ピュアネットブログ

オーダーメイドで作り上げる!セパレート、ビスチェそして妊娠5か月からのマタニティ

一体型スリーインワンはドレスも下着も落ちる原因と解決策!

公開日:

 もしブライダルインナーが落ちる下がると感じたら・・・

fitting03

結婚式まで半年から3か月前にピュアネットにご来店して採寸試着をする花嫁様がとても多いです。ピュアネットのブライダルインナーはオーダーメイドなので種類別ブライダルインナーの購入時期にも書きましたが、修理修正ができるので、購入時期はとても長いのです。

 痛い、苦しい、きつい、胸がつぶれる・・・そして

そんな中、結婚式が2か月を切った花嫁様の中に、ドレスショップやネットで購入したブライダルインナーが、合わない!特に、きつい、苦しい、中には痛いや胸がつぶれてしまっているといったことで、再度オーダーメイドと比較しにくる花嫁様が多数います。

 

また今回のテーマであるドレスと下着が落ちるというのはどうしてなのか?きっと貴女もそんな不安があって、見に来たのではないでしょうか?

three-in-one01

さらに比較に来る花嫁様のなんと9割が実は一体型スリーインワンなのです。ご存知だと思いますが、ブライダルインナーは一体型スリーインワンとセパレートに分かれます。本当かどうかわかりませんが、歴史的には一体型の方が古いかもしれません。

 

よく昔の映画に出てくる海外もので、ドレスを着る前に下着をつけるシーンがありますが、すべて一体型のスリーインワンで、後ろを紐できつく締め付けてくびれを出すタイプのものです。当時はスリーインワンをビスチェと言っていましたが、今では一体型をスリーインワンというようになり一部で今でもビスチェと使っていますが、今はビスチェとはカップの無いボーンで胸を整えるタイプのものを言っています。

 

つまり後程書きますが、進化する理由があってスリーインワンからセパレートが生まれてきたのではないかと思います。

 

 スリーインワンは合わせるのが難しい

three-in-one

ところで、私達も何度かすでにご購入されたスリーインワンをご持参された花嫁様の商品を見てきました。そして実際にフィッティングルームでそのスリーインワンを着ていただきましたが、合っていると思われる花嫁様は皆無でした。

 

何度もこのブログでは書いていますが、スリーインワンはプロの私達でも合わせるのが難しいブライダルインナーなのです。なぜなら、まず胸をカップに合わせます。そうするとくびれが普段からある人は綺麗にでる人もいるかも知れませんが、胴の長さがみなさん違いますので、くびれの位置がずれてしまっているのです。

逆にくびれの位置でスリーインワンを合わせようとすると、今度はカップの位置が合いません。胴の短い人はカップの位置が高くなり、胴の長い人はカップの位置が低くなってしまうのです。

ですから、私たちもご本人には話しませんが、スリーインワンは絶対あいませんという方は正直わかります。

 

 10年以上ビスチェタイプがドレスの主流だから・・・

さて、今はウェディングドレスはほとんどが、ビスチェタイプ。デコルテから上は何もない素肌が出るデザインが人気です。これはピュアネットがオーダーメイドブライダルインナーを始めた2003年くらいから主流となり、いまだにその人気が衰えていません。

つまりブラジャーはストラップレスでどうしても落ちてしまう人は透明のストラップで対応するかヌーブラのようなものにするかになります。

hanayome06

もしドレスのデザインがビスチェでなければ、ストラップレスでなくてもいいような袖付きのドレスでもいいわけです。しかし、主流がビスチェである以上、ストラップレスになるわけです。

 

落ちる原因はストラップレス 

一体型のスリーインワンであるブライダルインナーを着けてドレスを着ると落ちる、下がるというのはストラップレスが原因の一つです。本来一体型ですから、普段使いのブラジャーと違い、大きさも重さもあります。またウエストのくびれ周辺の締め付け感が昔のような紐で絞めるのではなく、今はフックになっているのです。そうなるとブラのカップ下からウエスト、ヒップにかけての抑えが弱くなります。

 

「ドレスは胸できる」わけです。そうなると一番大事な胸のデコルテ下で重いドレスが支えられず、「ドレスは胸で着る」ことができずに、下着が落ちて、ドレスが一緒に下がってしまうのです。

 

これを防ぐためにカップを高い位置でキープすることと、ウエスト周りをずれないよう安定させなければなりません。一体型のスリーインワンの上からウエストニッパーをつけることでこれが解消されます。

 

 ウエストニッパーの働きが重要

kubireしかし、今度はスリーインワンのウェスト周りの生地が2重になってしまいます。そこで一体型のスリーインワンのカップ下は短いセミロングで十分になったというわけです。

こうした理由があってスリーインワンから今はセパレートの方が特にビスチェタイプのドレスにはあうのです。

ストラップがないわけですから、どうしてもカップを支えるには下からの支えが必要です。そのためには、スリーインワンだけでは支え切れず、カップはあっていても落ちてきてしまう可能性があるのです。

 

一人二人ではなく、スリーインワンを一度試着したことのある花嫁様でこうしたスリーインワンをつけてドレスを着ると落ちる、下がるという不安があったと話す人が多いのです。もしかするとスリーインワンはビスチャのドレスが主流になる前のブライダルインナーなのかもしれません。

 

貴女も、ドレスや下着が落ちる、下がる不安があったら一度セパレートと比較してみましょう。色々なブライダルインナー専門店を見て回り、最終的にピュアネットで落ち着く花嫁様がとても多くなりました。一人で悩んでないで是非一度試着してみましょう。

 

関連記事
種類別ブライダルインナーの購入時期
ブライダルインナーがきつい痛い苦しい落ちる心配の解決方法
ブライダルインナーウエストはくびれを出して食事をしたい!

 

まとめ
ドレスを着たときに、下着もドレスも落ちる、下がるということを感じたら一そのブライダルインナーを確認して、もし一体型スリーインワンならセパレートと比較してみましょう。ポイントはウエスト周りの安定感です。


関連記事