マタニティ用ブライダルインナーが必要になる時期と、選ぶポイント

ブライダルインナー全般


できちゃった婚、授かり婚の妊婦さんは、気掛かりなことがたくさん

マタニティウェディング

・妊婦用の下着はどういうのが良いの?
・妊娠何か月ぐらいから下着の種類を変えるの?
・一体どれくらいおなかが大きくなるの?

などなど、悩みが尽きないと思います。

結婚式のことも考えると「妊娠中でも着れるドレス・インナー」を考える必要も出てきます。

安全かつ美しいものを、と探しても、デザインの幅は非常に限られますので、自分好みのものを見つけるのはとても時間がかかります。

今回は妊婦さんのための結婚式用の下着についてご紹介していきます。
妊婦さんのためのものですので、「マタニティ用のブライダルインナー」となります。

買う時期や衣替えの時期などもまとめていきますので、まだ考えていないという方は是非一度読んでみてください。

 

考えすぎは禁物

妊娠すると、体の中に新しい命が宿ります。
赤ちゃんがおなかの中で育っていくのです。
赤ちゃんの成長に合わせて、体型がどんどん変わっていきいます。

妊婦さんは、日に日に変わっていく体についていけずに参ることも良くあります。
特に授かり婚だと、初めての経験の上に結婚のことなども同時にほかにも様々なことがありますので、日々のストレスが大幅に増えます。

ここでまとめることは、簡単な豆知識程度にとどめて、考えすぎないようにするのが一番大切です。

ここから、妊娠周期ごとのブライダルインナーの選び方をまとめていきます。

妊娠「5か月目」あたりから大きく変わる

妊婦さん用のブライダルインナーの選び方としては、結婚式のタイミングが妊娠何か月目にあるか、というのが目安になります。

目安というか、妊娠時期で大幅に変わります。

 

具体的に言うと、妊娠5か月目が一番の分岐点となります。
5か月経過までは、つわりなどの影響で締め付けられるのが苦しい場合を除いて、マタニティ用のブライダルインナーに限定せずとも大丈夫です。

つまり普通のブライダルインナーも選択肢に入るということです。

しかし、おなかが目立ち始める3か月目から5か月目以降になると、通常のブライダルインナーはまず入りません。

もちろん、個人差がありますので、早いうちにおなかが大きくなる人や、反対にあまり大きくならない人がいますので一概には言えませんので、まずは式場などのスタッフさんに判断してもらうのがおすすめです。

幅広い選択肢から選びたいのであれば、是非とも早めに式を挙げるのがおすすめです。

 

スーパーフックとは

マタニティだと、一般的なスリーインワンタイプはあまりおすすめできず、ブラジャーとウェストニッパーが分かれたセパレートタイプがおすすめです。

また、ピュアネットにはブラジャーもウェストニッパーもフックをつなげられる、スーパーフックというものがあります。
通常は縦3列のみですが、2つ続けて6列、3つ続けて9列なども可能になります。

さらには13段もあるウェストニッパー用のスーパーフックもあります。
さらにウェストニッパーは縦のボーンが自由に抜き差しでき、当日で急に苦しいとか、体調が悪くなって代えになるものが無いというときには、ボーンを抜いて緩めることも可能です。

このように抜いて、調整することができます。

ブライダルインナーの選び方は、妊娠時期で5か月を目安に選ぶようにしましょう。
ちなみに、妊娠と同時に母乳もたまり始めるので、バストのサイズが上がるという方もいます。
人によっては2サイズも一気に上がった、ということもあります。

つわりによる体型の変化

体型の変化は赤ちゃんによるものだけではありません。
つわり」も体型に変化変化をもたらす大きな原因になります。

つわりとは、普段の食生活が麻痺してしまい、普段食べられるものや大好きなものが口に合わなくなったり、逆に嫌いなものや普段食べないものが急にほしくなるなどの症状です。

つわりでも体型変化は現れますが、つわりが一度落ち着き安定期に入って食欲が戻ることでも、体型は大きく変化します。
つわりによって狂っていた食生活が元に戻り、好きなものをより一層新鮮に味わうことができ、とてもおいしく食べられるのです。

すると当然、体は太っていきます。
妊娠初期に買ったような下着は、ほとんど入らなくなっているはずです。

マタニティ用のブライダルインナーはいつ購入するのがベストか

妊娠5か月を過ぎたあたりに、式が控えているのであれば、体型はほぼ間違いなく大きく変わりますので、そのことを覚えておいて、使うドレス、ブライダルインナーを選んでいきましょう。

ですので、妊婦さんがブライダルインナーを選ぶなら、式の1か月から2週間前ぐらいにオーダーするのが一番ベストなタイミングとなります。
個人差はありますが、2週間ほどの間でしたら、大きく体型が変わることはあまりありません。

もし、式の日程が妊娠の5か月以降になり、インナーの購入も5か月以降の時期になるなら、ブラキャミソールとサポーターの2点がおすすめです。

ピュアネットは2014年から本格的に、マタニティ用ブライダルインナー「Karen」の取り扱いをスタートしました。
マタニティ用インナーの老舗、ローズマダムとブライダルインナー専門店であるピュアネットがコラボした作品となっており、マタニティ用インナーの開発を続けてきたローズマダムの技術がふんだんに盛り込まれた、非常に便利なブライダルインナーが生まれました。

一番の特徴がブライダルインナーでありながら、式が終わったあとも臨月まで使い続けることができるという点で、ドレスのように式専用だったものが普段使いできるため、とってもお得に使うことができます。

サイズもたくさん用意されている上に、キャミソール後ろのフックは縦4列になっており、背中の開きは他社製品の中でもトップクラスになっています。
ですので、選べるドレスの幅もとても広がります。

Karenはブラのカップの裏側も、過敏になった乳首にやさしい生地になっているなどの工夫が随所にちりばめられており、妊婦さんのことを最大まで考え抜いた設計、製品に仕上がっています。

 

写真はマタニティの方でも使えるGカップブライダルインナーです。

無理して一体型のインナーを使うことは、妊婦さんのストレスになるだけではなく、おなかの赤ちゃんにもストレスになり、非常に危険な状態ににあります。

妊婦さんの中には、着たいドレスを着ることを優先するべく、おなかを締め付けてもセパレートにしたい、と言ってくる方も見かけます。
授かり婚で式を挙げるなら、主役は二人ではなく、これから生まれてくるおなかの赤ちゃんも含めて、3人が主役になります。

主役の3人、そして式に来ていただいた親、友達などと一緒に、結婚したことと子どもができたことの喜びを味わいましょう。