ブライダルインナー購入時アンケートでドレス選びのトレンドがわかった


結婚式に対する考え方が変わり始めている

花嫁様の結婚準備が本格化するのは結婚式の3か月前です。
早々とドレスが決まった花嫁様もいますが、ほとんどの花嫁様はまだまだ悩まれています。

ここを読んでいただいている方も、ドレスをどうするか、本当にあのドレスでいいのかと考え中ではないでしょうか。

そこで今回は、ウェディングドレスの人気な種類やお色直しの回数などをご紹介していきたいと思います。

お色直し

最近では、予算の関係や「できるだけ招待者の皆さんと楽しみたい」などの理由で、お色直しをせず、ヘアチェンジだけ行ってできるだけ会場の中にいる時間を増やしたいと考える花嫁様が多くなっているようです。

アンケートで今のドレス選びの傾向が見えてきた

でも、どのくらいの割合でウェディングドレスだけの花嫁様がいるか知りたいですよね。

それに、もしもお色直しするなら和装・洋装の組み合わせがいいか、それともウェディングドレスからカラードレスの組み合わせがいいか、もしウェディングドレスとカラードレスならドレスのラインは何が人気でどんな組み合わせをほかの花嫁様は選んでいるのか、など皆さんの意見を参考にしたいことはたくさんあると思います。

ピュアネットでは来店する花嫁様にブライダルインナーを購入するうえで必要なアンケートを書いていただいています。

これをまとめてみると、これから結婚する貴花嫁様のドレス選びとブライダルインナー選びをどうすればいいかがわかってくるのでまとめていきたいと思います。

他の花嫁の傾向を探る

是非、この後のアンケートの結果を見て、ほかの方の意見も取り入れてみて下さい。

尚、このアンケートは2014年ピュアネット表参道店にご来店いただいた花嫁様のアンケートを無作為に選んで集計したものです。
地方によっては多少違う結果になる場合もございますのでご了承ください。

ウェディングドレス1着ですごすが意外な結果に

まず、「衣装のお色直しはどうするのか」からアンケート結果をご紹介します。
アンケートでは以下のようになりました。

  • ウェディングドレスとカラードレスの組み合わせ 43人/100人
  • ウェディングドレス1着で過ごす 33人/100人
  • 和装とウェディングドレス 19人/100人
  • まだ決めていない 4人/100人

これを見ると、想像以上にウェディングドレス1着で過ごす花嫁様が多いと感じませんか?

あまり感覚的なことを言ってはいけないのですが、10年くらい前の結婚式では、ウェディングドレス1着で過ごすという花嫁様はほとんどいませんでした。
やはり先ほど書いたもろもろの理由でここまで多くなったんですね。

数字から見ると3人に一人はウェディングドレス1着で結婚式を過ごしているということになります。

結婚式でお色直しをしないと決定する花嫁様の中には、どこかネガティブに考えている人もいます。

予算の関係で本当は2着着たかったけれどドレスは1着・・・・なんて後ろ向きな考えはやめて冒頭に書いたように「招待者の皆さんと一緒にいる時間を大切にするんだ!」というポジティブな考えを持てばきっと素敵な結婚式になります。

ちなみにですが、ウェディングドレスの選び方を考える前に下着のここを考えるでも書きましたが、ウェディングドレスを選ぶ前にオリジナルのブライダルインナーを購入することをブライダルインナー専門店では推奨しています。

ブライダルインナーを持参したほうがしっかりと自分のドレスラインを決めて選べますし、体のメリハリが全然違います。

ドレスを決めてからでも遅いことはないのですが、ぜひブライダルインナーを持参してドレスを選んでみてください。

2人に1人はAライン

次にウェディングドレス、カラードレスはみなさんどんなラインを選んでいるのかをまとめてみました。

  • Aライン 55人/100人
  • プリンセスライン 28人/100人
  • マーメイドライン 3人/100人
  • スレンダーライン 2人/100人
  • その他 12人/100人

dress12
100人中半分以上の55人がAラインです。
このようにAラインのドレスをウェディングドレスかカラードレスにする花嫁様が圧倒的に多いです。

次にプリンセスラインで百人中約1/3にあたる28人、マーメイド・スレンダーは少ないですね。

こう考えると今の花嫁様に支持されているのは、Aライン、プリンセスラインですので、マーメイドラインやスレンダーライン、さらに数は少なかったのですが、エンパイヤーやアメリカンスリーブなどは逆に印象深い特徴あるドレスで個性を出しても良いのかもしれませんね。
招待者にはいつもと違った印象づけができると思います。

ドレスのラインの組み合わせ

最後にラインの組み合わせです。
みなさんどんなラインの組み合わせをしているのでしょう。
ウェディングドレスとカラードレスの洋装で当日過ごすと答えた百人の花嫁様のアンケート結果です。

ただどちらのラインがウェディングドレスかカラードレスかまでは聞いていません。あくまで2着のドレスのラインは何を選んでいるかですのでご了承ください。

  • Aライン+Aライン 32人/100人
  • プリンセスライン+プリンセスライン 24人/100人
  • Aライン+プリンセスライン 16人/100人
  • Aライン+マーメイドライン 8人/100人
  • Aライン+スレンダーライン 4人/100人
  • 未定 16人/100人

Aラインのウェディングドレスとカラードレスの組み合わせにする花嫁様が3人に一人という結果です。
この結果を見るとAラインとの組み合わせを選ぶ花嫁様がやはり非常に多いのが分かります。

ほんのわずかの差ですが、ウェディングドレスもカラードレスもプリンセスラインという花嫁様も多いようです。

和装が少なく洋装はAライン

この結果を総合的にみると、やはり和装が少なくなってきている、ということ洋装はウェディングもカラードレスもAラインが人気になっていることがわかりました。

ウェディングドレス1着の傾向が強まった

結婚式をウェディングドレス1着で過ごす傾向が強くなっているというのが少し驚きですね。

背景には、結婚式全体のトータル予算の増大で、ドレスを1着にするしかないことと、以前のように新郎新婦の両家の結婚式という考えによるお披露目的から、新郎新婦が主役になるオリジナル豊かな結婚式に流れが変わってきたからというのもあげられると思います。

個人的にも結婚式は高すぎると思います。
できれば今の半分くらいの予算で盛大に開けるようにしてもらいたいものです。

もう「結婚式」という形式にこだわるのはやめて「披露パーティ」という形で予算をあまりかけずフランクなパーティで済ませることができれば最高ですね。

まとめ

今ウェディンドレスに迷っているなら、こうした今の花嫁様のドレストレンドを参考にしてくださいね。

2017年はAラインが1番人気、続いてプリンセスです。
ウェディングドレス1着で済ませる花嫁様も増えてきました。

また時期を改めてこうした統計を取っていこうと思います。


関連記事