5万人の花嫁が体験したドレスが輝く「白」の法則


ブライダルインナーがベージュはオススメしない

miyabi_top結婚式まで徐々に時間が無くなってきた頃、チェックリストを見てみるとブライダルインナーの購入がまだでした。

実は、ドレスショップですすめられたものをやめるという決断をしていたのです。

なぜかというと、当初もらった結婚式の見積書の金額と2回目、3回目の金額がどんどん跳ね上がり、いつの間にか予算がかなりオーバーしてしまったため、見積もりに5万円もするブライダルインナーを「自分で探したらもっと得なんじゃないの?」と切り詰めようとしたためです。

そうして花嫁様はネットでブライダルインナーを探し始めることに・・・。

検索すると金額もドレスショップより圧倒的に安くこれならば予算削減ができる!と、喜んでいるはずです。

参考ページ
ブライダルインナーの相場って・・・ネット編
ブライダルインナーの相場って・・・実店舗編

白よりベージュの方が使い勝手がいいかも?と思ってしまう

しかしそこでよくよく考えてみると「もったいない」気質が出てきます。

結婚式の時だけしか使わないなんてもったいない、ほかの機会にも使える物を選びたいなと思うのは当然のこと。

別の機会にも使えるブライダルインナーであるならば・・・白よりベージュの方がいいんじゃないか、と思い当たるのも至極まっとうなことだと思います。

しかし、ベージュのブライダルインナーを探してみても、あまりありません。

よくよく探してみるとほんの少しだけベージュを扱っているお店も見つけることができますが「でもなんで白以外のブライダルインナーがほとんどないのだろう?」という疑問が出てくると思います。

そうなると「本当にベージュにしていいのか」という不安がでてきますね。
それではここから「本当にベージュにしていいのか」という疑問にお答えしていきたいと思います。

ここでこれからご紹介する内容を読むと、あなたは結局ベージュを諦めて白を選択すると思います。

なぜならあなたのウェディングドレスは白でその日は一日中輝いていたいからです。

5万人もの花嫁が白以外を欲しがらない理由

ピュアネットでは、もうすでに5万人以上の花嫁様が白いブライダルインナーを購入しました。

実は一時期ほんの数十枚だけベージュを販売したことがありましたが、全くと言っていいほど売れませんでした。

なぜ白いブライダルインナーしか売れないのでしょうか。

「白しかないから選択しようがない」「みんな白を着けているから」「清潔そうだから」「花嫁といえば白だから」色々理由があるけれど実はもっと深いわけがあるのです。

濃い色は透けて

夏に白いTシャツを着てブラジャーがブラックの濃い色を着けているところを想像してみてください。

白のTシャツにブラジャーの部分がはっきりと透けているのが分かりますね。
Tシャツではなくブラウスでも同様のことが言えます。

素材関係なく、アウターが白の時は下着もできるだけ白に近いものが良いのです。

ベージュは肌に近い色だけど、色の段差ができる

「ベージュは肌に近い色なのでこれなら白の下に着ても大丈夫じゃないですか?」そう言われる花嫁様もいますが、果たしてそうでしょうか。

じつは、下着の業界では「ベージュほど難しい色はない」とよく言います。
なぜなら、確かに肌の色に近いかもしれませんが、全く同じ色ではないからです。

つまりベージュを着ると白よりはくすむというのに加え、肌とベージュの下着の境目に「色の段差」ができるという厄介な現象が起こることになります。

したがって「ベージュほど難しい色はない」と言われているのです。

白は裏から光ることができる

さらに下着が白だとアウターを輝かせる役目があるのをご存知でしょうか。

マネキンってほとんどが白いですよね。
白く光るマネキンもあります。

ベージュのマネキンはありますがベージュに光るマネキンを私は見たことがありません。

実は、白は内側から光るのです。
白自体がアウターを輝かせる色といっても良いでしょう。

結婚式は特別の舞台

結婚式は、普段ではほとんど感じることの無い強い光があります。

カメラのフラッシュ、入場や退場時のスポットライト、高砂(メインテーブル)に座った時の鮮やかなライティングなどなど・・・。
特にスポットライトが花嫁様に集中して当たった時、ベージュは白より格段にくすみます。

まして濃いベージュだと下着の部分だけがくすみ、段差まで見えてしまうかもしれません。

一方白だとどうでしょう。

純白のウェディングドレスを内側から輝かせて、見た目が柔らかく感じられたりもするのです。

これが、ブライダルインナーのほとんどが白な理由です。
下着は白が必須な理由がお分かりいただけましたか?

きっとあなたのウェディングドレスも白く輝いてカメラに収まることでしょう。

まとめ

ブライダルインナーの色は白が必須です。ドレスの内側から輝きを出し、柔らかい印象に仕立て上げてくれます。
ベージュは肌に近い色と思いがちですが、わずかな色の差で段があらわれ、少しでも濃いとドレスがくすんでしまいます。

ブライダルインナーは“白”で輝く花嫁になりましょう。

▼ご質問等お気軽にご連絡ください▼

プロのスタッフが回答致します。


関連記事