ブライダルインナー普段CがEカップまでボリュームアップ!


ふっくらデコルテを作るには

bridalinner02

普段Cカップの貴女がウェディングドレスを選び、実際に試着してみたらデコルテがはっきりせず、バスト周辺もゆるゆるでしわが寄っているのをみて正直がっかりしたのではないでしょうか?

 

それに想像してみると相当パッドが入っているときっと違和感を覚えるし、当日疑いの目で見られるかも?と思っているかもしれません。

 

オーダーメイドはパッドを詰めるわけではない

この表題をみて貴女はきっと、相当パッドを入れないとこんなことできないとお考えだと思います。

しかし、ピュアネットにご来店する花嫁様の中には、体型的に普段はCをつけていても、ブライダルインナーはEカップでなければ綺麗にボリュームアップができないという方も多くいらっしゃいます。

 

ではどうして普段Cカップの人がブライダルインナーはEカップになることがあるのでしょうか?これからお話しする花嫁様の例を見るときっと参考になると思いますし、もしかすると貴女も同じように作ったほうが綺麗なバストラインができるかもしれません

 

ブラジャーはJIS規格でサイズが決まっている

ところで、ブラジャーのカップの深さはJIS規格で一応統一されています。

トップとアンダーの差がカップの深さです。

ですからトップとアンダーの差が15センチある人はCカップになります。これより2.5センチ差が小さいとBカップ、逆に2.5センチ差が大きいとDカップとカップの深さの差は2.5センチ刻みです。

 

それとあまり知られていないのが、カップのワイヤーで例えばC70のカップのワイヤーはB75 とD65と同じものが一般的です。

アンダーが5センチ大きいか小さいかで、ブラジャーのワイヤーは同じものが使われています。

 

 基準と実際は大きな差がある

ただし、これはあくまで基準です。

例えばトップが85でアンダーが70だとするとトップとアンダーの差が15センチありますから当然C70ということになります。

しかし実際は人は左右対称ではありません

特に多くの方は、胸には左右差があって自分は左が大きいという人がほとんどです。

 

実は、アンケートを取ると3人に1人の花嫁様が左右差を気にしていますし、実際ピュアネットでブライダルインナーをお作りになる花嫁様の大半が左右対称ではないのです。

サイズ通りのブラが合わないわけ

つまり、トップとアンダーの数字だけですとCかもしれませんが、実際には左右差がワンサイズ以上の方もいますし、さらにチェストと言って左右の腕の付け根の幅が32センチ以上か以下の人では、同じトップとアンダーであってもつけるブラジャーが違うことがあります。

 

チェストが32センチ以上の花嫁様はたとえサイズがC70であってもC75でアンダーをカットして作ることがありますし、チェストが32より小さい人はD65でアンダーを伸ばしたり、パッドを入れて作ることもあるのです。

 

 CカップがなぜEカップなのか?

さてこのことを覚えておいて先日お越しになった花嫁様がどうして普段CカップのサイズがEカップで綺麗なバストアップ、ボリュームアップができたかです。

 

まず、採寸をしましたが、トップが77.5、アンダーが62.5です。差を見ると丁度15センチですので本来はCカップです。

ところが実際は、胸の左右差があって、右はゆるゆる、左はきつめになっているのです。

 

 カップの合わせ方が違う

多くの方がカップは胸の小さい方でカップサイズを合わせるのですが、本当は大きな方で合わせたほうが楽なのです。

この花嫁様の場合、まずD65のテスターをつけていただきました。トップが低い位置ですとDでもいいのですが、ブライダルインナーはトップが高い位置になりますので、その分バスト回りのお肉も多くなります。

D65でも左は集めてカップに入れたところ、パンパンで右も若干浮きがある程度でした。

 

チェストが30と平均より2センチ細いためこれ以上アンダーを広げるわけにはいかず、今度はカップをE、アンダー65のテスターにしました。

これで左のカップは若干の浮きができ右はかなり浮きができました。

既製品はここまで合わせてあとはパッドを入れて整えます。

ただこれだけでは、パッドを2枚3枚入れて調整するしか方法がありませんが、オーダーメイドはまだまだ他の方法を取ります

 

 カップカットでブラジャーの浮きをなくす

cut01まず本来サイズ的にはC65ですが、E65までカップサイズをあげてみるとワイヤーも2段階幅が広くなっています。

ここでカップの外側を8ミリカットします。

これでカップの容積が小さくなりますので、胸のお肉はカップに収まり若干全体的に前に出ます。

これだけでも、カップの浮きはかな小さくなります。そして、前に出た分アンダーを40ミリカットつまりE61というブラジャーに仕上げるのです。

 

ここまでやるとカップ上辺の浮きはほとんどなくなりますので、後は大きな方の左胸にはカップ下側に薄めのパッドを1枚、小さい方の右胸にはプッシュアップパッドという厚みががるパッドをカップの下側に入れます。

これによって、全体的に胸が押し上げられて綺麗なデコルテがであがります。

 

トリプルジョイントでないとできない

ブライダルインナー

ただし、これができるのはトリプルジョイント3枚ハギのブラジャーだけです。

2枚ハギのブラジャーは、トップが高い位置でキープできずさらに左右にバストが散ってしまって綺麗なバストラインが作れないのです。

ブライダルインナーのブラジャーは、トリプルジョイント3枚ハギにしておくべきです。

nipper02

この花嫁様は身長が157センチでご来店する花嫁様のほぼ平均ですが、ウエストが54センチとかなり細めでしたのでウェストニッパーはSサイズより小さいSSサイズでバックのナチュラルカットを20ミリのA字カットで仕上げました。

 

これでウエストニッパーで、完全にブラジャーを高い位置でキープできるようになりました。

 

まとめ
普段サイズ的にCカップの人でも、ブライダルインナーの場合、トップの位置が高くなるためワンサイズから人によってはツーサイズカップサイズをあげて綺麗なデコルテを作ったほうが、ドレスシルエットは綺麗になります。


試着予約ネット受付!


採寸していないので自分のサイズが正確でない

着心地がよくわからない

オーダーと既製品のブライダルインナーの違いが判らない

もしこうした不安や悩みがあったら・・・



今すぐ申し込む

関連記事