プリンセスラインの花嫁、インナーが落ちる超細身Cカップのボリュームアップ法


身長が高く、かなりのスレンダー体型では既製品は皆無

結婚式が決まり、ウェディングドレスの準備はできましたか?
しかし、「ブライダルインナーが合わない」「なんとなく下着が不安」だと思っていないでしょうか?

本日は、身長は160センチ以上の方で体型が超細身の方、はと胸の方に向けたお役立ち情報をご紹介したいと思います。
1つでも当てはまればウェディングドレスやカラードレスを着るときの役に立つことは間違いありません!

ドレスショップでは「ドレスにカップを縫い付ければ大丈夫」って言われた人も必見です!

ドレス縫い付けはブーケトスでインナーが落ちる危険が・・・


ドレスに下着を縫い付ければいいとドレスショップで言われましたか?
実はそれ、とっても危険なことなんです。

過去には、ブーケトス中にブーケを振り上げたと同時にドレスがずれて胸元がはだけてしまったという話を聞いたことがあります。

一生に一度の結婚式です。
汚点を残すようなことがあってはいけませんね。

ドレス事脱げてしまう可能性があることはやめて、きちんとしたブライダルインナー、むしろ落ちないブライダルインナーを探すということは非常に重要です。

結婚式を初めて上げる方はよくわからないと思いますが、適当なブライダルインナーを選んだほとんどの花嫁様は「式中ドレスが落ちるかと思った」「何度も胸元に手をやりドレスを引き上げるのが大変だった」と言うのですよ。

既製品の限界を超えている

身長160以上でウェストも細いとなれば、さすがに既製品のブライダルインナーでは合うものは皆無に近いと思います。
はと胸の方も同様です。

でもご安心ください。
既製品ではないかもしれませんが、オーダーメイドブライダルインナーなら希望以上にしっかりした、ボディラインにぴったりのブライダルインナーがお作りできます。

もしかしたら、価格は式場で出された既製品のブライダルインナーとあまり変わらないかもしれません。

しかし、オリジナルのブライダルインナーだと、胸をボリュームアップしてドレスのシルエットにマッチした美しい花嫁様が出来上がります。

ウェディングドレスの種類

ウェディングドレスの種類はもうお決まりですか?
最近ではプリンセスが流行なので、プリンセスとして仮定してお話していきますね。
まず、プリンスですとある程度トップが上がってボリュームがないと綺麗に着こなすのは難しいです。

普段着だと細身でなんでもそつなく着こなしてしまうかもしれませんが、ドレスではある程度のメリハリボディが必要になってきます。

プリンセスドレスだと、トップを高い位置でキープし胸にある程度ボリュームがあるようにし、できればデコルテに嫌みのない程度のふくらみがなければなりません。

ウェストニッパーは規格外

細身の方の最大の難点はウェストです。
ウェストが細すぎると、既製品のSサイズのウェストニッパーを一番きついところで留めても、ゆるくて落ちてしまうし、丈がSだと短いと思います。

つまり、サイズが合っていないのに無理やり着用しなければならなくなります。

基本はブラのトップからウェストにかけてはダイヤモンドシルエットと呼ばれる形がブライダルインナーの理想です。

イヤモンドシルエットはダイヤモンドを横から見たような形のことなのですが、これを作るための既製品の下着は、平均的な体型でないとなかなかないのです。

ピュアネットで下着を作るとしたら・・・

ピュアネットはブライダルインナー専門店です。
基本的には1人1人に合ったオーダーメイドでブライダルインナーをお作りしています。

つい先日、ピュアネットに身長が163センチで普段はBカップかCカップのブラジャーをつけていて、トップが73アンダーが64でウェストが55、ヒップは86とかなりのスレンダーの花嫁様がご来店されました。

オーダーメイドブライダルインナーの場合、上記のサイズのほかに左右の腕の着け根の内側の幅「チェスト」を測りますが、この方は30センチでした。

この数字を見ると身長が高くとてもスレンダーな方だということがわかりますね。

ブラジャーは・・・

この花嫁様に、まずブラジャーをCカップでアンダー65で合わせてみました。

そしてカップに6種類あるパッドの中で一番大きく厚みのあるパッドを入れることに。
そうすると、デコルテがすこし盛り上がり、とても自然で綺麗になりました。

ただ、ご本人とも話しましたが、これだとバストのボリューム感にまだまだ乏しく、痩せた体型でプリンセスのような丸みのあるふわっとした感じが出にくいと判断しました。

そこでさらにカップサイズをあげてDカップアンダー65のテスターを着てもらいました。予想通り、カップはかなり浮きがあり空洞がはっきりわかります。

また、チェストが30センチでカップのワイヤーの外側が胸のサイドまで達しています。
そうすると、こすれて痛くなってしまうのです。

ここでスタッフは、カップを外側から8ミリカットしました。
さらに、アンダーを40ミリカットして、バックの引っ張りを強めて、D61のブラジャーを作ることでカップの浮きを最小限にしたのです。

これでカップの容積が少なくなりますし、左右からカップにバスト周りのお肉を入れていくとカップの浮きも少なくなります。

そしてさらに厚めのパッドをカップの下に入れ斜めに中太のパッドを入れると、バストが盛り上がりボリュームが出てなおかつ自然なデコルテが完成します。

ウェストニッパーはさらに大変

nipper02
ただ、実は大きな問題はカップよりウェストニッパーです。

花嫁様は、自然で少しくびれはありますが、既製品で言うSサイズのウェストニッパーでは一番きついところで留めてもゆるく、調整するにはタオルを巻いてその上からウェストニッパーをつけるという方法がありません。
つまり、花嫁様は自分のくびれをいかせずに、寸胴体系でウェディングドレスを着なければいけなくなってしまうのです。

しかし安心してください。
ピュアネットにはSより細いSSというニッパーがあります。

しかし、身長が163センチだとSSでは丈が短くなってしまいます。
そこで、さらにSSで丈の長いSSLというウェストニッパーをつけてみるとウェストニッパーの下の方が緩くなっていましたので、全体40ミリのナチュラルカットで仕上げました。

ここまでいろいろなことを調整できる既製品はまずありません。

この花嫁様は、ドレスショップで「ドレスに下着を縫い付けます」といわれて、スタイルが綺麗に出ないのではないかと心配になりピュアネットに来たとおっしゃっていました。

花嫁様の出来上がりは予想以上でした。

後日、仕上がったブライダルインナーをお渡しする際に試着いただいたのですが、デコルテにふっくらしたふくらみがあり、バストのトップが高い位置にありました。

そして、ウェストに向かって理想のダイヤモンドシルエットが出来上がっていました。

ウェストのくびれも非常に綺麗で、なおかつとても自然な感じでドレスシルエットが完成したのです。

ご本人も満足していただけましたが、作ったスタッフも感動して、二人で抱き合って喜んだそうです。

まとめ

身長が高く細身で胸も小さ目、さらにウェストヒップもかなり細めでという方は既製のブライダルインナーでは、スタイルを良く見せることは難しいです。
特に、ウェディングドレスがプリンセスとなると既製品の下着ではなかなか対応できません。

ドレスにパットを縫い付けたりカップに無理やりパッドを詰めて体にタオルを巻くなどして調整するしかないのです。
オーダーメイドブライダルインナーなら、こうした体型の方のブライダルインナーもきれいに作り上げることが可能です。

ブライダルインナーについてご不安に感じたり、既製品との違いを試してみたいと思ったら、ピュアネットにぜひご相談ください。


関連記事