ピュアネットブログ

ブライダルインナー百人の平均価格を知り結婚費用を削減


結婚費用が年収以上?

結婚式の見積書を見るたびに高額になっていって働いている自分の年収よりはるかに高くなっていませんか?

結婚式が近づいてくるとこうした見積書を見て焦ってしまう花嫁がかなりいます。

お金がらみは、近親者でもなかなか相談できないものです。

もう一度、見積書を再点検してみましょう。

気に入ったドレスを今から変えるわけにはいきません。

会場費は変わらないと思いますが、飲食や演出、引き出物etc.などは今からでも見直しが効きます。

よく見てください。

ブライダルインナーは見積書にいくらと書かれていますか?

もし3万円を超えるようなら見直しが必要です。

以下の「対処方法」で詳しくご説明します。

また、ドレスの金額の中にブライダルインナーも含まれていて金額が全く分からない見積書もあるかもしれません。

ここではブライダルインナーに関し金額がわからなくても適切に対処する方法をすべてご紹介いたします。

 

ブライダルインナーが高い原因

最初に理解したいのは、普段使いのインナーに比べブライダルインナーは割高です。

なぜなら、普段使いは、いくつあってもいいですし、毎日つけるものです。

しかしブライダルインナーは1着でいいのです。

ですから生産している種類、量は大きく異なり、ブライダルインナーは一生に一度ですので需要が少ないというのはわかると思います。

逆にその分高くなりますね。

高いといわれる既製品のブライダルインナーは、工場→ドレスショップ→採寸スタッフ→結婚式場がいくつもあり、そのたびに利益の上乗せが起こっているのです。

また、ブライダルインナーは花嫁の申告サイズを採寸せずに販売しているところもあります。

あなたはどのようにブライダルインナーを薦められましたか?

もしこのような薦められかたなら、ぜひブライダルインナーを一度リセットしましょう。

また、ネットショップは、ドレスショップに比べるとかなり安い(中には千円以下のものも)と思います。

これは工場からダイレクトに花嫁に届けられるから間がほとんど入りません。

ただ、3つのポイント!安いけど大満足のブライダルインナーにも書きましたが、購入時のサイズを花嫁が間違えている可能性もあります。

サイズはブライダルインナーを選ぶ場合はとても重要なポイントです。

 

ブライダルインナー百人の平均価格とは

下着大手のワコールエクスプレームはサイズによって金額は多少違うものの、セパレートで3万円以下です。

オーダーメイドでもワコールと同じくらいの価格です。

ちなみに私たちピュアネットでは100人の花嫁のデータをもとに計算したところ2点セットを基準にショーツやフレアパンツなどオプションを含んで平均で29,111円でした。

オーダーメイドの2点で24,980円(フェア期間中)と既製品であるワコールのエクスプレームとほぼ同じ金額になります。

 

ではどのように対処していくか?

オーダーメイドでは厳しいのですが、既製品のブライダルインナーであればキャンセルは必ずできます。

なぜキャンセルできるとはっきり言えのでしょう?

それは、もしキャンセルが出てもほかにいくらでも回せるからです。

既製品を販売する専門店でもこれは当たり前のこととなっています。

私たちピュアネットでもワコールエクスプレームを一部店舗で取り扱いしていますが、ワコールは花嫁の気持ちを最大限尊重し、キャンセルを快く承諾してくれます。

花嫁には不快な思いをさせたくないのでしょう。さすが業界のガリバーです。

 

それでも「キャンセルはできない」

このようなことを言うドレスショップは結構あります。

ブライダルインナーは体型に合ったもので、結婚式当日は体にストレスのかからないものというのは常識です。

ショップで試着したブライダルインナーがどうしても合わない。

そんな時、専門店で採寸・試着し圧倒的に専門店のほうが着心地が良い。

しかし「ドレスショップにキャンセルができないと言われた」という話しは多くあります。

そして、しぶしぶ諦めたという花嫁がとても多いこともよく聞く話です。

ブライダルインナーの価格が3万円以上なら「もう一度見直ししましょう」と書きました。

既製品のブライダルインナーが「キャンセルができない」ということは100%ありえません。

これだけはしっかり覚えておきましょう。

特に選んだドレスにはショップで用意したブライダルインナーしか合わないということはありません。

 

結婚式の主役はあなた自身です。

ドレスショップのとても感じのいい何でも相談できるスタッフが主役ではありません。

ここはしっかり自分の意思を伝えるましょう。

セットになっていても「ブライダルインナーはほかで考えていますのでその分安くしてください」としっかり話すべきです。

数年前、あるホテルで花嫁にドレスだけでなくブライダルインナーも持ち込み料を取るという話をしたところがあり、その後大ヒンシュクを買ったそうです。

その花嫁は「ブライダルインナーを着なくても持ち込み料を取るのですか?」と聞き返したそうです。

それ以来ブライダルインナーに関しては柔軟な対応を取るところがふえました。

親切なドレスショップでは「ブライダルインナーは外で揃えてきてください。もしなければうちのブライダルインナーを紹介します」というところが増えました。

ドレスショップはドレスの専門家でブライダルインナーは専門外です。

結婚式の主役は花嫁であるあなたです。しっかりその気持ちをもって見積書の見直しをしましょう。

まだまだほかにも同じように見直せるアイテムは山ほどあります。

最近は高級車が買えるような金額を出してくる結婚式場が多くあるといわれています。

まず、全てのアイテムも思い切ってリセットしてもう一度しっかり見積書をチェックしましょう。

まとめ
ブライダルインナーが高額なのは数か所で利益の上乗せがある。
ブライダルインナー百人の花嫁の平均価格はオプションを入れても3万円以下。
既製品のブライダルインナーはキャンセイルできる。
スタッフが主役ではなくあなたが主役。

 

もしまだ決まっていないならオーダーメイドがおすすめです。

 


試着予約ネット受付!


採寸していないので自分のサイズが正確でない

着心地がよくわからない

オーダーと既製品のブライダルインナーの違いが判らない

もしこうした不安や悩みがあったら・・・



今すぐ申し込む

関連記事