結婚費用(予算)を公表されている平均で見るとかなり高い!


ご祝儀で賄うのが理想

JPN019

「結婚費用」と検索するだけで、多くのサイトが独自に調べた「平均値」のような金額を掲載しています。

確かにデータの収集方法によっては、大体の金額がわかります。

でもそもそも、結婚費用はご祝儀の範囲内で賄うのが理想と言われています。

 

結婚費用の平均値は高すぎる

どのサイトも平均値を合計してみるととてもじゃないですが、ご祝儀の範囲内では収まらないことがわかると思います。

平均値にするには、ご祝儀に自分でためた貯金を取り崩す、親に援助してもらう、ローンを組むなどが考えられます。

 

hanayome

 

でも、実は平均って考えていた結婚費用ですが、見えないお金(予算)が要所要所に出てきます。

例えばドレスです。

ウェディングドレスの平均は20万とも30万とも言われています。

カラードレスは20万円前後、新郎の衣装は10万円前後が相場のようですが、実は細かく見ていくと、ここにシューズ、グローブ、ティアラやネックレスなどのアクセサリー類、ブライダルインナー、ベール、ブーケ、ブートニア・・・付属品が付くと平均値では無理だということがわかります。

 やり方次第ではドレスは半分以下に

しかし、結婚式場探す・選ぶ前に必ず知っておくべき最低限の条件とはでも書きましたが、ある花嫁様が比較してみたら、レンタルドレスと小物類の総額が45万円だったのに対し、オーダードレスに小物類、持込料も含めて13万円、その差は32万円にもなったそうです。

選び方によっては、こうした大きな差が出てくることになります。

この差に気が付くのは早ければ早いほど、予算が少なくて済むのです。

この花嫁様の場合も比較する時間があったのでこれだけ大きな差に気が付いたのです。

より細かく精査していくと、各社が出している平均値というのはどうなのか?ということです。

結婚準備ドレスやインナー購入の順番を変えるとうまくいく!にも書きましたが、購入する順番を変えるだけでも予算に差が出てくることもあるのです。

 

 後悔しないためには・・・

ピュアネットの花嫁会では必ずと言っていいほど、見積もりや予算の話が出てきます。

結婚直前の花嫁様や結婚したての花嫁様は、もっと早く花嫁会に参加すればよかったと後悔しますし、まだ先の花嫁様は、かなりためになったと話します。

とにかく、ほとんどの方が結婚式は初めてです。

なので、情報がない相談できないなどで悩んでいる方がほとんどです。

 

こうなると頼りになるのは、雑誌やネットということになるわけです。

 

 広告が多いところは高い

ただ雑誌に出ているということはそれは広告ですから、悪いことは書いていませんし、金額も広告宣伝費用を乗せていますので、それだけ高くなるわけです。

特にジュエリーやブライダルエステは、広告宣伝にかける費用が莫大で、その金額が上乗せされているといってもいいでしょう。

 自作自演サイト

また、ネットは自作自演サイトが横行していて特にランキングサイトは目を覆いたくなるような口コミや人気などのキーワードで出てきてしまいます。

ネットユーザーにはわからないところで業者に頼んでお金をかけて「仕掛け」ているわけです。

こうした金額があっての平均値ですので、さて本当はどうなのか、ますます信ぴょう性が無くなってきますね。

 ブライダル業界とは・・・

futari05ブライダル業界は業者を囲い込んで利益を取る、というところがとても多くあります。

どういうことかというと、ある結婚式場でドレスを提携店以外で決めると当日ドレスの「持込料」がかかるのです。

これは名目は持込料ですが、実際は提携先のドレスショップから利益が取れない分を補っているのです。

また提携先のドレスショップ、特に式場に入っているドレスショップは、会場に保証料を支払って入っていますのでその会場で結婚式が決まったカップルにドレスをレンタルしたり販売したりが優先的にできるのです。

 

これはほんの一部で、実は結婚式場のアイテムはほとんどがこうした関係の中でなり立っているのです。

したがって司会、写真、引き出物、装花、演出に至るまでほとんど全てがこの関係なので、全般的に高いのです。

 

2つのチェックで予算が大きく変わる

futari01

会場を決める前にできれば、結婚式で準備しなければならないものをピックアップして、全てネットで確認してから会場見学に行き、見積もりを取ってみましょう。

また、申し込む前に「持込料」はどうなっているのかは確かめておいた方がいいでしょう。

 

この「持込料」は申し込みの前には会場側からはほとんど話として出てこないことです。

だから、花嫁会の中でも会場側といったいわないでトラブルになったり、なりそうになったりが頻繁にあります。

 

 公表されている平均値より本当は安い

こう考えると、公表されている平均値とはどういう金額なのか?です。

引き出物も5000円くらいが平均と出ているところもありましたが、花嫁会で聞いてみるとほとんどが3000円~3500円くらいです。

そうなると結婚式の相場はどうなのでしょう?ドレスだけでもそうですし、料理などは会場によって値段も相当の開きがあります。

12000円でも自信を持って出せる会場もあれば、20000円以上の料理をすすめる会場もあります。

 

こう考えると、結婚費用は会場を探す前に、アイテムの金額を細かく知ることが大きなポイントとなります。

そして会場との契約の前に持込料がどこまでかかるかをしっかり確認しておくことです。

結婚準備ドレスやインナー購入の順番を変えるとうまくいく!に書いたようにドレスを探しに行く前にブライダルインナーを探しておいて、先に購入して持参していくとドレスショップのブライダルインナーがいかに高いかがわかりますし、装花、写真、司会などの関連アイテムもネットで直接業者にあたるか会場にお願いするではかなりの差になってしまいます。

 

本当の料金って・・・

本来、一般庶民から見れば料理に10000円は「高い」と思うはずです。

知人の結婚式に出たときに、後から料理の料金を調べたところ15000円でした。

二人には話しませんでしたが、あのコースは普段食べるレストランのコースで言えば半分くらいの金額でも高いと思います。

 

最近は、会場費と料理以外は持込料は取らず、自分たちで探し切れないアイテムだけ会場が用意するといった非常に良心的なところが登場してきました。

こういう会場を使えば、やり方次第ではご祝儀で全てまかなうことは可能です。

まだそんなに多くはないと思いますが、今後は徐々にこういった会場が増えてくるのではないでしょうか?

 

関連記事
百人の花嫁のブライダルインナー平均購入価格は?
種類別ブライダルインナーの購入時期、いつ頃が妥当なのか?
素人でもできる!簡単ブライダルインナーの選び方

 

まとめ
結婚費用の平均値が色々なサイトや雑誌に出ていますが、まともに信じてしまうと相当の予算オーバーになります。

結婚式はご祝儀の範囲内が理想です。

そのためには、予めブライダルアイテムの価格を把握することと会場による「持込料」の有無を確認してから準備を本格的に始めましょう。


試着予約ネット受付!


採寸していないので自分のサイズが正確でない

着心地がよくわからない

オーダーと既製品のブライダルインナーの違いが判らない

もしこうした不安や悩みがあったら・・・



今すぐ申し込む

関連記事