Aライン、マタニティ用のブライダルインナーのおすすめな購入時期


マタニティにもピッタリな「Aライン」

ウェディングドレスの定番中の定番とも言える、Aラインは、どんな体型の方にもご使用いただけます。
中でもビスチェのAラインが人気ですが、実は授かり婚で式を挙げるという方でも同様に着用できるタイプのドレスです。

マタニティにも大人気のAライン

Aラインが大人気な理由は、どんな体型にも合うというよりも、妊婦さんの大きなおなかが、あまり目立たなく、自然になるという点が挙げられます。
あまりおなかは目立たせたくない、できるだけきれいに着こなしたいという方には、これ以上ないほど便利な選択になります。

授かり婚で式を挙げるという場合は、あらゆることが一気に押し寄せますので、いろいろなことがストレスとなって積み重なります。
結婚の準備と、妊娠、出産の準備を同時進行しなければならないため、とても大変です。
ストレスをできるだけためないように、上手く付き合っていく必要があります。
いろいろな人の助けを得ながら、一つ一つゆっくりと解決して行くことが大切です。
妊娠の時期、式の日程などにも左右されますが、できるだけ自分の着たいものを選んで、楽しく、明るく考えるようにしましょう。

ここから、結婚式で着られる、マタニティ用のブライダルインナーについてまとめていきます。

マタニティ用のブライダルインナーは2014年から販売スタートしました

ブライダルインナーといえば式で着るウェディングドレスの下に身に着ける、インナーのことですが、それのマタニティ用というと、あまり情報がないかと思います。

これはピュアネットでも同様で、数年前まではマタニティ用のブライダルインナーに関する情報発信はしていませんでした。
通常の花嫁さんが着られる、結婚式用のブライダルインナーの開発は10年以上手掛けておりましたが、マタニティ用のものは非常に難しく、シビアなものが要求されるため、開発が難航しておりました。

しかし、厚労省の発表で、なんと全国平均で4組に1組ができちゃった婚、授かり婚というデータが発表されたのです。

全国的に、できちゃった婚や授かり婚の方が増えてきており、その方へもしっかりとしたアドバイスができ、サポートできる製品をと奮起しました。
そして、マタニティ用インナーの老舗であり、重鎮的な存在であるローズマダムとコラボレーションをしました。

2014年から、妊娠初期はもちろん、妊娠5か月目以降のおなかが大きくなってきた花嫁様へも、十分に力になれるブライダルインナーを開発、販売をスタートさせたのです。
それが、ブライダルインナーKarenです。

マタニティ用ブライダルインナーの種類と、おすすめの購入時期

妊娠初期から5か月以内であれば、オーダーメイド方式のものであれば、いつ購入しても大丈夫です。
後期だと、スリーインワンタイプだとおなかを強く締め付けてしまいますので、ブラとウェストニッパーが分かれたセパレートタイプにするようにしましょう。

時期は、オーダーメイドでも既製品でも、式の長くても1か月前に買うのがおすすめです。
1か月だと、そこまで大きく体形が変わることは、あまりありません。

式の1か月から2週間前に購入するのがベスト

Aラインのドレスでも、くびれをくっきりと見せるローウェストタイプだと、妊娠初期でもブライダルインナーの購入を遅くしたほうが良いことがあります。
おなかが大きくなる時期は、人によって異なり、目安として5か月以内としていますが、早い人だと3か月ほどで変化し、4か月目にはもうしっかりとした妊婦さんの体型になっている方もいます。
形も人それぞれで、普通に前に出る人だけではなく、横に広がる人や、場合によってはあまり変わらないということもあります。

あまり式と離れたタイミングで決定、購入してしまうと、式の際に全く合わず、直前で買いなおしたり、最悪いいものが合わずに全く別のものを着なければならない、ということにもなりかねません。

ピュアネットのオーダーメイド製品なら、万が一式の直前でサイズが合わなくなってもお直しすることが可能ですので、是非とも活用してみてください。

ピュアネットの製品にはスーパーフックといい、ブラもウェストニッパーも、フックを縦にプラスできるものがあります。
また反対に、購入時にぴったりだったが当日になって苦しくなったという場合には、ウェストニッパーのボーンを抜くことで、すぐにインナーを緩めることができます。

突然苦しくなったという時でも、簡単に対応できる仕組みになっています。

ナチュラルカットのウェストニッパーもある

ウェストニッパーはさらに、後ろをナチュラルカットにすることもできます。
これにより、ウェストニッパーがより一層体型にフィットしますので、苦しくなく、楽にボディラインを作れます。

妊娠5か月以降のブライダルインナー

ピュアネットでは、妊娠5か月以降で結婚式を検討している花嫁様へは、ブラキャミソールとサポーターのセットのインナーをおすすめしています。
おなかを大きくカバーして、腰に負担をかけないサポーターを身に着けることで、通常のインナーよりも締め付けることなくドレスを着ることができます。

5か月を超えると、ほとんどの妊婦さんは週ごとに体型がどんどん変化していきます。
本当に目まぐるしく変わっていきますので、5か月以降のブライダルインナー選びは特に慎重になりましょう。

ピュアネットのブライダルインナーKarenは、花嫁様の美しさと同時に、おなかの赤ちゃんの健康、安全も考え抜き、開発してまいりました。

ドレスに合わせるために、背中の開きも大きくとっており、さらにブライダルインナーではありますが、出産後にはサポーターとして使い続けることもできます。
サイズも、さまざまの人に対応できるよう、豊富に取り揃えております。

種類としてはブラキャミソールになりますが、随所にマタニティインナーを意識した仕組みを取り入れています。

サポーターはあ、る程度の重さがあるドレスを、腰でしっかりと支えることができますが、一方でおなかにはやわらかい生地を使い、ふっくらと包むような造りになっています。

Aラインのドレスであれば、マタニティであっても十分着こなせるブライダルインナーに仕上がっています。

まとめ

ブライダルインナーKarenは、全国のピュアネットのブライダルインナーサロンで取り扱いがあります。
本店にはマタニティインナーのインショップが併設されておりますので、お気軽にお越しください。
お電話では、以下までお気軽にお問い合わせください。

 

お電話でのお問合せ
0120-966-561


試着予約ネット受付!


採寸していないので自分のサイズが正確でない

着心地がよくわからない

オーダーと既製品のブライダルインナーの違いが判らない

もしこうした不安や悩みがあったら・・・



今すぐ申し込む

関連記事

グラマラスをより美しくするには

ピュアネットは3タイプのブライダルインナーをオーダーメイドでお作りしています。 『セパレート』、『マタニティ』、『ビスチェ』です。 特に近年では、ドレスがビスチ