわになることも考えられるので避けましょう。

セパレートなら、下着の裾を細くウェスト上部は広くといったAカットのナチュラルカットがベストです。

Aカットのナチュラルカットならウェスト上部がきつくならずヒップ周辺はゆるゆるで波打つ心配はありません。

バスト小さ目、ヒップ大き目の方(バストBカップ以下、ヒップ95以上が目安)

セパレートがベストです。
しかし、アンダーが85以上でCカップの方はビスチェが良いでしょう。
洋ナシ型、安産型と言われたことのある方にはビスチェをお勧めいたします。

バスト小さ目、ヒップ大き目の方が一体型スリーインワンを選ぶと、ウェストのくびれができるくらいのブライダルインナーはヒップの裾周りが歩くとききつく感じ、座るとめくりあがる可能性が大きいのでNGです。

セパレートでブラジャーのトップを高い位置で合わせ、ウェストニッパーの裾を広くウェスト上部は細くといったVカットのナチュラルカットを選ぶのが、美しいシルエットを作るカギ。

Vカットのナチュラルカットを使うとヒップ周辺のきつさはなく、くびれが出て非常に綺麗なドレスシルエットが出来上がります。

バスト、ヒップともに大きめの方(バストFカップ以上、ヒップ100以上)

丈の短いビスチェがおすすめです。
体型や肌の硬さ柔らかさによってはセパレートでもよいですが、メリハリボディを作ることを考えるとやはりビスチェが最適でしょう。

ただ、丈が長いビスチェはヒップが大きいので座るとめくりあがる可能性が大きいので避けてください。
できるだけウェストの下くらいまででヒップにかからないビスチェがおすすめです。

bustier_cut

また、くびれを作りたいならこの上からウェストニッパーをつけることもできます。
しかしナチュラルカットでない、既製品のウェストニッパーでは体型に合わない可能性が非常に高いのでおすすめできません。
くびれを作るためにウェストニッパーをつけるのなら、オーダーメイドが確実です。

はと胸の方

セパレートかビスチェどちらかになります。
スリーインワンでは調整ができないのでNG。

参考ページ
はと胸デコルテラインを綺麗に見せるブラジャーの選び方

バストの左右差が大きい方

セパレートがベストです。
スリーインワンでは調整ができないのでNG。

参考ページ
バスト左右差を対象に見せるブライダルインナーの極意公開
ブライダルインナー専門店が近くにない対応策(札幌編)

上記に当てはまらない方

three-in-one01
【スリーインワンの欠点】に詳しくありますが、ドレスシルエットが綺麗に出るの
は圧倒的にセパレートです。

スリーインワンに関しては、『身長が150~160センチでウェストが丁度よく、くびれができる状態でカップの高さが普段使いより高め。そして、できるだけバストがすっぽり収まって違和感がない状態をキープできる』という状態の人でなければ合いません。

そんなスリーインワンを探すのは非常に大変だと思います。

こだわりたいのは「綺麗なドレスシルエット」であってスリーインワンではないはずです。
最終目標を見失わないようにしてくださいね。

体型は欧米化でも・・・

dress12
日本人の体型は『欧米に比べて小柄で、足もそんなに長くない』といわれていましたが、それは昔のことです。
今は食生活も変わり欧米化の傾向にあります。

バストのサイズも昔に比べれば平均的に大きくなっていますし、足の長さも長くなっていると思います。
ただ、それでも体型は千差万別です。

バストは小さいけれど全体的に体が大きいとか、バストは大きいけど華奢だとか、お腹周りが極端に細い人など様々な人がいるので、気軽にネット上で【このくらいの人はこれがいい】とは言えないのです。

ブライダルインナーを選ぶ場合、どんな点に注意が必要なのでしょうか?

ブライダルインナーの存在を知っていましたか?
ピュアネットに来店する花嫁様は。「ウェディングドレスを選びに行ったときに初めてブライダルインナーの存在に気が付いた」という方がとても多いです。

しかし、ドレスショップですすめられるブライダルインナーは、ほとんどの場合『スリーインワン』というブラジャーとウェストニッパーが一緒になった一体型です。

このブログでは何度となく書いてきたことですが、口を酸っぱく言わせてください!

『基本的に誰が着てもスリーインワンは合わないのです!!』

なぜならカップが合ってもウェストが合わない、ウェストに合わせるとカップが合わないからです。

参考ページ
一体型スリーインワンはドレスも下着も落ちる原因と解決策!

ドレスショップは下着の専門店ではない

でもドレスショップはこのスリーインワンをすすめます。
ピュアネットが言っていることとは矛盾していますよね。
なぜでしょうか。

それは、ドレスショップはドレスがメインの為、ブライダルインナーに気を配らないからです。

本来、ウェディングドレスが主役ですから、フィッティングには2時間から3時間、長いと4時間になるときもあります。

できるだけドレスに集中したいのに、下着にまで時間をかけると時間がドンドンと伸びていきます。

ドレスショップの方はそんなに時間をかけたくないわけです。
そうなると、ぱっと合わせられる一体型スリーインワンが時間短縮になりますね。

でも、ブライダルインナーの専門店からすると、ブライダルインナーの採寸はドレスと違うところも採寸します。
なので、1時間ほどはじっくり時間をかけて個人の体型に合ったブライダルインナーを提案したいのです。

「スリーインワンではなくセパレートやビスチェでドレスシルエットが一番きれいなのはどれかな」など、検証しながらその花嫁様の最大限の魅力を引き出せるブライダルインナーを見つけていきます。

縁の下の力持ちといいますが、ブライダルインナーはまさにその通りだと思っています。
どんなに素敵なドレスでも、ブライダルインナーがしっかりしていないと不具合が生じます。
『ずれる、足が短く見える、ウェストが太って見える、痛い、きつくて苦しい』などです。

ですから、ブライダルインナーはブライダルインナーの専門店で見つけてほしいです。
選んでいただいたのがピュアネットでしたら、最高に綺麗な花嫁様にする自信があります。

ドレスショップのブライダルインナーできたドレスと、ピュアネットのブライダルインナーで着たドレスの違いは一目瞭然なはずです。

既製品は体型に合わない

ところで、下着を体型に合わせるといっても普段から既製品のブラジャーではなかなかサイズが合わない方も多いようです。

下着は最初、基本となるパターンを引き、出来上がったものからサイズ展開をしていくのが一般的だから合わない人がでるのは当然のことですね。

基本となるパターンができ上がってそこからサイズ展開をしていくということは、最初のパターンはモデルに何度か試着してもらってダメな部分を修正して完成となるわけです。

例えば基本がC70でパターンが出来上がり、そこにサイズ展開していくので、C70より数字を見て誰も着ることなく大きめ、小さ目が完成していくわけです。

そうなるとこのサイズに合う人というのはいるのでしょうか?と思いますよね。
himei02
そうです、いないんです。
つまり既製品は、合う人がいないんです。

ブラジャーだけでも合わせるのに苦労するので、ブラジャーとウェストニッパーが一体になったスリーインワンのブライダルインナーはさらに合う人がいないということがお分かりいただけたと思います。

ただ、余談ですが、ブライダルインナー業界にはパターンを引かずコピー商品を作って販売する業者がいます。

現にブライダルインナーをコピーして「オーダーメイド」と歌って販売している業者に出会ったことがあります。

このコピーは、3世代前のピュアネットの商品です。

コピーされたことに関しては何も言えませんが、こんな古いパターンの下着を花嫁様に販売していることに怒りを覚えます。

あえて合いそうな人というのは・・・

唯一スリーインワンで体型を合わせやすい人をあげるとするなら、バストが小さ目で細身の人です。

カップの浮きはパッドで、ウェスト周りがゆるければタオルを巻いたりガーゼを入れたりして合わせることはできるかもしれません。
bra-lase01
しかし、おすすめしたいのは圧倒的にセパレートです。
全体的にフィット感が出ますし、ブラジャーはブラジャーで、ウェストニッパーはウェスト一パーで個別に位置を合わせられるので体のラインが非常に美しく出せます。

バストトップも、スリーインワンに比べ高い位置でキープできますので高い位置からウェストに向かって細く見せることが可能なのです。
セパレートはFカップまでの方なら基本的にOKです。

はと胸の方はパッド調整が必要

はと胸の方は、スリーインワンだととっても合わせるのが難しくなります。
はと胸の方の場合、アンダーをそのままでカップサイズを一つ上げてもしカップが浮いているようなら、パッドで調整しなければなりませんがスリーインワンでは調整ができませんね。

詳しくはこちら→ はと胸デコルテラインを綺麗に見せるブラジャーの選び方

あとスリーインワンが絶対に合わない人は、胸の骨格が前に出ていない人です。
はと胸とは真逆の胸が内に入っている方ですね。

このような体型の人は、パッドの調整が必ず必要になるのでスリーインワンではなくセパレートで合わせるしかありません。

他には、スポーツ系の人などに多いのですが、肩幅が広くおしりが小さい人はスリーインワンですとバストに合わせるとウェストがゆるゆるになったりします。

一番多い体型でスリーインワンが合わないのは洋ナシ体型と言われる安産型のおしりの人です。
このタイプの人はスリーインワンを着て椅子に座るとヒップ周りがきつくなり下から下着がめくれてしまうことがあります。
bridalinner01
もろもろのことを考えますとスリーインワンは合わせるのがとても大変ですので、セパレートで合わせたほうが絶対に良いです。

なぜこんなにしつこいくらいスリーインワンではなくセパレートを進めるかというと、花嫁様の中にはまだまだたくさん「ブライダルインナーといえばスリーインワン」という考えに直結してしまう方がいるからです。

時代はよりよく変わってきます。
今の時代、スリーインワンはもうベストなブライダルインナーではなくなってしまっているのです。

既製品とオーダーメイド

ところでブライダルインナーには既製品とオーダーメイドがあるのをご存知でしょうか。
既製品とオーダーメイドは何が違うかも気になりますよね。

既製品とオーダーメイドの違いは「体が下着に合わせる」のではなく「下着が体に合わせてくる」という言葉通りです。

ここではそれを詳しく解説していきますね。
まず、どういうことかと言いますと、例えばバストに左右差がある方には、オーダーメイドならブラジャーのカップを外側から8ミリカットしてカップを作ることができます。

ピュアネットでは『パットを駆使して左右のバランスを整える』技も使用してバストを整えます。
この場合、カップをカットして左右で大きいバストの浮きがなくなるよう作り、小さい方をパッドで調整し、左右対称にするのです。
nipper02
また、例えば洋ナシ体型の花嫁様は、前述したように座るとヒップ周りがきつくなり下着の裾がめくりあがる現象が起きます。

こうした場合、オーダーメイドならウェストニッパーをくびれが出る状態にしてウェストニッパーの上を細く、裾に向かって広くするようナチュラルカットで作り上げて裾のめくれを防ぐことが可能です。

普段から下着がなかなか合わない方は特に、ウェディングドレスを着るときはオーダーメイドブライダルインナーにしたほうがストレスを感じることなく1日を過ごすことができるはずです。
bustier01
また、バストだけが極端に大きなグラマラスな体型の方は、普段から自分に合う下着がなかなか見つかりませんよね。

「値段は高いけど、しょうがないからインポートものを探して着ています」という話をよく聞きます。
こうした方にこそお勧めしたいのが「ビスチェ」です。

4種類のブライダルインナーから「貴女に最適」を選ぶポイントにも書きましたが、「ビスチェ」は以前、一体型のブライダルインナーの総称として呼ばれていました。

今ではバストの大きなグラマラスな花嫁様や全体的に体型が大きい方に向けた、カップの無いブライダルインナーを「ビスチェ」と呼ぶようになりました。
ですので、一体型と間違えないようにしてくださいね。

bustier_cut

オーダーメイドのビスチェは、作るときの自由度が非常にあり、バストが100以上でウェストが60cm台の花嫁様にもセパレートのウェストニッパーの加工技術を使ったナチュラルカットでお作りすることができます。

そうすることにより、ボンキュッボンなかなりのメリハリを作ることができ、ドレスの見栄えが非常に美しくなるのです。

覚えるのが難しい場合は、≪ドレスやインナーがしっくりこないときはセパレート型のインナーを選ぶ≫というのを覚えておいてください。

それでも、ブラジャーのカップが片側だけブカブカだったり、ウェスト周りが緩いきつい、ヒップ周りも同様に緩いきついがある場合は、既製品からオーダーメイドに切り替えて、探してみることが必要になると思います。

また、花嫁様自身が申告しているバストやウェストのサイズが違うこともとってもよくあります。
この機会に、一度きちんと採寸をしてもらい、本当の自分のサイズを確認してみてくださいね。

自分のサイズをうろ覚えでドレスショップに申告して「合わない」となったり、ネットで購入してしまうという話をよく聞きます。

安いからと言ってネットで購入して何度も交換に時間がかかり大変な思いをした経験のある花嫁様もたくさんいるようです。

結局、どこの下着も合わないのでネットの購入を諦めてピュアネットに来る花嫁様がいますが、花嫁様の中には、現物をもってきて「修理ができないか」と相談してくることもあるのです。

ところで、まだブライダルインナーについて詳しくないという方は、ブライダルインナーの電子書籍を無料で配布しています。
無料PB-Book」からダウンロードできますのでぜひダウンロードしてくださいね。

関連記事
種類別ブライダルインナーの購入時期、いつ頃が妥当なのか?
ブライダルインナー価格を考えてもこれだけくびれが出るなら
百人の花嫁のブライダルインナー平均購入価格は?

まとめ

体型別ブライダルインナー選択法は、最終目的は、価格を抑えることでもなく、後々使えることでもありません。

ジャストフィットの下着で当日ストレスなく綺麗なドレスシルエットで一日笑顔で過ごすことができるかです。

ここを参考に自分に合った最高のブライダルインナーを見つけましょう。

▼ご質問等お気軽にご連絡ください▼

プロのスタッフが回答致します。


関連記事

カップのアンダー73何を選ぶ?

普段使いの下着で採寸してもらったらCカップのアンダー73でした。 ブライダルインナーのサイズは果たして同じになると思いますか? もしC70のブライダルインナーを