時間ない!結婚予算抑えるブライダルインナー購入法


予算削減に涙ながらの努力が

結婚式まであと一か月を切って、見積額が現実化してきましたね。1回目の見積もりからは程遠いくらいの金額に正直困惑していませんか?「一生に一度」の悪魔のささやき(笑)が予算を膨らませているんです。3か月前はまだ余裕で、これなら料理の値段を少しアップ、ウェルカムボードやウェルカムドールも揃え、ペーパーアイテムは全てお願いして、引き出物に引菓子・・・ドレスに至っては頑張ってクラウンまでレンタルしてしまった・・・気が付いたら「これどうする?どうやって払う?」で新郎と喧嘩することもしばしば。予算を切り詰めるために、ペーパーアイテムは自分で探し、引き出物や引菓子はランクをちょっと下げ、招待した人に差をつけたり、気にいっていたクラウンも髪飾りに変更。

ブーケもちょっとお花の数を少なくしたり、涙ながらの努力が始まりましたね。

たのめばそれだけ高くなる

結婚式は自分でやればやるほどお金はかからなくなりますし、頼めば頼むほどどんどん予算が膨らんでしまいます。

料理は一人300円増やしてみても100人分だと3万円アップ!引き出物も500円高くするだけで5万円アップなど、いつの間にか最初より100万円近く高くなってしまっているというのはピュアネットの花嫁会でもよく聞く話です。

さぁそれではこの後時間もありませんがどうしましょうか?結婚式までに1か月を切ったある花嫁様はピュアネットにブライダルインナーを購入しに来た時にこんな話をしてくれました。

まず、5万円超えのインナーは???!

予算がいつの間にか当初より100万円オーバー。

どうやって支払っていけばいいか新郎と思案中に何度も見積もりを見返していた時、ブライダルインナーが5万円を超えていることに新郎が気付きました。ドレスショップでドレスと一緒に申し込んだブライダルインナーで、ドレスの最終打ち合わせの時に購入するか決めるところだったのです。

「下着に5万は高くないか?」と新郎。でもドレスと合わせてお願いすることにしているといっても納得せず、新郎がネットで探し始めました。

そうすると極端ですが1/10でも購入できるネット通販を発見!「見えないんでこれにしたら?」といわれたそうです。しかし自分としてはドレスショップのブライダルインナーが気にいっていてあきらめられないけど、予算を考えると新郎のいうこともしぶしぶ受け入れなければならないと思い、自分でネットをみてピュアネットにご来店しました。

ネット通販は、一か八か

ネット通販は、安さとスピートがウリですね。ただ、きちんとしたサイズを知らないと合わないリスクは当然あります。

「交換返品可能」「送料無料」など色々な有利な条件は大きく明記してありますが、返品時の送料はお客様もちですとか、交換は1度ですなどが小さな字で書かれてあったりします。また、送る窓口が近くにないと梱包や発送が大変で、実はこれが煩わしくてあきらめて専門店に行くという花嫁様が非常に多いのです。

専門店はネットほど安くないけど・・・

ネット通販が合わないリスクがあって返品交換が煩わしかったり、かえって時間がかかるのに対してブライダルインナーの専門店ではドレスショップのほぼ半分、2~3万円で手に入ります。また、ドレスの写真を持参すれば、希望を聞いてできるだけ貴女に合うブライダルインナーを紹介してくれます。ネットショップで何度か合わないことで時間的にはかえってかかってしまうこともあるようです。

完璧に仕上げたい

今回ピュアネットにご来店いただいた花嫁様は、価格とご自身の体系で悩みがあってオーダーメイドで作りたいとのことでした。来店は結婚式の20日前!製作期間は約2週間。でもドレスの最終打ち合わせに間に合わせたいとのことで1週間で出来上がる特急便を使って間に合うことができました。

まとめ

結婚式は最初の見積もりで計算して準備しておく金がでは足りないことがほとんどです。

みなさん1か月前くらいになって足りない焦りが出てきます。いつの間にか膨れ上がる予算ですが、細かく見ればブライダルインナーも予算削減にはつながると思います。


試着予約ネット受付!


採寸していないので自分のサイズが正確でない

着心地がよくわからない

オーダーと既製品のブライダルインナーの違いが判らない

もしこうした不安や悩みがあったら・・・



今すぐ申し込む

関連記事