ブライダルインナー専門店

予約・問合せ 0120966561
ベネフィットワン加盟店
HOME>ブライダルインナーセパレート
ブライダルインナーセパレートタイプ

ドレスシルエットの大きな違い

従来のブライダルインナーよりトップが上がり、ウェストのくびれもきれい
 二つの写真の違いは一目瞭然。右はオーダーメイド、左は一般的なインナーです。オーダーメイドはトップが高くウエスト周りが細くなりしわはできません。一方一般的なインナーはトップが左右に散ってくびれができず、しわが寄ることもあります。
 オーダーメイドは完成度が高くメリハリボディが出来上がります。

トップを高くする!

ブライダルインナーはトリプルジョイント(3枚ハギ)基本。
 「ドレスは胸できる」とよく言われます。ブラトップを高い位置でキープすることでドレスを支えることができるのです。「ブライダルインナーMiyabi」のカップは3つの生地(写真)を使って作る「トリプルジョイント(写真:3枚ハギ)」方式です。
 トップが高い位置でキープでき、シルエットが非常にきれいになります。
*ブラは2種類あり購入前にトリプルジョイントか上下に分かれている2枚ハギか確認が必要です!

左右のバランスを均等にする

ブラのカップの上辺が浮いてしまうならカップカットで対応できます。
 
 オーダーメイドはカップ上辺に浮き(開き)がある場合、ミリ単位で外側からカップカットし、カップ上辺の浮きをなくすしバランスよく仕上げることができます。
 それでも若干浮きがある場合、6種類以上あるパッド調整を施し浮きをなくします。
 普段から左右のバランス(大きさ)が違う方はカットとパッドでほぼ左右対象に仕上げることができます。
 浮きでストレスがたまると、結婚式当日、気になって自然な笑顔が消えてしまいます。

ウエストを楽に細くする

ウェストのくびれが楽で簡単にでき苦しくない。さらにブラもトップの位置でしっかり固定
 
 「ブライダルインナーMiyabi」のウエストニッパーは、着けるだけでウエストが2センチ以上細くなるように設計されています。
 ウエスト周り(写真:くびれ周辺)の脂肪を上下に散らすように作られており、締付け感も「苦しくない」「楽だ」「これなら食事ができる」などの感想をよく聞きます。(blogでもご紹介しています
 また、カット次第ではくびれの調整ができます。オーダーメイドは苦しくなく自然なくびれができます。

体型を美しいシルエットに仕上げる

縦カットだけでなく、AカットVカット自由自在にあなたのスタイルに合わせられます。
 
 「ブライダルインナーMiyabi」のウエストニッパーはナチュラルカットで、身体に吸い付くような感覚で仕上がります。体型によって「縦、V、Aカット」で仕上げます。
 つまり上辺下辺が既製品と違いその人の体系にカットすることができます。
 ナチュラルカットを施すことでフィット感を増し、付けてもふわっとした感じで仕上がります。

背中の開きも安心

 ブライダルインナーMiyabiは、ブラとニッパー2点セットでレース、ノンレースの2種類から選べます。(マーメイドはノンレースがおすすめ)
 デザインより機能性重視で企画、製作(写真)され背中の開きは業界最大と言われています。ブライダルインナーMiyabiは、ブラのトップが高い位置で安定します。

↑ PAGE TOP

ドレスのダイヤモンドシルエット

ドレスをきれいに見せるにはダイヤモンドシルエットが大事!ボリュームアップも簡単
 
 ダイヤモンドシルエット(写真)とはデコルテラインからウエストにかけて細くなりダイヤモンドを横から見た形のようになることです。
 ブライダルインナーMiyabiはこのダイヤモンドシルエットを作ることを目的にデザインされました。
 ドレスの理想のシルエットとされる「ダイヤモンドシルエット」を作るには採寸、試着して確かめることが必要です。(試着体験、採寸はピュアネット全店・試着会で可能です)細かいところまで採寸し出来上がったブライダルインナーは貴女だけの素敵な「ダイヤモンドシルエット」となります。

当日苦しくなっても楽に調整

式の途中で苦しくなったら簡単にボーンが抜き差しできます。
 
 カップを支えるウエストニッパーの縦のボーンはいつでも抜き差しできます。式当日食事をしてとか妊娠初期の花嫁様にはボーンの抜き差しで苦しくなった時の調整が可能です。
 妊娠5か月未満の花嫁様は人気のセパレートタイプを選ばれる方が多く、当日苦しくなったらボーンを入場前やお色直しの時に抜くことができます。
 また、抜き差しできるボーンですので産後の体形補正にも役立ちます。
花嫁の笑顔

↑ PAGE TOP

Copyright© Purenet.co.jp All Rights Reserved.