ブライダルインナーが安いか高いかの見極め方法

安くてよいブライダルインナー

結婚後、1年たっても結婚式でお金を使いすぎたといってローンの返済をやり続けているカップルも少なからずいます。

新しい人生のスタートから返済に悩むようなことでは、何のための結婚式だったのかと後悔するかもしれません。

招待客一人の料理の単価が1万5千円以上だとします。

日常生活で1万5千円のコースというのは、あなたはしょっちゅう食べますか?私は決して安いとは思えません。

そしてあなたのドレスは高いですか?安いですか?

すべてのアイテムは「結婚」という特別な環境に入ってしまうと、ものの価値観が乱れてしまいます。

ある花嫁は姉の結婚式に費用が掛かりすぎて後悔していたので、自分は姉からアドバイスをもらって結婚費用を最初から抑えたという方がいました。

あなたは結婚という環境の中で、ものの価値観を見失っていませんか?

一度項目ごとにリセットしてみるのもいいかもしれません。

テーブルを彩る豪華な装花は、いったんリセットして街のお花屋さんから見積もりを取ってみるといくらになるのでしょう?

ウェディングドレスをリセットするというのは勇気がいるかもしれません。

しかし、レンタルよりオーダーにした場合はどうでしょう?

もし持ち込み料があるのならそれをプラスしてもオーダーのほうが安くなるかもしれません。

ドレスの周辺アイテムもそうです。特にティアラはじめ高額のアイテムがドレスの予算の中に入り全体の予算を押し上げているはずです。ここも一度リセットしたほうがいいと思います。

ブライダルインナーもその一つです。

このページではブライダルインナーに絞って「安いか高いかの価値観」そして着心地、美しいドレスシルエットなどをすべて満足させる「見極め方」をごご説明します。

安いか高いかの見極め方

もし見積書のブライダルインナーが5万円を超え10万円以上のものなら、きっと「高い」とわかり見落とすことはないでしょう。

それが、5千円と書かれていると気が付かないかもしれません。

では、あなたにとってブライダルインナーはいくらなら「高い」、いくらなら「安い」と思うのでしょう?

もっと突き詰めて言うと、高いなら着心地や安心感・満足感があるのでしょうか?

安いなら「着心地を我慢しなければならないのはしょうがない」と諦めるのでしょうか?

 

3つのポイント!安いけど大満足のブライダルインナー

思いっきり欲張って考えてみましょう。

貴女の今の希望は・・・

  1. ブライダルインナーの価格は安いほうが良い
  2. 安くても着心地の良いブライダルインナーにしたい
  3. 予想以上にドレスシルエットが綺麗になるものを選びたい

が最低条件になると思います。

1、ブライダルインナーの価格は安いほうが良い

人間、全く同じ商品なら安いほうを選ぶのは当然だと思います。

100円のボールペンが1本1万円で売っていたら「100円」と知っている人は絶対に買いません。

同じボールペンが100円で売っていることを知っているからです。

しかしブライダルインナーはどうでしょう?

大体いくらなのか?初めての買い物なので価格や着心地を比較すること自体、全く分からないのではないでしょうか?

ボールペンで言えば芯が何色か知らずに購入するようなもので、家に帰って、自分が買おうとしていた黒のボールペンが赤いボールペンだったことに後悔します。

そして、価格を知らずブライダルインナーを探している花嫁は、ボールオペン購入と同じようなもので、以下2つの共通点を持っています。

1-1.ドレスショップは高い

ブライダルインナーの価格帯は5千円以下もあれば5万円以上までとても幅広くあります。

ただ、過去7万人以上の花嫁からアンケートを取り、共通することは「ドレスショップのブライダルインナーは高い」と言う答えです。

「安い」と答えた花嫁はいません。

過去には8万円以上するブライダルインナーをショップで薦められた花嫁もいました。

一方、ネットで「安い」と思って購入したものの失敗したと話す花嫁も非常に多くいます。

ブライダルインナーは1万5千円から3万円の範囲内が妥当と言われています。

そしてブライダルインナーには「セパレートと一体型(スリーインワンやオールインワンと言われている)」「オーダーメイドと既製品」があります。

「オーダーメイドと既製品」ですが、価格は圧倒的に既製品のほうが安いはずです。

なぜなら、オーダーメイドは一つ一つ手作りで花嫁のサイズに合ったブライダルインナーを作るため、時間と手間がかかるからです。

一方、既製品は大量生産ですので、すぐに購入でき、交換やキャンセルも可能なので安いのは当然のはずです。

しかし、ブライダル業界には「一生に一度」という魔法の言葉があります。

結婚における「ものの価値観」が見えなくなるのです。

また、その一方で結婚費用の見積もりが当初より高額になりすぎて、できるだけ削れるところは削ろうとする花嫁もいます。

ウェディングドレスの予算がオーバーし、節約するために購入したはずの「安い」ブライダルインナーが今度は「きつい、痛い」などで失敗してしまうのです。

なぜ失敗する人が多いのでしょうか?

1-2.いつ採寸をしましたか?

そしてもう一つが「採寸」です。

普段使いのインナーとブライダルインナーは目的が違い、ブライダルインナーはドレスを綺麗に見せるためのものです。

8割以上の女性がいつ採寸をしたか覚えていないというデータもあります。

自分が思い込んでいるサイズが間違っている女性が多いのです。

さらに、普段使いのインナーとブライダルインナーはメーカーによってもドレスのデザインによってもサイズが違ってきます。

例えば、トップを高くするために普段はCカップでもブライダルインナーではDカップにしてパッドを使うケースはとても多くあります。

ほとんどの花嫁が、採寸をせず普段使いのサイズでブライダルインナーを注文してしまいます。

ですから「合わない」花嫁が続出するのです。

一方、既製品に比べ取扱店が少ないオーダーメイドのブライダルインナーは、価格はドレスショップの既製品より安く、ネットショップより高い、丁度中間くらいの値段です。

この中間くらいの金額があなたにとって「高いか」「安いか」それとも「妥当か」です。

「高い」と思えば5千円から1万5千円の範囲で絞りこみましょう。

「安い」と思えば周辺アイテム(ショーツやフレアパンツなど)を一緒に購入してもいいでしょう。

「妥当」と判断すれば、あとは「着心地」を確認するだけです。

 

一つ覚えておきたいのが「セパレートと一体型」どちらがいいかということです。

ここでは詳しく説明しませんが、興味があれば「7割がセパレートのブライダルインナーを選ぶわけ」をご覧ください。

7割がセパレートのブライダルインナーを選ぶわけ

もう一つのポイントは、オーダーメイドは既製品と違い大きな弱点があるということです。

それは「納期」と「採寸」です。

オーダーメイドはその場で購入することができません。

出来上がりまでは1週間から1か月くらいかかります。

また、必ずプロに採寸してもらって細かい調整をしなければならなず、花嫁にとって店舗に行く移動時間と採寸時間(1時間程度)がかかる「わずらわしさ」があります。

価格は妥当でも「採寸・試着(専門店ではオーダーも既製品でも同じ)」した後の「着心地」が重要です。

 

2、安くても着心地の良いブライダルインナーにしたい

ウェディングドレスが、とても気に入っていても試着時にブライダルインナーと一緒に着ると合わないケースがあります。

合わないと「痛い」「苦しい」「きつい」「ゆるい」など、かなりのストレスがかかります。

このような症状は、価格が高い、安いにあまり関係しません。

既製品であれば、完璧に合うということもありません。

これは普段使いのブラでも同じではないしょうか。

既製品は体が下着に合わせるようになっているからです。

このままいけば「外は満足、中は不満だらけ」状態が結婚式で一日中続くことになります。

参考:ブライダルインナーの購入時期とポイント

私たちはご自身に合ったブライダルインナーを最初に揃え、そのあとからウェディグドレスを選ぶことを推奨しています。

逆に、ウェディングドレスが決まっている花嫁はブライダルインナーを選ぶ際、慎重にしかもストレスのかからないものを揃えてもらいたいとお話しています。

新調した靴が靴ずれを起こすと一日中ストレスがかかると同じように、結婚式という晴れの舞台でブライダルインナーにストレスがかかるというのはいいとは言えません。

もちろん既製品かオーダーで重要なのは「着心地」です。

まず、ご自身のブライダルインナーの予算を決め、着心地がどうかが必要です。

「時間がない」ではなく「時間を作って」でも着心地の確認は行うべきです。

 

3、予想以上にドレスシルエットが綺麗になるものを選びたい

「価格」と「着心地」は予算の範囲内で満足できたとします。

さらに上を目指すなら「ドレスシルエット」をいかに綺麗に見せることができるかです。

ウェディングドレスの最高のシルエットはダイヤモンドシルエット

あなたが満足できるブライダルインナーのゴール地点がここです。

「価格」「着心地」は満足できても、ウェディングドレスと一緒に着てみると、トップの位置が高くならない、ウエストだけでなく全体的にしわが寄ったりと気になる部分が出てきます。

私たちはダイヤモンドを横から見て、トップからウエストにかけ細くなる最高のシルエットを「ダイヤモンドシルエット」と呼んでいます。

このダイヤモンドシルエットができるウェディングドレス姿がブライダルインナーとの最高のコンビネーションです。

最近はウェディングドレスと言えばビスチェタイプとなるくらい、ビスチェのドレスはとても人気があります。

気に入ったウェディングドレスの価格をちょっと背伸びして決めると、周辺アイテムを削るというのは必然なのかもしれません。

ただ、ブライダルインナーはウェディングドレス姿を引き立てるための土台です。

しっかり予算の上限を決め「着心地」を確認することです。

「価格」に満足でき、「着心地」さらに「ダイヤモンドシルエットをつくる」ことができれば、あとは悩むことはないでしょう。

 


まとめ

・価格は5千円から5万円の範囲内で、予算を見ながら「高い」「安い」「妥当」を決める

・ブライダルインナーはストレスにならないものを選ぶ

・ダイヤモンドシルエットができるかどうかにこだわる
 


試着予約ネット受付!


採寸していないので自分のサイズが正確でない

着心地がよくわからない

オーダーと既製品のブライダルインナーの違いが判らない

もしこうした不安や悩みがあったら・・・



今すぐ申し込む

関連記事

体系別ブライダルインナーの選び方

貴女の体型に本当に合うブラジャーの選び方とは? 今日は、『ウェディングドレスが最近ようやく決まり、後は下着をどうするか』とお悩みの花嫁様に特に読んでいただきたい